離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書・請求書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

〔全国対応〕メール・電話だけでも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

受付時間

9時から20時(土日9時から16時)

ご依頼に「迅速」対応します。

婚約破棄慰謝料

不当な婚約破棄への対応

婚約破棄慰謝料の請求

婚約破棄を受けた方を対象として、不当な婚約破棄にかかる慰謝料等の請求、それらを支払う際の示談書作成をサポートする専門行政書士事務所です。

婚約破棄における慰謝料等請求では「婚約の成立」「正当事由の有無」がポイントになりますが、男女の間で意見の違いが表面化することも多く起こります。

婚約破棄による慰謝料等の請求について

だれに相談したらよいかにも悩んでしまう婚約破棄の問題は、たいへんにデリケートな性格をもつ問題であり、ご本人の悩みにも深いものがあります。

婚約相手から不当な婚約破棄を受けたときは、金銭の支払いによる賠償問題となり、最終的に慰謝料などが支払われることで解決します。

ただし、ご本人の気持ちと金銭支払いを結びつけるには、法律面の理解だけではなく、気持ちの面における整理も必要になります。

お一人での対応が難しいとき、婚約破棄の問題について、慰謝料等の請求書または示談書の作成から専門行政書士のサポートもご利用になれます。

不当な婚約破棄には慰謝料請求できます。

例えば、このようなことがあれば、何らかの対応をとることも考えられます。
  • 一方的に婚約破棄の通知を受け、婚約者からは理由の説明もない。
  • 婚約者が他の異性と付き合っていることが判明したので、婚約破棄したい。
  • 婚約破棄して慰謝料を支払うと言われたが、どう対応すれば良いか分からない。
  • 婚約相手と顔を合わせずに、婚約破棄されたことについて慰謝料請求したい

婚約している男女間で婚約が解消された時、婚約破棄した側に正当な理由がなければ、婚約破棄された側は、相手に対し慰謝料等の損害賠償を請求できます。

また、婚約相手側に婚約解消となる原因のあるときも、損害賠償を請求できます。

なお、婚約破棄を理由に慰謝料等を請求しても、男女間に事実の認識に相違があることも多く見られ、そうしたときには容易に解決しないこともあります

「婚約破棄に正当事由がない」または「相手に婚約解消の原因がある」とき

慰謝料等を請求できる可能性があります

結婚に向けて準備をすすめてきた途中で、相手から婚約を破棄され、又は、相手の異性問題で婚約が解消されることになったときは、精神的に大きなダメージを被ります。

また、結婚に備えて勤務先を退職していたり、同居するために住宅の賃貸借契約を結んでいると、そうした財産面でも損害が生じることがあります。

以上のように精神面または財産面で損害が生じていると、婚約破棄に責任のある側が、それを負わなければならないこともあります。

婚約破棄を理由とした慰謝料などの損害賠償

婚約破棄による慰謝料請求

正当な理由なく婚約破棄を受けると、婚約者に対し慰謝料等を請求できることがあります。

どうして、こうして婚約を破棄される目に遭ったのだろう?

