婚約破棄・婚約解消の慰謝料請求の内容証明、示談書・合意書について、ご相談受付中。

婚約破棄にかかる慰謝料請求の内容証明、示談書・合意書

婚約破棄慰謝料@安心サポート

専門の行政書士が婚約破棄へ対応〔船橋つかだ行政書士事務所〕

船橋つかだ行政書士事務所(千葉県)

047-407-0991

営業時間

9時~22時(土日:9時~17時)

ご依頼には、迅速に対応します。

婚約破棄の慰謝料・示談書

婚約破棄慰謝料の請求

婚約破棄を受けて辛い思いをされている貴方へ、不当な婚約破棄への慰謝料請求、慰謝料支払の示談書作成をサポートする婚約破棄などを専門とする行政書士事務所です。

婚約破棄慰謝料の内容証明での請求から示談書の締結に向けた協議において、書面作成から、婚約破棄の解決へ向けて丁寧にサポートさせていただきます。

*婚約破棄など家事分野専門の行政書士事務所のため、安心してご利用になれます。

あなたの婚約破棄慰謝料請求を親身にサポート

だれに相談していいのかにも悩んでしまう婚約破棄の問題は、たいへんにデリケートな側面があることに加え、ご本人の悩みは相当に深いものがあります。

不当な婚約破棄を受けたときは、最終的に金銭賠償として慰謝料請求になるのですが、ご本人お気持ちと金銭とを結びつける過程には、法律の理解だけではなく、心の整理も必要になります。

そのようなとき、あなたの婚約破棄問題の解決に向け、慰謝料請求、示談書作成等を、専門行政書士が親身にサポートします。

不当な婚約破棄には慰謝料請求できます。

例えば、このようなことがあれば、ご相談ください。
  • 一方的に婚約破棄の通知を受け、婚約者からは何の理由説明もない。
  • 婚約者が他の異性と付き合っていることが判明したので、婚約破棄したい。
  • 婚約破棄して慰謝料を支払うと言われたが、どう進めて良いか分からない。
  • 婚約相手と顔を合わせずに、婚約破棄の慰謝料請求をすすめたい。

婚約中の男女間に婚約破棄があったとき、婚約破棄した側に正当な理由がなければ、婚約破棄された側は、婚約破棄した側に慰謝料の請求ができます。

婚約破棄の慰謝料を請求できるか否かは個別ケースごとに異なりますので、婚約破棄について慰謝料請求をお考えであれば、一度専門家へご相談ください。

婚約破棄に正当事由がないとき

あなたの心の傷へ、慰謝料の請求

書面通知による当事者間の協議で、婚約破棄にかかる慰謝料などの問題を整理します。最終的に、慰謝料等の合意事項を示談書に整理し、婚約破棄に区切りがつけられます。

婚約破棄の慰謝料請求サポート

婚約破棄で悩む女性

突然の婚約破棄に対する慰謝料請求、示談書の作成から、あなたの婚約破棄をサポートします。

婚約破棄を一方的に言われて・・

どうして、婚約破棄などという目に遭うことになったのだろう?
 

何か自分に、誤りがあった?
いや、何もない。

なのにどうして?

このままだと、いつまでも気持ちが落ち着かない。
しっかりと、相手と区切りをつけておきたい。

そうすることで、あたらしい道をすすまなくてはいけない。


でも、いま何をしたらよいのか、分からない。
みんなは、どうしているのだろう?

誰かに相談したいけれど、友人には相談できない。
両親も落ち込んでいるので、ちょっと頼りにならないかも。
でも、自分だけで考えてもよく分からないし、言い知れぬ不安がある。

 

そもそも、自分の場合、ほんとうに婚約破棄にあてはまるの?
相手だけに責任があると自分では思うけれど、慰謝料の請求はできるの?

 

結婚式の予約、新居費用などにお金を使ってしまっている。
友人にも結婚式への出席を依頼してしまった。

 

これから、どのようにして手続をすすめていったらいいの?

