離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書・請求書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

〔全国対応〕メール・電話だけでも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

受付時間

9時から20時(土日9時から16時)

ご依頼に「迅速」対応します。

配偶者の交際相手への対応

性的関係のない交際のとき

自分の配偶者に交際している異性の存在を知っても、その二人に性的関係がある事実を確認できないことがあります。

それでも、そうした異性と親密な交際を配偶者に続けられると、かなり精神的に苦痛を受けることがあります。

しかし、法律上で問題となる不貞行為(いわゆる「不倫の関係」)は性交渉することであり、交際している事実だけで法律責任を問うことは原則として難しい面があります。

ただし、通常の限度を超えた交際となっているときには、それに対して責任を問える場合もあります。

配偶者の異性交際

婚姻しているにも関わらず、異性と交際することに抵抗を持たない人もあります。

こうした配偶者を持つと、婚姻中は配偶者の異性関係には常に悩まされます。

夫婦の貞操義務に違反してほかの異性と性的関係をもつことは不貞行為となりますが、交際しているだけで性的関係を伴わないと、原則として不貞行為となりません。

異性と交際する側は、なぜ交際することが悪いのか理解できないことになります。

それでも、配偶者による異性との交際が続くことが原因で他方配偶者が精神的に苦痛を受けることになれば、婚姻生活を続けていくことに現実に支障が生じてきます。

交際の在り方が社会通常の感覚として容認されないものであれば、婚姻を継続しがたい事由ととして離婚請求されることにもなり得ます。

夫婦であることに照らして許容限度を越えるまでの異性との交際は、夫婦の関係を破たんさせてしまうことになります。

配偶者の異性交際

慰謝料請求の対象となる不貞行為は、原則として性交渉を指します。

夫婦間における感覚の違い

交際の範囲が広く、異性の友人が多い人もありますが、そうした人は結婚をした後にも友人との交際を続けていきます。

異性でも友人としてならば、結婚していても交際することは構わないと考えます。

一方、他方の配偶者は、結婚をしたのだから異性との交際を控えるべきと考えます。

交際の形態、頻度などによって差はありますが、結婚後に異性と交際することに対する考え方は、夫婦双方の価値観によって異なります。

異性と交際する側には、どうして交際が問題となるか理解できないこともあります。

こうした理解のズレが夫婦にあるまま異性交際が続けば、夫婦の関係は不安定となり、精神的に落ち着いて婚姻生活を送ることが難しくなってきます。

平穏な婚姻生活を続けるためには、互いに相手の価値観をある程度は許容したうえで、双方で納得できる現実的な解決策を見付けだすことが必要になります。

不貞行為の証拠がないとき

配偶者が異性と交際をしていても、性的関係を伴わないものであれば、その異性に対し慰謝料請求することは躊躇されます。

慰謝料請求することで、相手とのトラブルを引き起こすことを心配するためです。

ほんとうに友人として節度をもって交際しているだけであれば、性的関係のあることを勘ぐることで、相手を怒らせることになります。

ただし、不倫関係にある男女が不倫の事実を否定する口実として、単に友人として交際しているだけであると言い訳をしている可能性も否定できません。

事実を問い質されたときに不倫関係はないと始めは言い張っていても、不倫を裏付ける事実を突きつけられると、一転して不倫の事実を認めたという話は多くあります。

不倫についてブラックに近いグレーであるときは、性的関係のあることを確認できなくても、配偶者と交際相手に対し何らかの対応をすることも考えられます。

交際相手への対応

異性と個人的に交際することは夫婦の関係悪化を招くこともあり、また、交際が徐々に親密なものへ進行すれば、いずれ不貞関係に至ってしまう可能性も否定できません。

こうしたことから、異性と交際する配偶者を持つ側は、夫婦で話し合うほか、配偶者が交際している相手に対し交際中止を求めることがあります。

交際することが直ちに不法行為に当たらなくても、その交際が原因となって夫婦の関係が悪くなっていることが分かれば、常識的な人であれば交際を取り止めます。

交際相手にとっても、親密すぎる男女交際と見られる余地があると知れば、不貞行為を疑われたらトラブルとなり困ることになります。

なお、相手に交際の中止を求めるときは、確かな根拠のない限り、不貞行為を疑うような発言をしないように気を付けます。

不倫相手への対応

配偶者の交際相手には交際することを中止するように求めます。

慰謝料請求には注意します

配偶者と個人的に接触をもった事実だけを理由としては、相手方に慰謝料請求をしても認められません。

しかし、配偶者が自分に隠れて異性と会っていたとの事実を知っただけでも、その相手のことを許せないと考え、相手に慰謝料請求したいと考える方もあります。

そうした気持ちになることも止むを得ないとは思いますが、法律上で不法行為にあたる「不貞行為(ふていこうい)」は、狭い意味で「性交渉する」ことを指します。

もちろん、性的関係のない交際でも責任を問われることもありますが、性交渉の事実を確認できずに不貞行為があったものと推測して慰謝料請求することは、事実が違っていたときに相手を傷つける結果になりますので十分に気を付けなければなりません。

慰謝料が支払われるケースも

当事務所で対応した案件において、夫が知人女性と深夜の面会を重ねていたことが夫婦で問題となり、妻側からの依頼で知人女性に慰謝料請求書を送付したものがあります。

不貞行為の証拠はありませんでしたが、深夜の時間帯に二人だけで度々面会するなど、特別な男女関係を疑われるものであり、妻側は相当に精神的に参っていました。

夫は、知人女性から相談を受けていただけであり、性的関係はないと言っています。

しかし、交際が続くことで婚姻の破たんが危惧される状況にあり、第三者からも疑わしい男女交際に見られるものであったことから、慰謝料請求が行なわれました。

慰謝料請求された交際相手は弁護士に相談しましたが、性的関係のあることを否定したうえで自分の行動の非を認め、慰謝料を減額したうえで支払うことになりました。

慰謝料請求・示談書サポートのお問合せ

不倫問題の解決に向けて配偶者の不倫相手との示談書を作成したいとお考えになられている方に、ご不安な点についてご相談しながら、専門行政書士が丁寧に示談書を作成させていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『ご相談を踏まえながら、丁寧に示談書を作成します。』

サポートについてのご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

示談書に定める条件などのご相談は、サポートにおいて対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~20時(土日:9時~16時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~20時、土日9時~16時

公正証書・示談書などの作成を専門とする行政書士事務所です。

ペイパル|VISA,Mastercard,JCB,American Express,UnionPay,銀行

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~20時
土日9時~16時

メールのお問合せは24時間受付中。

休業日

国民の祝日、年末年始

お急ぎのご依頼には至急対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(船橋シャポー側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所まで遠い」という方にも、メール・お電話で離婚公正証書・示談書の作成を丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>