これまで自分に何か大きな落ち度があったかを考えてみたが、思い当たることはない。

結婚に向かって進んでいた人生の階段を突然に見失うことになり、とても不安である。

このままだと、いつまでも不安な気持ちが続いていくので、相手(婚約者)とは、婚約解消について、しっかり区切りをつけておきたい。

そうすることで、新たな道を見付けてすすまなくてはいけない。

新居の契約、結婚式の予約などにお金を使っているが、婚約破棄になった責任はすべて相手側にあると思うので相手に対し、その支払いを求めたい。

また、今の自分のつらい思いに対し、相手に慰謝料を請求したい。

婚約破棄を一方的に告げられて・・

婚約した男女が結婚(入籍)するまでにかかる期間は、数カ月程度のケースもあれば、数年になるケースもあり、男女によって様々です。

ただし、婚約から結婚までの期間が長くなれば、その間には紆余曲折の生じる可能性も高くなると言えます。

男女の関係は、理屈だけでは解けない性格のものであり、本人の気持ちのほか、周囲の環境などにも影響を受けて、変わっていくこともあります。

そのため、婚約期間中、男女の一方から他方に対し「やはり、結婚するのを止めた」という話が持ち上がることもあります。

その理由が納得できるものであれば、仕方ないと諦めることもできますが、説明もなく一方的に婚約破棄を告げられることもあります。

こうした形で婚約破棄を告げられると、それまで自分なりに描いてきた将来の生活像が突如消えてしまい、そのことに精神面で大きなショックを受けることになります。

突然に婚約破棄の通告を受けることによる精神面のダメージ

結婚は人生における大事な節目となるイベントであるため、婚約してから結婚を迎える期間は、来たる結婚生活への期待が膨らむ、たいへんに幸せな時期であると言えます。

その幸福な時期が、婚約者からの突然の婚約破棄の通告によって打ち壊されたときに受ける精神的なダメージは、言葉で言い表すことのできないものです。

婚約が解消になることを予期できることもありますが、多くの婚約破棄は、婚約者から突然に告げられるものです。

婚約破棄で受けた心のダメージは、決して金銭で癒され解決できるものではありませんが、法律上では金銭賠償(慰謝料)により婚約破棄の解決を図ることになります。

婚約破棄された理由が分からない

婚約者から婚約破棄を言われても、その理由が分からないことがあります。

婚約者に「やっぱり結婚したくなくなった」とだけ言われても、誰でも困惑します。

婚約破棄に思い当たる理由があれば気持ちの整理もできますが、何の理由も分からずに一方的に婚約破棄を通告されると、その理由を探すことにも苦しみます。

ご相談者からのお話をお伺いして思うことは、婚約破棄をする側は、婚約者に対しては少なくとも婚約破棄に至ったことの理由を説明する姿勢が求められるということです。

すべての説明が理解されなくとも、婚約破棄という重大さからすれば、相手側に対して誠意をもって婚約破棄について説明する義務があるものと考えます。

「婚約破棄」の法律上の意味

将来に結婚することを誓って婚約した男女でも、最終的に結婚することにならず、その婚約関係が解消(破棄)されることもあります。

婚約が成立した男女の間には、結婚することに向けて互いに努力する義務が法律上で課せられることになり、特別な関係が生じています。

それでも、男女の間に合意ができれば、いつでも婚約を解消することも可能です。

もし、双方の合意によって婚約を解消することになれば、婚約の成立後に金銭の受け渡しが行われていたときは、その精算(結納金の返還など)が必要になります。

また、男女の一方から婚約相手に対して婚約の取り消しを通告することもあり、これを婚約破棄といいます。

そうしたとき、婚約破棄を通告された側が婚約破棄に応じたくなく、婚約の履行を婚約相手に求める裁判をしても、相手に結婚を強制することは認められません

もし、婚約破棄されたときは、その事実を受け入れざるを得ないことになります。

婚約相手から正当な理由なく婚約破棄を通告されたとき、又は、婚約相手に婚約破棄となる原因があったときは、結婚の準備にかかった費用などの財産的損害、そのほか婚約破棄を原因に受けた精神的苦痛に対する慰謝料を、婚約相手に請求できます。

このようなことから、一方的な婚約破棄が行われると、婚約破棄に伴う慰謝料ほかの損害賠償について婚約者の間で問題になります。

「婚約の成立していたこと」がポイントの一つになります

婚約の成立要件

男女が将来に婚姻することを互いに誠意をもって約束することで婚約は成立します

婚約が成立することにより、その男女は、将来の婚姻の実現に向けて、ともに誠実に取り組んでいくことが法律上の義務としても求められます。

そのため、男女の婚約関係は、法律上でも保護を受ける対象となり、一方が勝手に婚約を破棄することは、法律上で損害賠償責任の問題が生じることになります。

ただし、婚約という形は、戸籍に記載されず、契約書を交わすこともありません。

そこで、婚約破棄の問題が起きたことで慰謝料などを請求したいときに、「自分たちは婚約していたことに間違いないか?」ということを心配される方もあります。

男女の双方に婚約した意思のあったことで本来は足りるのですが、男女間で婚約破棄について解決を図ることが出来なければ、裁判所に判断を求めることもあります。

そうしたとき、第三者である裁判官は、まずは婚約の事実を確認することになります。

婚約の事実を客観的に確認できれる材料が意味を持ち、たとえば、両親への婚約挨拶、両家の顔合わせ、職場関係者・知人などへの婚約者としての紹介、婚約指輪の受渡し、結納の儀式などを確認できると、婚約していた事実が確かとなります。

