離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書・請求書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

〔全国対応〕メール・電話だけでも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時から21時(土日9時から17時)

ご依頼に「迅速」対応します。

不倫・浮気を理由に慰謝料請求するには

慰謝料請求する(内容証明)

内容証明郵便は、不倫相手に慰謝料請求する方法として利用されています。不倫相手が内容証明郵便を受領することで、すぐに慰謝料が支払われることもあります。しかし、請求する慰謝料の額が高過ぎたり、不倫相手に慰謝料を支払う意思のないときは、不倫相手が慰謝料の支払いに応じないこともあります。そうしたことも踏まえて、なるべく効果的な方法で慰謝料請求するように対応することも必要になります

内容証明を利用して慰謝料請求するには?

配偶者に不倫の事実があれば、不倫をされた側は、配偶者とその不倫相手の双方に対し慰謝料請求することが原則として可能になります。

慰謝料請求する方法には、不倫相手と会って請求する方法、慰謝料の請求書を内容証明郵便を利用して送付する方法、訴訟をして請求する方法などがあります。

どの方法により慰謝料請求するかは、請求する側が、不倫問題の状況などを踏まえて、最も効果的な方法を選択することになります。

不倫相手と会いたくない場合は、訴訟することを考える前に、まずは内容証明郵便で慰謝料請求することが行なわれます。

内容証明郵便を上手く利用すれば、安い費用で不倫慰謝料の支払いを受けられて不倫の問題を早く解決できることもあります。

ただし、内容証明郵便を利用することだけでは、慰謝料の支払いが保証されることになりません。

不倫を見つけたとき

内容証明郵便であることの証明

以下に、内容証明郵便による不倫の慰謝料請求について説明させていただきます。

不倫相手と会って慰謝料請求する

不倫問題を早く解決するために、不倫相手に電話等で連絡をして、当事者同士が直接に会ったうえで不倫問題の解決を話し合う方法は、最もシンプルなものです。

実際にも、直接に当事者同士が話し合う方法で慰謝料請求する意思を不倫相手に伝え、そこで慰謝料の支払い条件を決めて速やかに解決しているケースは多くあります。

不倫相手と顔を合わせて話することは苦痛であるという方もありますが、その一方で、それも仕方ないことであると割り切って自分で話し合う方もあります。

男性だけに限らず、女性でも、不倫相手と会って話し合う方法を選択しています。

話し合う時間と場所の設定さえすれば、話し合いで細かい条件までを一度にすべて取り決めることも可能になり、早いスピードで解決できることが最大のメリットです。

慰謝料請求を受ける側は、話し合いの場で不利となる不倫の事実を認めたり、慰謝料の支払い額に言質(げんち)を取られてしまうリスクがあります。

しかし、慰謝料請求する側にはそうしたリスクが低く、上記のメリットを生かすことができると言えます。

事前の検討と準備が大切です

当事者が会って話し合うことは、早く効率的に解決に向けて進めることができます。

このとき、不倫問題に対する具体的な解決案を双方が事前に用意しておくことが、この方法で解決を図っていくためにポイントになります。

何の準備もしないで当事者の双方が単に会っても、その場で結論を出すことは難しく、具体的な成果を得ることは期待できないでしょう。

また、不倫問題の解決に向けた事前の整理をしておかないで話し合いに臨んでしまうと、不用意な発言をしてしまう恐れがあります。

下手に対応をしてしまうと、相手側に自分の発言を言質として取られてしまい、不利な状況に持ち込まれる心配もあります。

あらかじめ、複数の解決案パターンを想定しておき、それに対する説明をできるように準備しておくことが大切になります。

当事務所をご利用される方には、想定する範囲内で慰謝料 示談書を作成しておいて、その示談書を話し合いの場に持参する方もあります。

そして、もし当事者で話し合って決着できるときは、その場ですぐに双方が示談書にサインをして、不倫問題を終わらせてしまうことも可能になります。

慰謝料の支払条件

不倫をされた本人が対応することの効果

不倫していたことを見付かった側は、程度の差はあれ、どのような形で不倫の責任を求められるか不安になっている心理状態にあります。

不倫で被害を受けた側に会って謝罪したいと考える方もありますが、ほとんどの方は、できれば被害者の側に会いたくないと思っています。

慰謝料を支払って不倫問題を解決する意思は持っていても、報酬を負担しても弁護士に代理人を依頼することも行なわれる事情には、そうした不倫の被害者本人とは会いたくないという気持ちの表われがあると言えます。

被害を受けた本人を前にしては、嘘を言ったりして不倫をしたことに言い逃れることはできないと考えるのが、一般的な人の感覚ではないでしょうか?

そうしたことから、本人との話し合いに応じるということは、それなりの覚悟を決めていることが多いと言え、不倫相手がそうした姿勢であるうちに、慰謝料の支払い等についての合意を目指すことが効果的です。

当事務所のご利用者の方から、「不倫相手と連絡が着いた」「不倫相手と会って話をした」とのお話をお伺いするときは、不倫問題に解決できる見通しがついたケースが多いように見られます。