突然の婚約破棄通告

婚約破棄は予期して起きることもありますが、多くが突然に婚約破棄を告げられます。

結婚は人生における大事な節目となるイベントであるため、婚約の期間中は、来たる結婚生活への期待が膨らむ、たいへんに幸せな時期であると言えます。

その幸福な時期が、婚約者からの突然の婚約破棄の通告によって打ち壊されたときに受ける精神的なダメージは、言葉では言い表すことができないものです。

婚約破棄で受けた心のダメージは、決して金銭だけで癒され解決できるものではありませんが、法律上では金銭賠償(慰謝料)により婚約破棄の解決を図ることになります。

婚約破棄された理由が分からない

婚約者から婚約破棄を言われた時、その理由が分からないことがあります。

婚約破棄に思い当たる理由があれば気持ちの整理もできますが、何の理由も分からずに一方的に婚約破棄を通告されると、その理由を探すことに苦しむことになります。

ご相談者からのお話をお伺いして思うことは、婚約破棄をする側は、婚約者に対しては少なくとも婚約破棄に至ったことの理由を説明する姿勢が求められるということです。

すべての言い分が理解されなくとも、婚約破棄という重大さからすれば、相手側に対して誠意をもって婚約破棄について説明する義務があると考えます。

婚約破棄とは?

たとえ将来の結婚を誓って婚約した男女であっても、結婚するまで至らずに、その婚約関係が解消(破棄)されることがあります。

婚約は、婚約者間の合意で自由に解消ができます。双方の合意による婚約解消の場合、結納金の返還など手続きを進めていきます。

また、婚約相手に対して婚約を取り消す旨を一方から通告することもあり、これを婚約破棄といいます。

婚約破棄に応じたくなくても、婚約の履行として、婚約相手に結婚を強制することは裁判をしても叶いません。もし婚約破棄となれば、その事実は受け入れざるを得ません。

婚約相手から正当な理由なく婚約破棄を通告されたとき、または婚約相手側に婚約破棄となる原因があったときは、結婚準備費用などの財産的損害、婚約破棄で受けた精神的苦痛に対する慰謝料を、婚約相手に請求できます。

このようなことから、一方的な婚約破棄が起きると、婚約破棄に伴う慰謝料について、婚約者間で問題になることがあります。

婚約の成立

婚約の成立要件

男女が将来に婚姻することを互いに誠意をもって約束することで、婚約は成立します。

婚約が成立することにより、その男女は、将来の婚姻の実現に向けて、ともに誠実に取り組んでいくことが求められます。

婚約破棄の問題が起きたとき、慰謝料を請求するにあたり、「婚約していたことで間違いないか?」という心配をされる方もあります。

このとき、男女間に婚約した意思があったことで足りるのですが、両親、知人などへの婚約者としての紹介、婚約指輪の交換、結納の儀式、肉体関係の継続などがあれば、婚約していたことがさらに確かとなります。

婚約破棄に正当事由があったか?

婚約相手に対して婚約破棄を通告しても、婚約破棄することに正当な理由があれば、婚約破棄した側に婚約破棄慰謝料の支払い義務は生じません。

もし、正当な理由なく一方的に婚約破棄をしたとなれば、婚約の不履行として、婚約破棄について慰謝料支払義務を負うことになります。

そのため、婚約破棄の問題では、婚約破棄した理由が正当なものであるか否かが大きなポイントとなります。正当でやむを得ない理由を、法律で「正当事由」と言います。

婚約破棄の正当事由としては、婚約相手に対しての侮辱的な言動、社会常識を失するような行動、性的能力の欠如などが、一般的に挙げられます。

両親の反対による婚約破棄は現実には少なからず起きていますが、このような理由は、婚約破棄の正当事由に該当しません。

婚約破棄慰謝料

婚約破棄の慰謝料額は、個別のケースによって異なります。

慰謝料は、当事者間の協議で自由に決めることができます。慰謝料の算定要素として、婚約からの期間、婚約破棄の原因、性的関係の有無などがあり、それぞれの状況を踏まえて婚約破棄の慰謝料額を決めることになります。

