離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書・請求書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

〔全国対応〕メール・電話だけでも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

受付時間

9時から20時(土日9時から16時)

ご依頼に「迅速」対応します。

面会交流の考え方

離婚に伴って父母は別々に生活することになりますので、その子どもは、親権者となる親側と一緒に生活することになります。

子どもは、離婚後も非親権者との親子関係は続きますので、その親子は離婚後も会うことが認められ、離婚時に面会交流」として父母の間でルールを定めます。父母の間で決まらないときは、家庭裁判所を利用して決めることができます。

面会交流とは?

日本の法律制度では、父母が婚姻していると、その子どもは父母の共同親権のもとで監護養育されますが、父母が離婚すると、一方の親による単独親権へ変ります。

一般に、親権者が監護者となって子どもを監護養育しますので、非親権者となった親は子どもと別居することになります。

ただし、親子の関係は父母の離婚を理由としては変更されませんので、非親権者の親は離婚後にも子どもと会うことが原則として認められます。

こうして離婚後に非親権親(=非監護親)が子どもと会うことを「面会交流(めんかいこうりゅう)」といい、離婚の際に父母間で大まかなルールを定めることになります。

面会交流とは?

面会交流の目的

父母の離婚によっても、父子又は母子の親子関係は直ちに変わりません。

子どもが乳幼児の年齢でない限り、婚姻期間に築かれた親子関係は、事実上でも容易に解消することはできません。

子どもにとっては、父母が離婚した後も父母の双方から関与を受け続けられることは、精神面における成長に役立ち、社会性を身に着けることにも役立つと考えられます。

このように、面会交流は、子どもの福祉に役立つという考え方から実施されます。

一方で、非親権者となった親にも、子どもと会うことは認められると考えられており、子どもと面会交流をする抽象的な権利があるとされます。

ただし、子どもの福祉を尊重するためにも、親権者との協議をしたうえで面会交流することが必要になります。

これらのことから、子どもの福祉を目的として、父母間の合意に基づいて面会交流が実施されることになります。

なお、面会交流は、子どもの福祉を目的として実施されます。子ども本人が面会交流を拒んでいるときは、面会交流を実施することが困難となります。

ただし、この場合も、子どもが幼いときは、子どもの意思だけを理由として面会交流を実施しないことが認められない可能性もありますので注意します。

また、面会交流を求める親が子どもを虐待した経緯があったり、非親権者から親権者へ暴力を振るう恐れのある特別な事情が存在するときは、面会交流の実施に制限を受けることになります。

どのように定めるの?

離婚する時には面会交流のルールを定めておくことになっていますが、その段階では、一般に面会交流を行なう頻度(月に一回程度など)を定める程度になります。

離婚する前であると、面会についてのイメージが現実と異なることになり、実際に面会交流を実施していく中で、父母の間で話し合って良い実施方法を調整して見つけ出していくことが現実的な対応になります。

ただし、父母で話し合うことが容易でない状況になっていることもあり、そうしたときは、ある程度まで具体的に面会の実施方法を事前に定めておくこともあります。

例えば、面会交流を実施する毎月の曜日、時間帯のほか、子どもを父母の間で受け渡す場所、その方法までを決めておくこともあります。

離婚時に父母の関係が大きく悪化していなければ、宿泊付の面会交流、子どもの学校行事などに参加することも実施できる可能性があります。

なお、面会交流するときは、互いに、離婚後における相手のプライバシーに関することを子どもから聞き出すような行動は避けるように心掛けます。

面会交流の約束が果たされないとき

父母の間で面会交流を取り決めたら、それを履行する権利と義務が父母間に生じます。

それでも、約束通りに面会交流が実施されないことも起こります。

そうしたとき、父母の間で話し合って解決できなければ、面会交流をする権利を持つ側は、家庭裁判所に面会交流の申し立てを行なうことができます。

家庭裁判所では、子どもの福祉を踏まえたうえで、面会交流について父母間の調整を図り調停を成立させるか、審判によって判断を示すことになります。

家庭裁判所で定めても面会交流を実施しないことで高額な慰謝料の支払いが命じられた裁判例もありますので、義務者側は面会交流を誠実に履行しなければなりません。

父母間で揉めたときは慎重に対応します

父母の子どもへ対する愛情には違いがありますので、父母間で面会交流に意見の相違が生じたとき、どちらの考え方が正しいかは、容易に判断できないことです。

面会交流に関する考え方には様々なものがあり、父母、法律専門家、裁判官によっても皆が同じ考え方にはなりません。

また、子どもが関与することから、面会の判断には複雑性を帯びることもあります。

父母間で面会交流について揉めたときに、「誰々はこう言っていた」「インターネットではこう書いてあった」という情報だけから判断することには注意を要します。

誰でも、自分にとって有利な材料、情報だけしか目に入らない傾向があります。

子どもの置かれた状況などはすべてのケースに共通することはなく、そうした状況を踏まえたとしても、親又は裁判官によって判断は異なります。

自分で収集された情報、それに基づく判断が必ずしも正しいとは言い切れません。

こうしたことから、面会交流については慎重に対応することが求められます。

離婚公正証書サポートのお問合せ

あなたの大切な離婚公正証書の作成について、養育費などの各条件の定め方、ご不明なことのご質問などにお答えしながら、専門行政書士が完成まで丁寧にサポートさせていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『お一人だけでは負担が重いときには、サポートのご利用が助けになると思います。』

各サポートについてご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

離婚条件、金額等の具体的な定め方のご相談は、各サポートで対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日:9時~16時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~20時、土日9時~16時

公正証書・示談書などの作成を専門とする行政書士事務所です。

ペイパル|VISA,Mastercard,JCB,American Express,UnionPay,銀行

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~20時
土日9時~16時

メールのお問合せは24時間受付中。

休業日

国民の祝日、年末年始

お急ぎのご依頼には至急対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(船橋シャポー側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所まで遠い」という方にも、メール・お電話で離婚公正証書・示談書の作成を丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>