「婚約破棄に正当事由があったか」がもう一つのポイントになります

婚約相手に対して婚約を破棄する通告をしても、正当な理由がある婚約破棄であれば、婚約破棄した側に婚約破棄に伴う慰謝料など損害賠償金の支払い義務は生じません。

もし、正当な理由もなく一方的に婚約を破棄したとなれば、法律上は婚約の不履行をしたことにより、婚約破棄について慰謝料等の支払い義務を負うことになります

そのため、婚約破棄の問題では、婚約破棄した理由が正当であるか否かが、ポイントとなります。

正当であり、やむを得ないと認められる理由を「正当事由」と言います。

婚約破棄の正当事由としては、ほかの異性と性交渉がある、婚約相手に対する侮辱的な言動、社会的な常識を失する行動、性的能力の欠如などが、一般的に挙げられます。

両親の反対による婚約破棄は、現実に少なからず起きていますが、このような理由は、婚約破棄の正当事由に該当しません。

婚約破棄の慰謝料

婚約破棄の慰謝料額は、それぞれのケースによって異なります。

慰謝料を算定する要素として、婚約からの期間、婚約破棄の原因、性的関係の有無などがあり、それぞれの状況を踏まえて婚約破棄の慰謝料額を決めることになります。

また、婚約破棄の慰謝料を支払う側の資力も、現実には慰謝料額に影響します。

婚約破棄の慰謝料は、数十万~200万円の範囲が中心となり、さらに高額となるケースもありますが、多くは100万円以内であると言われます。

そのため、婚約破棄に至る特別な事情から慰謝料が高額になる例外的な事例を除くと、婚約破棄の慰謝料を裁判で請求するには躊躇してしまうこともあります。

それでも、慰謝料の授受により婚約破棄の問題について自分なりに区切りを付けたい、とお考えになられる方が多くいらっしゃいます。

そうした方々は、まずは本人同士で婚約破棄の問題を解決しようと試みることになり、話し合いから始めることになります。

婚約破棄慰謝料を請求する方法

婚約破棄の慰謝料を請求するには、「訴訟(家庭裁判所における調停もあります)による方法」と「示談交渉による方法」に大きく分けられます。

訴訟による慰謝料請求の方法を選ぶと、結婚を約束した相手と法廷で婚約破棄について争うことになり、又、訴訟を委任する弁護士へ支払う費用負担も生じます。

示談交渉による慰謝料請求の方法では、最終的に示談が成立しないこともありますが、本人による交渉で婚約破棄に伴う慰謝料等に示談を成立させることもできます。

本人で示談交渉することが辛い方は、弁護士に代理交渉を委任したり、内容証明郵便の通知書で婚約破棄の慰謝料等を請求することになります。

内容証明は、日本郵便が取り扱うサービスであり、送付した文書の内容を、日本郵便が証明してくれます。受取人へどのような書面を送付したかを、記録に残せます。

さらに、内容証明の送付時に配達証明を付けることにより、いつ受取人側が内容証明を受領したかについても証明できます

このような内容証明は、慰謝料請求において広く利用されています。

内容証明を利用した婚約破棄慰謝料の請求書は、ご本人にも作成できます。

ただ、婚約破棄慰謝料を請求する相手に対して本気で慰謝料請求する意思を明確に伝えるため、法律の専門家が作成した内容証明が慰謝料請求で利用されています。

このような内容証明を利用して婚約破棄の慰謝料を請求することで、慰謝料請求の相手側に、婚約破棄慰謝料の請求に関して明確な意思表示ができます。

婚約破棄慰謝料の受渡しにおける示談書

婚約破棄の慰謝料等の条件協議が調って、婚約破棄の解決を確認する慰謝料が支払われるとき、婚約破棄に関する示談書取り交わされます。

合意事項(婚約破棄慰謝料の支払条件など)について示談書という法律的な書面で確認しておくことにより、その後において婚約破棄で慰謝料等のトラブルが再発することを防止できます。

婚約破棄の慰謝料を支払う側は、慰謝料を支払っても婚約破棄の問題が完全に解決していなければ困ります。そのため、慰謝料の支払いによって婚約破棄の問題が完全に解決したことを示談書で確認するのです。

書面を作成せずとも婚約破棄について示談は成立しますが、将来のトラブル防止への安全を高めるため、示談書が利用されます。

内容証明による婚約破棄慰謝料の請求

貴方のお役に立てるかもしれません

婚約破棄慰謝料の解決時における示談書を作成

お悩みのとき、信頼できる専門家による安心サポートで手続きを進めてみませんか?