また、婚約破棄の慰謝料を支払う側の資力なども、現実には慰謝料額に影響します。

婚約破棄の慰謝料は、数十万~200万円の範囲内で決まり、多くのケースでは100万円以内であると言われています。

婚約破棄に至る特別な事情から慰謝料が高額になる例外的な事例を除くと、婚約破棄の慰謝料を裁判により請求することには躊躇してしまうケースもあります。

それでも、慰謝料の授受により婚約破棄に区切りを付けたい、とお考えになられる方が多くいらっしゃいます。

慰謝料は、気持ちのうえでも、婚約破棄の解決において重要な要素であると言えます。

婚約破棄慰謝料の請求方法

婚約破棄の慰謝料請求には、訴訟(家庭裁判所における調停もあります)による方法と、示談交渉による方法とに大きく分けられます。

訴訟による慰謝料請求の方法を選ぶと、一度は結婚を約束した相手と法廷で婚約破棄について争うことになり、訴訟事務にかかる弁護士費用の負担も生じます。

示談交渉による慰謝料請求の方法では、最終的に示談が成立しないこともありますが、あなたご自身の交渉で婚約破棄慰謝料の示談を成立させることもできます。

ご自身での示談交渉が辛いという方は、弁護士に示談の代理交渉を委任したり、内容証明の通知書により婚約破棄の慰謝料を請求する方法を選ばれることになります。

内容証明は、日本郵便が取り扱うサービスであり、送付した文書の内容を、日本郵便が証明してくれます。受取人へどのような書面を送付したかを、記録に残せます。

さらに、内容証明の送付時に配達証明を付けることにより、いつ受取人側が内容証明を受領したかについても証明できます

このような内容証明は、慰謝料請求において広く利用されています。

内容証明を利用した婚約破棄慰謝料の請求書は、ご本人にも作成できます。

ただ、婚約破棄慰謝料を請求する相手に対して本気で慰謝料請求する意思を明確に伝えるため、法律の専門家が作成した内容証明が慰謝料請求で利用されています。

このような内容証明を利用して婚約破棄の慰謝料を請求することで、慰謝料請求の相手側に、婚約破棄慰謝料の請求に関して明確な意思表示ができます。

婚約破棄慰謝料の受渡しにおける示談書

婚約破棄の慰謝料等の条件協議が調って、婚約破棄の解決を確認する慰謝料が支払われるとき、婚約破棄に関する示談書取り交わされます。

合意事項(婚約破棄慰謝料の支払条件など)について示談書という法律的な書面で確認しておくことにより、その後において婚約破棄で慰謝料等のトラブルが再発することを防止できます。

婚約破棄の慰謝料を支払う側は、慰謝料を支払っても婚約破棄の問題が完全に解決していなければ困ります。そのため、慰謝料の支払いによって婚約破棄の問題が完全に解決したことを示談書で確認するのです。

書面を作成せずとも婚約破棄について示談は成立しますが、将来のトラブル防止への安全を高めるため、示談書が利用されます。

内容証明による婚約破棄慰謝料の請求

貴方のお役に立てるかもしれません

婚約破棄慰謝料の解決時における示談書を作成

お悩みのとき、信頼できる専門家による安心サポートで手続きを進めてみませんか?

