離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書・請求書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

〔全国対応〕メール・電話だけでも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

受付時間

9時から20時(土日9時から16時)

ご依頼に「迅速」対応します。

養育費などの支払いの安全性を高める

連帯保証人をつける

離婚する際は養育費など金銭支払いについて定められますが、支払い義務者側に十分な資力が備わっていないときでも、支払い契約は結ばれることになります。

そのようなとき、支払い契約に連帯保証人を付ける方法により、支払いの安全性を高める対策の取られることがあります。契約するためには、連帯保証人を引き受ける本人から契約の内容について承諾を得なければなりません。

資力不足を連帯保証人でカバーする

夫婦の間に子どもがあるときに離婚することになれば、若い夫婦であっても、養育費の支払いを夫婦で話し合って取り決めなければなりません。

若い夫婦では、通常は双方とも収入が多くないことから、子どもを監護する側には養育費は重要な生活収入の一部となり、養育費を支払う側にとっては重い負担となります。

そのため、養育費の支払い額の多寡に関わらず、養育費の支払い条件を夫婦で話し合っても容易に合意まで至らないこともあります。

こうしたとき、養育費の支払い条件を決めることができず、そのことで離婚することができなければ当事者の双方とも困ることになります。

そこで、養育費を受け取る側が受け入れやすい条件とするために、養育費の支払い契約に連帯保証人を付けることがあります。

連帯保証人は、養育費の支払い義務を負う立場になる非監護親と同じく、支払い契約に定める養育費を支払う義務を法律上で負うことになります。

子どもが幼いときには、養育費の支払い期間は長く、その金額は大きなものとなり、連帯保証人の責任は重大なものになります。

こうした連帯保証人の重い責任を無償(タダ)で引き受けることを承諾してもらえるのは、普通は両親又は兄弟姉妹しかありません。

非監護親が若いときには、その両親も働いて収入もあるため、連帯保証人になることを引き受けることもあります。

もちろん、非監護親の両親であっても、本来は離婚契約に関係ありませんので、連帯保証人を引き受ける義務はまったくありません。

養育費などの離婚給付に連帯保証人を付けるかどうかは、夫婦の間における話し合い、連帯保証人の引き受けを頼まれた側の意思によって決まることになります。

離婚で定める条件

連帯保証人

債務者の資力が十分でないときは、連帯保証人を付けて支払い契約を結ぶこともあります。

連帯保証人は契約の当事者になります

養育費などの金銭支払い契約の連帯保証人になることは、夫婦の間で結ぶ養育費などの支払い契約に当事者として参加することになります。

したがって、養育費などの支払いを定める離婚契約を結ぶときは、連帯保証人も契約者になります。これは、離婚 公正証書を作成するときにも同様です。

そのため、離婚契約を結ぶときは、事前に連帯保証人の引き受け手に対して契約条件を説明して了解を得ておかなければなりません。

もし、連帯保証人から契約条件に了解を得られなければ、支払い契約に連帯保証人をつけることができなくなります。

連帯保証人も養育費などの支払い契約の責任を負うことになるため、契約条件を定めるときに意見を言ってくることも考えられます。

なお、公正証書で契約するときに連帯保証人が公証役場へ行くことのできないときは、委任状を利用することで対応できます。

連帯保証の期間

離婚契約において連帯保証する契約を結んだ連帯保証人の契約上の責任は、連帯保証人本人が亡くなっても相続人に引き継がれます。

しかし、養育費の負担額は全期間になると高額となりますので、相続人に対して連帯保証人の債務を引き継がせたくないと考えるものです。

無償で連帯保証人を引き受けることは、親子又は兄弟等の結びつきによるものであり、この地位を相続人に引き継がせることはしたくないものです。

実際に、相続人であることで連帯保証人の債務を引き継ぐことは酷であると言えます。

相続人に債務を受けさせることを回避したい場合は、連帯保証人が生きている期間だけ連帯保証を引き受ける条件で契約することで対応できます。

このような連帯保証の条件は、すべての契約条件を固めるまでに契約当事者の間で話し合って確認しておくことになります。

養育費だけでなく、それ以外の離婚給付も対象に

離婚の契約に連帯保証人をつけるときは、離婚契約に定める金銭の支払い契約すべてを対象とすることが普通です。

離婚契約では、養育費だけでなく、財産分与や慰謝料の支払いを伴うことがあります。

そうした複数の支払項目のある離婚契約となれば、連帯保証人はそれらすべての支払いについて連帯保証することが見られます。

こうした離婚契約を連帯保証によって結んで、万一債務者が債務を支払えない事態に陥れば、連帯保証人が債務の支払いをしなければなりません。

このように、離婚契約で連帯保証人になることは重い責任を負うことになりますので、連帯保証人を引き受ける了解を得るには、事前に丁寧な説明を行なうことが必要です。

連帯保証人の資力も重要

本来の債務者が支払えない事態に備えて連帯保証人をつけますので、連帯保証人に支払い資力がなければ、連帯保証しても何の実効性も伴いません。

連帯保証人に十分な資力が備わっていることで、債務者の資力の弱い点をカバーして、契約した離婚給付が支払われる安全性が高められます。

離婚契約で定める金銭給付額は大きいことも多く、一般に支払い期間も長くなるため、支払い期間中に保証できる資力のある者を連帯保証人に選ぶことが必要になります。

そうはいっても、連帯保証人を無償で引き受ける者は、親族の一部だけに限られます。

また、連帯保証人を依頼したい者に十分な資力があっても、そのことで連帯保証人を引き受けることに結びつかない面もあります。

十分な資力のある連帯保証人を付けることは、それほど容易なことではありません。

債務者からの依頼

連帯保証人を引き受けることは、債務を支払う重い責任を負うだけであり、その代わりに何かの利益を受けられるわけではありません。

そのため、引き受け人となるのは、債務者の両親又は兄弟姉妹くらいしかありません。

そうしたことは、債権者側も十分に分かっていますので、債権者側から直接に連帯保証人の引き受けを両親などに依頼することも見られます。

しかし、本来であれば、債務者となる本人から依頼すべきことであり、離婚契約で負うことになる債務の詳細と連帯保証人となるリスクについて説明することになります。

連帯保証人を引き受けることは、債権者のためではなく債務者のためになりますので、債務者からの丁寧な説明と依頼の行なわれることが必要になります。

ただし、そうした説明をしても、連帯保証人を引き受けることを断られることは、現実に多くあります。

たとえ、債務者の親族であっても、重い債務を負いたくないことがあります。

また、債務者本人が連帯保証人を付けることに納得しないこともあり、そうしたときは連帯保証人を付けることを条件に離婚契約することはできなくなります。

慰謝料請求・示談書サポートのお問合せ

不倫問題の解決に向けて配偶者の不倫相手との示談書を作成したいとお考えになられている方に、ご不安な点についてご相談しながら、専門行政書士が丁寧に示談書を作成させていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『ご相談を踏まえながら、丁寧に示談書を作成します。』

サポートについてのご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

示談書に定める条件などのご相談は、サポートにおいて対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日:9時~16時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~20時、土日9時~16時

公正証書・示談書などの作成を専門とする行政書士事務所です。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(電話受付は20時迄)
土日9時~16時

メールのお問合せは24時間受付中。

休業日

国民の祝日、年末年始

お急ぎのご依頼には至急対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(船橋シャポー側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所まで遠い」という方にも、メール・お電話で離婚公正証書・示談書の作成を丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>