婚約破棄の慰謝料請求とその解決時における示談書の作成についてサポートします。

船橋の事務所までご来所になれなくとも、お電話、メールにより、婚約破棄の慰謝料請求などを行なうことができます。

メールだけによる婚約破棄サポートをご利用になられる方も、多くいらっしゃいます。

【婚約破棄サポートの対象になられる方】
  • このままでは気持ちに区切りがつかないので、婚約破棄の慰謝料を請求したい。
  • 自分では何をしたらよいのか、分からなくて困っている。
  • 裁判は避けて話し合いで、早期に婚約破棄の慰謝料について解決したい。
  • 婚約破棄の慰謝料を含め、現実的な方法で婚約破棄の解決を目指している。
  • 確かな示談書を作成して、キッチリと婚約破棄の慰謝料について整理したい。
「どこに相談したらいいか分からない」

婚約破棄の相談

突然の婚約破棄に直面されても、どこに相談してよいのか分からずに悩む方も少なくありません。

もし、婚約相手との話し合いがこじれてくると、最終的な裁判での対応までも踏まえ、弁護士に婚約破棄の対応を相談されることになります。

ただし、できれば婚約者との話し合いで穏便に婚約破棄に関して解決したいと考えられる方には、はじめから弁護士に婚約破棄の慰謝料請求など示談交渉を依頼することに躊躇されるお気持ちもあると思います。

そのようなとき、身近にあり、廉価なご利用料金でサポートを受けられる専門行政書士へ婚約破棄を相談されながら対応をすすめることも選択肢の一つになります。

【主な婚約破棄サポート(慰謝料請求、示談書)】
  • 内容証明による婚約破棄の慰謝料請求
  • 婚約破棄に関する示談書・合意書等の作成
  • ご相談(婚約破棄、慰謝料請求に関すること)
  • 婚約破棄慰謝料の請求サポートについて

損害賠償としての慰謝料請求では、内容証明が利用されています。ご本人様のお名前に加えて法律専門職の記名押印が内容証明にあると、受取人側に対して、婚約破棄慰謝料請求に関する本気度を伝える効果があります。加えて、法律専門職が慰謝料請求の内容証明を作成することで、婚約破棄慰謝料の請求における注意点を押えた通知書を作成できます。

  • 婚約破棄に関する示談書の作成サポート

婚約破棄の解決へ向けた最終合意で双方が交換する示談書を作成します。相手側への提示前段階から、ご依頼者様のご希望を踏まえて婚約破棄を解決する示談書案を作成します。そして、婚約破棄慰謝料も含めた婚約破棄の解決条件について、記載漏れのない確かな示談書へと仕上げていきます。

申し込み手続きは?

「気持ちが楽になります」

婚約相手に対する婚約破棄の慰謝料請求書を作成することは、これまで長く付き合っていた婚約者が相手であるだけに、対応が難しいものです。示談書も同様です。

このようなとき、法律専門家に対して婚約破棄にかかる慰謝料請求書、示談書の作成を依頼することで、だいぶ気持ちが楽になると聞きます。

ただでさえ婚約破棄により精神的に落ち込んでいる状況のなかで、婚約破棄に関する法律面までも調査して慰謝料請求書面を作成することは、大きな負担感となります。

また、婚約破棄慰謝料の請求が法律に基づく正当な権利であることも、法律専門家が婚約破棄の慰謝料請求書面の作成に携わることで、婚約相手に伝わることになります。

ご利用者様の声

婚約破棄について、内容証明による慰謝料請求、解決時における合意書の作成など、当所をご利用いただきましたご依頼者様の感想です。

内容証明サポート

悩んでいました

婚約破棄の相談者

だれにも相談できなくて悩んでましたが、先生に相談してやるべき事が分かり、慰謝料も受け取れ、合意書で無事に解決できました。ありがとうございました。

(女性、千葉県)

示談書サポート

謝罪されて納得

婚約破棄の内容証明

相手に謝らせたことだけでも満足しています。親切になって教えていただいてありがとうございました。また何かあったら、お願いします。

(女性、千葉県)

内容証明サポート

自信なかった

慰謝料支払の示談書

はじめは自信がなかったのですが、慰謝料が受取れて感謝してます。内容証明も何も分からなかったのに、先生のおかげです。ありがとうございました。

(女性、埼玉県)