『婚約破棄慰謝料@安心サポート』では、婚約破棄の慰謝料請求とその解決時における示談書の作成についてサポートします。

船橋の事務所までご来所になれなくとも、お電話、メールにより、婚約破棄の慰謝料請求などを行なうことができます。

メールだけによる婚約破棄サポートをご利用になられる方も、多くいらっしゃいます。

【婚約破棄サポートの対象になられる方】
  • このままでは気持ちに区切りがつかないので、婚約破棄の慰謝料を請求したい。
  • 自分では何をしたらよいのか、分からなくて困っている。
  • 裁判は避けて話し合いで、早期に婚約破棄の慰謝料について解決したい。
  • 婚約破棄の慰謝料を含め、現実的な方法で婚約破棄の解決を目指している。
  • 確かな示談書を作成して、キッチリと婚約破棄の慰謝料について整理したい。
「どこに相談したらいいか分からない」

婚約破棄の相談

突然の婚約破棄に直面されても、どこに相談してよいのか分からずに悩む方も少なくありません。

もし、婚約相手との話し合いがこじれてくると、最終的な裁判での対応までも踏まえ、弁護士に婚約破棄の対応を相談されることになります。

ただし、できれば婚約者との話し合いで穏便に婚約破棄に関して解決したいと考えられる方には、はじめから弁護士に婚約破棄の慰謝料請求など示談交渉を依頼することに躊躇されるお気持ちもあると思います。

そのようなとき、身近にあり、廉価なご利用料金でサポートを受けられる専門行政書士へ婚約破棄のご相談をされて、前へ進めていくことも賢明な選択肢の一つになります。

初回の婚約破棄に関してのご相談(電話・メール・面談)は、無料になります。

【主な婚約破棄サポート(慰謝料請求、示談書)】
  • 内容証明による婚約破棄の慰謝料請求
  • 婚約破棄に関する示談書・合意書等の作成
  • ご相談(婚約破棄、慰謝料請求に関すること)
  • 婚約破棄慰謝料の請求サポートについて

損害賠償としての慰謝料請求では、内容証明が利用されています。ご本人様のお名前に加えて法律専門職の記名押印が内容証明にあると、受取人側に対して、婚約破棄慰謝料請求に関する本気度を伝える効果があります。加えて、法律専門職が慰謝料請求の内容証明を作成することで、婚約破棄慰謝料の請求における注意点を押えた通知書を作成できます。

  • 婚約破棄に関する示談書の作成サポート

婚約破棄の解決へ向けた最終合意で双方が交換する示談書を作成します。相手側への提示前段階から、ご依頼者様のご希望を踏まえて婚約破棄を解決する示談書案を作成します。そして、婚約破棄慰謝料も含めた婚約破棄の解決条件について、記載漏れのない確かな示談書へと仕上げていきます。

「気持ちが楽になります」

婚約相手に対する婚約破棄の慰謝料請求書を作成することは、これまで長く付き合っていた婚約者が相手であるだけに、対応が難しいものです。示談書も同様です。

このようなとき、法律専門家に対して婚約破棄にかかる慰謝料請求書、示談書の作成を依頼することで、だいぶ気持ちが楽になると聞きます。

ただでさえ婚約破棄により精神的に落ち込んでいる状況のなかで、婚約破棄に関する法律面までも調査して慰謝料請求書面を作成することは、大きな負担感となります。

また、婚約破棄慰謝料の請求が法律に基づく正当な権利であることも、法律専門家が婚約破棄の慰謝料請求書面の作成に携わることで、婚約相手に伝わることになります。

ご利用者様の声

婚約破棄について、内容証明による慰謝料請求、解決時における合意書の作成など、『婚約破棄慰謝料@安心サポート』をご利用いただきましたご依頼者様の感想です。

内容証明サポート

悩んでいました

婚約破棄の相談者

だれにも相談できなくて悩んでましたが、先生に相談してやるべき事が分かり、慰謝料も受け取れ、合意書で無事に解決できました。ありがとうございました。

(女性、千葉県)

示談書サポート

謝罪されて納得

婚約破棄の内容証明

相手に謝らせたことだけでも満足しています。親切になって教えていただいてありがとうございました。また何かあったら、お願いします。

(女性、千葉県)

内容証明サポート

自信なかった

示談書

はじめは自信がなかったのですが、慰謝料が受取れて感謝してます。内容証明も何も分からなかったのに、先生のおかげです。ありがとうございました。

(女性、埼玉県)

ご依頼者様のご様子から

婚約破棄を受けられて落ち込んでいる気持ちを整理しながら、一方で婚約破棄の解決に向けた手続を同時にすすめていくことは、大きな負担になります。

どなたも日中は仕事を持たれていますので、時間的に追われて忙しいなか、なかなか、婚約破棄の解決に向けた手続きに時間を割くことが容易ではありません。

そして、ほんの少し前までは婚約者であった相手と、婚約破棄にかかる慰謝料の支払いに関して調整をすすめることは、本当に辛いことのように見えます。

それゆえに、慰謝料金額も含めて婚約破棄に関して最終的に示談が成立したときには、本当にほっとされた気持ちが、こちらにも伝わってきます。

そして、婚約破棄の問題が解決したとき、「困っていたときにいつでも相談できたのでとても助かりました。」ということをご依頼者様からよく言っていただけます。

やはり、婚約破棄の問題は、精神的な負担が相当に大きなものであると感じています。

婚約破棄についての示談書

婚約破棄、慰謝料にお悩みの方へ

婚約破棄の専門行政書士

代表者:塚田章
・離婚、婚約破棄など家事分野専門
・年間300件を超える離婚相談へ対応
・離婚、婚約破棄などに関する契約書、示談書の作成実績多数

離婚などの専門行政書士として、多くのご相談に対応していますが、婚約破棄にあわれて苦しまれている方からのご相談も少なくありません。

「婚約破棄による心の痛手から早く抜けだし、将来に向けて、前にすすんでいくために、婚約破棄、慰謝料のことをきちんと整理して区切りをつけておきたい。」

まだ心の深い苦しみの中にあっても、このように前向きに考えられることで、自分自身の力で気持ちの立て直しを図ろうと努力されています。

そのような婚約破棄でお悩みのあなたへ、婚約破棄の問題を法律的に整理する手続きについて、親身にサポートさせていただきます。

婚約者であった相手に、ご自分の気持ち整理として婚約破棄について慰謝料請求をされたいとき、相手との話し合いで婚約破棄について解決を図りたいとき、それぞれ内容証明による慰謝料請求書、婚約破棄の示談書等の書面を作成いたします。

婚約破棄に直面されて、慰謝料請求等についてお困りであれば、ご相談ください。

【日本行政書士会連合会所属特定行政書士、日本カウンセリング学会正会員

「一歩を踏みだすことの大切さ」

婚約破棄で気持ちが沈んでいるとき、悩んではいても前に進めることへの不安もあり、どうしても解決へ向けた手続きを先送りしてしまいがちです。

それは、人間であれば誰にでも、辛いことに対面することは避けたいという自動的な心理作用が働くため、やむを得ないことでもあります。

しかし、婚約破棄の問題をそのままにしていても、気持ちの整理もつかず、経済面での損害も回復しません。行動しない限り、結果的に良い方向へ向かうことはありません。

実際に婚約破棄の解決に対応することにより物事は動いていき、いずれ何らかのかたちで、最終ゴールに到達します。そのサポートをするのが、専門家の役割になります。

何もしないで悩んでいるよりも、まだ行動しながら悩む方が、解決に向けて進んでいるという安心感から、あなたの心理的な負担は想像以上に軽減されます。

まずは、あなたご自身が第一歩を踏みだされることが、最初のスタートになります。

『婚約破棄慰謝料@安心サポート』が選ばれる理由

『婚約破棄慰謝料@安心サポート』は、婚約破棄に関する慰謝料問題のほか、協議離婚や内縁解消に関しての契約、不倫慰謝料の請求など、家事分野に専門特化した行政書士事務所が運営しています。