ご依頼者様のご様子から

婚約破棄を受けられて落ち込んでいる気持ちを整理しながら、一方で婚約破棄の解決に向けた手続を同時にすすめていくことは、大きな負担になります。

どなたも日中は仕事を持たれていますので、時間的に追われて忙しいなか、なかなか、婚約破棄の解決に向けた手続きに時間を割くことが容易ではありません。

そして、ほんの少し前までは婚約者であった相手と、婚約破棄にかかる慰謝料の支払いに関して調整をすすめることは、本当に辛いことのように見えます。

それゆえに、慰謝料金額も含めて婚約破棄に関して最終的に示談が成立したときには、本当にほっとされた気持ちが、こちらにも伝わってきます。

そして、婚約破棄の問題が解決したとき、「困っていたときにいつでも相談できたのでとても助かりました。」ということをご依頼者様からよく言っていただけます。

やはり、婚約破棄の問題は、精神的な負担が相当に大きなものであると感じています。

婚約破棄の対応にお悩みの方へ

婚約破棄の専門行政書士

「サポートを利用して
対応をおすすめいただくこともできます。」

協議離婚など家庭問題の専門行政書士として、これまで多くの案件に対応していますが、婚約破棄の問題でお困りの方も少なくありません。

「婚約破棄による痛手から早く抜けだし、将来に向けて前へすすんでいくため、婚約破棄の問題をきちんと整理して区切りをつけておきたい。」

まだ苦しみの中にあっても、このように前向きに考えていくことで、自分自身の力で気持ちの立て直しを図ろうと努力されています。

そのような婚約破棄への対応でお困りのあなたへ、婚約破棄の問題について法律面から整理する手続きについてサポートさせていただきます。

自分の気持ちを整理するため、元婚約相手に婚約破棄の慰謝料を請求をされたいとき、話し合いで婚約破棄の問題に解決を図りたいとき、内容証明郵便を利用した慰謝料請求書、婚約破棄の示談書を作成いたします。