専門事務所である実績を生かし、婚約破棄(慰謝料請求)で悩まれている方へ、親身に丁寧なサポートをさせていただきます。

事務所の理念として、ご依頼者様の利益を最大限に守れるように努め、ご信頼いただける正直な経営をおこなっています。

 

専門性:婚約破棄・離婚専門の行政書士事務所

船橋つかだ行政書士事務所

婚約破棄・離婚専門として、協議離婚にかかる相談、離婚契約(離婚協議書・離婚公正証書)、不倫の慰謝料請求など、夫婦や男女間における様々な事例に携わってきています。

開設当初から家事分野に専門特化しているため、一般的な行政書士事務所が扱う会社設立、官公署向の許認可申請業務は取り扱っておりません。

そのぶん専門分野における多数の実績が蓄積されてくることで、ますます専門性を高めています。

婚約破棄、離婚・不倫の慰謝料請求、示談書の作成には、確かな専門知識が必要になります。

これまでの実績ノウハウを、あなたへ提供させていただきます。

あんしん:面談・電話・メール相談

婚約破棄の示談書、内容証明

ご依頼者の方に安心感をお持ちいただけるよう、面談、電話、メールにより、婚約破棄慰謝料請求について、お気軽にご相談いただけます。

ご相談料は、サポート料金にすべて含まれます。そのため、サポート期間中は、ご不安な点などにつきまして、何回でも、ご相談いただけます。

面談相談をご希望の方には、お越しいただくのに便利な船橋駅徒歩4分に事務所があります。

駅近ですので、夜間のご来所にも安全です。

迅速対応:平日22時まで、土日も営業

平日夜10時まで営業

ご依頼者様から、毎日、連絡がとれます。

お急ぎのときでも、迅速に対応できます。土日も事務所を開けてますので、お仕事をお持ちの方にも、気持ちにゆとりを持ってご相談いただくことができます。

婚約破棄への対応としての慰謝料請求、示談は、タイミングを逃さず進めていくことも大切です。土日に空白期間ができると、解決への障害にもなりかねません。

「いつでも連絡がつくので安心でした」という声を、たくさんのご依頼者の方から多くいただいております。

営業時間のご案内

下記の受付時間内であれば、いつでもお電話をいただくことができます。また、メールによる婚約破棄についてのご質問、ご照会は、24時間受付中です。

専門家のサポートによって婚約破棄(慰謝料)の問題を解決されたいとお考えでしたら、まずはお電話、メールにてご相談してみてください。

受付時間
9-17時
17-22時

休業日:祝日、年末年始、遠方出張など

サポート料金表(婚約破棄の慰謝料請求等)

どなたにも分かりやすい明瞭な料金システムとすることで、ご信頼を得ております。

ご依頼者様に安心して婚約破棄に関するサポートをご利用いただくことができるよう、ご相談料から実費までのすべてをパッケージ化しています。

婚約破棄の慰謝料請求で、受領した慰謝料に関して成功報酬が不要なのも特長です。

婚約破棄ほか家事分野の専門事務所として、ご依頼者様ごとのご希望を踏まえながら、丁寧な対応で婚約破棄の慰謝料請求等に安心サポートを実現させていただきます。

安心いただける定額料金(婚約破棄慰謝料サポート)

内容証明による慰謝料請求

[相談・作成・職名印・送付一式]

3万4000円

成功報酬0円
内容証明(2回目以降)*オプション+9000円/回

示談書・合意書の作成

[相談・作成]

3万8000円
上記サポートにかかる相談料0円(サポート料金に含まれます。)