【日本行政書士会連合会所属特定行政書士、日本カウンセリング学会正会員】

「一歩を踏みだすことの大切さ」

婚約破棄で気持ちが沈んでいるとき、悩んではいても前に進めることへの不安もあり、どうしても解決へ向けた手続きを先送りしてしまいがちです。

それは、人間であれば誰にでも、辛いことに対面することは避けたいという自動的な心理作用が働くため、やむを得ないことでもあります。

しかし、婚約破棄の問題をそのままにしていても、気持ちの整理もつかず、経済面での損害も回復しません。行動しない限り、結果的に良い方向へ向かうことはありません。

実際に婚約破棄の解決に対応することにより物事は動いていき、いずれ何らかのかたちで、最終ゴールに到達します。そのサポートをするのが、専門家の役割になります。

何もしないで悩んでいるよりも、まだ行動しながら悩む方が、解決に向けて進んでいるという安心感から、あなたの心理的な負担は想像以上に軽減されます。

まずは、あなたご自身が第一歩を踏みだされることが、最初のスタートになります。

当事務所のサポートが選ばれる理由

婚約破棄に関する慰謝料問題のほか、協議離婚や内縁解消に関しての契約、不倫慰謝料の請求など、家事分野に専門特化した行政書士事務所が運営しています。

専門事務所である実績を生かし、婚約破棄(慰謝料請求)で悩まれている方へ、親身に丁寧なサポートをさせていただきます。

事務所の理念として、ご依頼者様の利益を最大限に守れるように努め、ご信頼いただける正直な経営をおこなっています。

専門性:婚約破棄・離婚専門の行政書士事務所

船橋つかだ行政書士事務所

婚約破棄・離婚専門として、協議離婚にかかる相談、離婚契約(離婚協議書・離婚公正証書)、不倫の慰謝料請求など、夫婦や男女間における様々な事例に携わってきています。

開設当初から家事分野に専門特化しているため、一般的な行政書士事務所が扱う会社設立、官公署向の許認可申請業務は取り扱っておりません。

そのぶん専門分野における多数の実績が蓄積されてくることで、ますます専門性を高めています。

婚約破棄、離婚・不倫の慰謝料請求、示談書の作成には、確かな専門知識が必要になります。

これまでの実績ノウハウを、あなたへ提供させていただきます。

あんしん:面談・電話・メールによる対応

婚約破棄の示談書、内容証明

ご依頼者の方に安心感をお持ちいただけるよう、面談、電話、メールにより、婚約破棄慰謝料請求についてサポートをご利用いただけます。

サポート期間中は、心配なことがあれば、何回でも電話又はメールでご相談いただけます。

面談によるお打合せには、お越しいただくのに便利な船橋駅から4分に事務所があります。

駅近ですので、夜間のご来所にも安全です。

迅速対応:平日夜、土日も営業

平日21時まで営業

お急ぎのときにも、迅速に対応できます。

土日も事務所を開けてますので、お仕事をお持ちの方にも、気持ちにゆとりを持てる時間、曜日にご利用いただくことができます。

婚約破棄への対応としての慰謝料請求、示談は、タイミングを逃さず進めていくことも大切です。

協議がすすめられる土日に対応上で空白ができると、解決への障害にもなりかねません。

「すぐに連絡がついたので安心でした」との声をご依頼者の方から多くいただいております。

営業時間のご案内

下記の受付時間内であれば、いつでもお電話をいただくことができます。

フォーム(メール)からの婚約破棄サポートのご利用方法についてのご照会は、24時間受付中です。

なお、婚約破棄の問題への対応方法にかかるご質問、慰謝料等請求の可否などについて無料相談は行なっておりませんので、ご注意ください。

受付時間
9-16時
16-20時

休業日:祝日、年末年始、遠方出張など

サポート料金表(婚約破棄の慰謝料請求等)

どなたにも分かりやすい明瞭な料金システムとすることで、ご信頼を得ております。

ご依頼者様に安心して婚約破棄に関するサポートをご利用いただくことができるよう、ご相談料から実費までのすべてをパッケージ化しています。

婚約破棄の慰謝料請求で、受領した慰謝料に関して成功報酬が不要なのも特長です。

婚約破棄ほか家事分野の専門事務所として、ご依頼者様ごとのご希望を踏まえながら、丁寧な対応で婚約破棄の慰謝料請求等に安心サポートを実現させていただきます。

安心いただける定額料金(婚約破棄慰謝料サポート)

内容証明による慰謝料請求

[相談・作成・職名印・送付一式]

3万4000円(税込)

示談書・合意書の作成

[相談・作成]

3万8000円(税込)

慰謝料請求の内容証明作成だけ、または婚約破棄の示談書の作成だけも、ご利用いただけます。

【内容証明による慰謝料請求】

  • 婚約者と婚約破棄の解決に向けた協議を開始する前に、婚約破棄の慰謝料請求を本気で行なう意思表示を、書面通知によって明確に相手側へ示すことになる内容証明を作成し、代理で送付するサポートになります。〔内容証明とは
  • 婚約破棄の状況確認からお話をお伺いして、トラブルとならぬよう慎重に慰謝料請求通知書の原案を作成し、ご依頼者様と最終文面を調整してまいります。
  • 婚約破棄慰謝料の請求書面(内容証明)には、書面作成者である行政書士名が記載され、内容証明の作成から発送手続きまでを行ないます。
  • ご利用料金には、内容証明の作成から発送費用まで全て含まれています。
  • 内容証明による慰謝料請求をしても相手側が支払いに応じないことがあります。このような場合、次のステップとして、弁護士による示談交渉を検討されることになります。

【示談書・合意書の作成】

  • 婚約破棄の慰謝料支払い合意が見えたとき、将来にトラブルが再燃しないよう、示談書・合意書の締結で、婚約破棄の完全解決を双方で確認します。
  • 相手側との合意に向けた内容を検討して、ご希望される内容での示談書づくりに対応いたします。(当方が相手側と交渉を行なうことはできません)
  • 婚約破棄の慰謝料支払いが分割金となる場合は、示談内容を公正証書契約にしておくと安心です。こちらのサポートもご用意しています。〔公正証書とは
慰謝料請求について、成功報酬のご負担が不要です

ご利用料金が不明瞭であって、最終的な料金が分からない表示も多く見られます。

当事務所の特長として、婚約破棄の慰謝料に対する成功報酬が不要になります。

多くで見られる内容証明を作成してみないと利用料金が分からない料金体系ではなく、お申し込み時から婚約破棄の慰謝料請求に関する業務完了まで、すべての料金が明確になっています。