慰謝料請求の内容証明作成だけ、または婚約破棄の示談書の作成だけも、ご利用いただけます。

【内容証明による慰謝料請求】

  • 婚約者と婚約破棄の解決に向けた協議を開始する前に、婚約破棄の慰謝料請求を本気で行なう意思表示を、書面通知によって明確に相手側へ示すことになる内容証明を作成し、代理で送付するサポートになります。〔内容証明とは
  • 婚約破棄の状況確認からお話をお伺いして、トラブルとならぬよう慎重に慰謝料請求通知書の原案を作成し、ご依頼者様と最終文面を調整してまいります。
  • 婚約破棄慰謝料の請求書面(内容証明)には、書面作成者である行政書士名が記載され、内容証明の作成から発送手続きまでを行ないます。
  • ご利用料金には、内容証明の作成から発送費用まで全て含まれています。
  • 内容証明による慰謝料請求をしても相手側が支払いに応じないことがあります。このような場合、次のステップとして、弁護士による示談交渉を検討されることになります。どちらの弁護士へ相談してよいか分からないときは、弁護士のご案内をさせていただくこともできますので、ご相談ください。

【示談書・合意書の作成】

  • 婚約破棄の慰謝料支払い合意が見えたとき、将来にトラブルが再燃しないよう、示談書・合意書の締結で、婚約破棄の完全解決を双方で確認します。
  • 相手側との合意に向けた内容を検討して、ご希望される内容での示談書づくりに対応いたします。(当方が相手側と交渉を行なうことはできません)
  • 婚約破棄の慰謝料支払いが分割金となる場合は、示談内容を公正証書契約にしておくと安心です。こちらのサポートもご用意しています。〔公正証書とは
慰謝料請求について、成功報酬のご負担が不要です

ご利用料金が不明瞭であって、最終的な料金が分からない表示も多く見られます。

下記表のように、婚約破棄の慰謝料請求について、内容証明により相手側に通知して、書面での協議を進める場合、全体料金では大きな差異が生じてくることになります。

当事務所では、婚約破棄の慰謝料金額に対する成功報酬が不要です。

婚約破棄慰謝料の請求にかかる報酬システムの比較
 当事務所一般的な事務所
内容証明(基本料金)¥34,000¥10,000~35,000
行政書士名(職印)の使用¥0¥0~15,000
枚数・難易度による加算¥0¥5,000~25,000
送達料金(実費)¥0¥1,500位~
相談料¥0¥5,000~6,000/H
2回目以降の回答書(一回あたり)¥9,000¥16,500~
成功報酬(婚約破棄慰謝料)¥0受領した慰謝料額の10~20%程度

多くで見られる内容証明を作成してみないと利用料金が分からない料金体系ではなく、お申し込み時から婚約破棄の慰謝料請求に関する業務完了まで、すべての料金が明確になっています。

特に、2回目以降の慰謝料請求の回答書作成・送付の料金を低く抑えているため、全体でリーズナブルな料金となり、最後まで安心して婚約破棄の慰謝料請求サポートをご利用できます。

婚約破棄慰謝料お受取り時の成功報酬が一切かからないこともサポートの特長です。

ご利用料金のお支払いにクレジットカードがご利用いただけます

ご利用料金のお支払方法は、銀行振込みのほか、世界で利用されている「PayPal(ペイパル)」によるクレジットカート決済を、ご利用いただくことができます。

ご利用者様のスマホ・PCに、ペイパルから請求メールが送られ、決済いただきます。お手続きは簡単です。

ソリューション画像
婚約破棄慰謝料の安心サポートは全国対応

お住まいの近くに婚約破棄について相談できる専門家がいない、土日にご相談したい、平日は夜遅い時間しか連絡できる時間がない、迅速に対応して欲しい、緊密に連絡が取れると気持ちが落ち着く、などのご事情のあるお客さまへは、どちらにお住まいでも、サポート対応させていただきます。

メールや電話によるご連絡によって、ご希望の手続き(婚約破棄慰謝料の請求書、示談書の各作成)を進めさせていただきます。ご連絡方法は、ご希望に応じてます。

千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市など千葉県内全域、さいたま市、横浜市、川崎市、相模原市ほか全国対応