ご利用料金のお支払いにクレジットカードがご利用いただけます

ご利用料金のお支払方法は、銀行振込みのほか、世界で利用されている「PayPal(ペイパル)」によるクレジットカート決済を、ご利用いただくことができます。

ご利用者様のスマホ・PCに、ペイパルから請求メールが送られ、決済いただきます。お手続きは簡単です。

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, 銀行
婚約破棄慰謝料の安心サポートは全国対応

お住まいの近くに婚約破棄について相談できる専門家がいない、土日に利用したい、平日は仕事のあとにしか連絡できない、迅速に対応をすすめたい、緊密に連絡が取れると気持ちが落ち着く、などのご事情があるとき、サポート対応させていただきます。

メールや電話によるご連絡によって、ご希望の手続き(婚約破棄慰謝料の請求書、示談書の各作成)をすすめさせていただきます。ご連絡方法は、ご希望に応じます。

ご来所によるお打合せにも対応|船橋駅から徒歩4分以内

婚約破棄慰謝料請求の専門事務所

船橋駅から徒歩4分

婚約破棄にかかる慰謝料などの対応について、各サポートを利用した方には、船橋事務所でも受け付けております。

あらかじめ、お電話又はメールにて日時をご予約ください。

JR、京成、東武線の船橋駅から徒歩4分にあるため、電車をご利用されると便利です。

お車でのご来所では、事務所で駐車場をご用意できていませんので、周辺にありますコインパーキングをご利用ください。

千葉県内からはもちろん、埼玉県、東京都内東エリヤからのご来所にも便利です。

裁判によらない慰謝料請求をしたいとき

婚約破棄にかかる内容証明による慰謝料請求書の作成、当事者間の婚約破棄に関する合意条件を示談書にまとめるサポートをしています。

婚約破棄のあったときに裁判外で慰謝料請求をされる場合、書面作成において身近な専門の行政書士が、あなたのお役に立てることがあります。

訴訟での高額な慰謝料請求を希望される方は、弁護士にご相談ください。

当事務所では示談交渉はできませんが、ご利用いただきやすい料金で、婚約破棄の慰謝料請求に関して、親身にサポートさせていただきます。

弊所サポートは、婚約破棄について、裁判によらない方法で穏便に、書面を利用して協議、解決していきたいとお考えの方にご利用いただけます。

婚約破棄のご事情、慰謝料ほか解決へのご希望をお伺いさせていただき、法律的な知識を踏まえ、婚約破棄のご相談に対応させていただきながら、ご希望の手続きをすすめて参ります。

あなたの婚約破棄問題(慰謝料請求など)について、ご相談と書面作成を通しまして、一緒に解決を目指して参ります。

婚約破棄のサポートご利用についてのご質問は、お電話・メールにてご照会ください。

当サイトについて

婚約破棄、内縁解消、離婚公正証書など、家事分野が専門の行政書士事務所が運営している情報サイトになります。

サイト内における婚約破棄、慰謝料等の説明記載には十分に注意しておりますが、分かりやすく簡単にご説明するため、記載内容を完全とすることを優先しておりません。

したがいまして、婚約破棄・慰謝料に関する個別対応においてご判断されるときには、当サイト情報だけによらず、婚約破棄の専門家にご相談されることをお勧めします。

もし、当サイトの情報からご判断されてご希望に沿わない結果とになりましても、当サイト運営者としては一切の責任を負いかねますこと、予めご承知おき願います。

婚約破棄サポートに関するお問合せ

直面されている婚約破棄の問題について、当所サポートをご利用されることで対応をすすめていきたいときは、お電話又はメールでご照会ください。

離婚公正証書の専門事務所

『お一人だけでは負担が重いときには、サポートのご利用が助けになると思います。』

〔ご注意事項〕

慰謝料等請求の可否についての判断、請求金額、対応のすすめ方に関するご質問だけのお電話は、ご遠慮いただけますようお願いします。

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日:9時~16時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~20時、土日9時~16時

公正証書・示談書などの作成を専門とする行政書士事務所です。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(電話受付は20時迄)
土日9時~16時

メールのお問合せは24時間受付中。

休業日

国民の祝日、年末年始

お急ぎのご依頼には至急対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(船橋シャポー側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所まで遠い」という方にも、メール・お電話で離婚公正証書・示談書の作成を丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>