ご来所相談も受付中|船橋駅から徒歩4分以内

婚約破棄慰謝料請求の専門事務所

船橋駅から徒歩4分

婚約破棄・慰謝料にお悩みの方へ、船橋事務所でのご相談も、お受けしております。

あらかじめ、お電話もしくはメールにて、日時をご予約ください。

JR、京成、東武線の船橋駅から徒歩4分にあるため、電車をご利用であるとたいへん便利です。

お車でのご来所では、事務所で駐車場をご用意できていませんので、周辺にありますコインパーキングなどをご利用ねがいます。

千葉県内からはもちろん、埼玉県、東京都内東エリヤからのご来所にも便利です。

裁判によらない慰謝料請求は、ご相談ください。

婚約破棄にかかる内容証明による慰謝料請求書の作成、当事者間の婚約破棄に関する合意条件を示談書にまとめるサポートをしています。

婚約破棄のあったときに裁判外で慰謝料請求をされる場合、書面作成において身近な専門の行政書士が、あなたのお役に立てることがあります。

訴訟での高額な慰謝料請求を希望される方は、弁護士にご相談ください。

当事務所では示談交渉はできませんが、ご利用いただきやすい料金で、婚約破棄の慰謝料請求に関して、親身にサポートさせていただきます。

弊所サポートは、婚約破棄について、裁判によらない方法で穏便に、書面を利用して協議、解決していきたいとお考えの方にご利用いただけます。

婚約破棄のご事情、慰謝料ほか解決へのご希望をお伺いさせていただき、法律的な知識を踏まえ、婚約破棄のご相談に対応させていただきながら、ご希望の手続きをすすめて参ります。

あなたの婚約破棄問題(慰謝料請求など)について、ご相談と書面作成を通しまして、一緒に解決を目指して参ります。

婚約破棄・慰謝料に関してのサポートは、お電話・メールにて、いつでもご照会ください。

<婚約破棄慰謝料@安心サポート>

婚約破棄@安心サポートについて

「婚約破棄慰謝料@安心サポート」は、婚約破棄、協議離婚、内縁解消など家事分野が専門の行政書士事務所が運営している情報サイトになります。

サイト内における婚約破棄、慰謝料等の説明記載には十分に注意しておりますが、分かりやすく簡単にご説明するため、記載内容を完全とすることを優先しておりません。

したがいまして、婚約破棄・慰謝料に関する個別対応においてご判断されるときには、当サイト情報だけによらず、婚約破棄の専門家にご相談されることをお勧めします。

もし、当サイトの情報からご判断されてご希望に沿わない結果とになりましても、当サイト運営者としては一切の責任を負いかねますこと、予めご承知おき願います。

婚約破棄の慰謝料請求サポートに関するお問合せ

『婚約破棄慰謝料@安心サポート』では、婚約破棄の解決に向けた慰謝料請求の内容証明、最終的な合意条件を確認する示談書等の作成について、専門行政書士が、親切、丁寧にサポートさせていただきます。

婚約破棄の専門事務所

『お一人で抱え込まれないでご相談してみてください。』

いつでも、ご相談いただけます。お忙しい方は、メールをご利用ください。

047-407-0991

受付時間:9時~22時(土日:9時~17時)

『婚約破棄』のご相談受付中

ご本人様からのご相談は、初回無料です。お電話、メールに対応します。

婚約破棄の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~22時、土日9時~17時

メール相談は24時間受付中です。

婚約破棄のご相談受付中

047-407-0991

営業時間

平日9時~22時(土日9時~17時)

メールのお問合は24時間受付中です。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には随時対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(西武デパート側)

サンライズ船橋401号

1階にレストラン「Noi」が入るサンライズ船橋の401号です。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所まで遠い」そのような方にも、メール・お電話により、丁寧に対応をさせていただきます。婚約破棄について、ご相談ください。

どちらからもご利用できます

婚約破棄慰謝料サポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>