内容証明郵便を利用して慰謝料請求する

慰謝料請求する方法として一般に広く知られている代表的なものが、内容証明郵便を利用して不倫慰謝料の請求書を送付することです。

とくに法律に定められている請求方法ではありませんが、不倫問題だけではなく様々な損害賠償請求において内容証明による請求書の送付が利用されています。

内容証明郵便の送付は、不倫相手に直接に会わなくても済むうえ、専門家に作成を依頼しても数万円程度の費用で済むこともあって、利用しやすい方法であると言えます。

そして、首尾よく進展すれば、最初の内容証明郵便による慰謝料請求書の送付だけで不倫の問題が解決できる可能性もあります。

内容証明による請求が利用されている最大の理由は、このメリットにあります。

だれでも自分のことを傷つけた不倫相手と会い、そこで二人で話し合って条件について協議する負担を負いたいとは考えません。

できるなら、不倫相手に会わないままスムーズに解決したいと願うものです。

まずは不倫相手に対し内容証明で慰謝料請求してみて、その反応をうかがったうえで、次に対応する方法を考えていくことを、多くの方が選択されています。

実現の見込める請求をすること

不倫相手と対面することなく書面を通じて慰謝料請求等の意向を伝えることになると、つい強気になってしまい、かなり高額な慰謝料を請求することも見られます。

そうした慰謝料を請求された不倫相手は、驚いて困ってしまうことが想像できます。

しかし、不倫相手に慰謝料支払い等の請求書面を送付する目的は、「不倫問題の解決」にあり、不倫相手を驚かすことではありません。

仮に不倫相手を驚かすことに成功しても、請求した慰謝料の額が高過ぎれば、それが直ちに支払われることはありません。

そうすると、その後に、支払い慰謝料の額について、双方で調整(何度かのやり取り)することが必要になります。

あるいは、請求者とは常識的な交渉をすることができないと不倫相手は判断し、訴訟を受けて対応する姿勢を示す結果になるかもしれません。

裁判所で争うことになれば、常識外の慰謝料を支払うことにはならないからです。

不倫相手に対し現実的でない慰謝料の額を請求することは、良い結果とならない可能性もあることに注意します。

裁判(訴訟)による慰謝料請求

不倫をされたことで受けた精神的な苦痛が大きいと考えるときは、不倫相手に請求する慰謝料は高額になります。

しかし、不倫相手に請求する慰謝料が高額になっていくほど、その請求を受けた側も、請求された額のとおりに慰謝料支払いに応じる可能性は低くなる傾向があります。

誰であっても、支払うお金は、できるだけ少なく抑えたいと考えるものです。

不倫をした側は、不倫をしたことに反省していても、お金の支払いになると別の整理をすることになります。

そのため、不倫相手に高額な慰謝料を請求するときは、最終的に訴訟で慰謝料請求することも視野に入れて不倫相手に対応することも考えます。

訴訟による対応をすすめるには、弁護士報酬に相応の負担が生じますので、ある程度の見通し(訴訟で現実に支払われる慰謝料額など、不倫相手に支払い能力がなければ現実に支払いを受けられません)を持っておくことが大切になります。

なお、訴訟による慰謝料請求までを考えているときに、弁護士報酬を負担できるなら、はじめから弁護士に慰謝料請求を任せてしまう方法もあります。

もし、そうした方法を検討するときは、専門の弁護士に相談することになります。

内容証明による慰謝料請求

慎重に検討したうえで、最適な慰謝料請求方法を選択します。

内容証明郵便による慰謝料請求

いくつかの慰謝料請求の方法を検討し、内容証明で慰謝料請求することになったとき、まずは不倫の慰謝料と内容証明について理解をしておくことが必要になります。

内容証明郵便は不倫相手に通知した内容を公的に証明できますが、その反作用として、不倫相手に通知した内容を後で取り消したり訂正することが難しくなります。

そのようなことから、内容証明の請求手続には、慎重に対応することになります。

不倫の事実を確認する

慰謝料請求する原因となる「不倫の事実」があることは、スタート地点になります。

万全に証明できる資料が整っていなくても、様々な情報・資料から不倫が間違いないと確認できること、不倫を事実と配偶者が認めている、といったことが前提となります。

もちろん、探偵による調査で証拠を押さえておけば申し分ありません。

慰謝料請求書を内容証明郵便で送付することは効果が期待できるぶん、その前提とした不倫が事実ではなかったときは、大きなトラブルになってしまいます。

慰謝料請求できる根拠

配偶者があるにも関わらず、ほかの異性と性的関係をもつこと(つまり「不倫」です)は、夫婦の貞操義務(ていそうぎむ)に違反する行為になります。

不倫した配偶者は、他方の配偶者に対して法律上では不法行為をしたことになります。

そして、その不倫した配偶者の相手も、一緒になって不法行為をした(共同不法行為)ことになります。

このように、不法行為をした不倫の当事者二人は、不倫をされた配偶者側に、不法行為に対する損害賠償として、慰謝料を支払う義務が生じることになります。

このようなことから、配偶者に不倫をされた側は、不倫相手に慰謝料を請求することができるのです。

慰謝料請求できないとき

不倫が不法行為にあたると言っても、あまりピンと来ないかもしれませんが、不法行為は他人の権利や利益を侵害することを言います。

婚姻している男女は、夫婦として平穏に生活をおくる権利があります。ところが、一方側に不倫があることで、他方側の守られるべき権利を侵害することになります。

不倫相手も、それをわかっていながら不倫をしたり、不注意から気付かないで不倫をしたときには、不法行為をしたことの責任を負うことになります。

裏を返しますと、他人の権利を侵害することを意識せずに、または何の過失もなく不倫と言われる行為をしたときには、法的責任がないことになります。

男女としての関係を持ったときに、その相手が既婚者であることを知らなかったり、普通の注意では既婚者であることに気付かないこともあります。(故意又は過失がない)

このようなときには、法律上では不法行為として責任を問うことができません。

また、形式上では婚姻中であっても、別居中であるなど婚姻関係が破たんしているときには、男女の関係が生じても、夫婦として平穏に暮らす権利を侵害したことになりませんので、不法行為とはなりません。

内容証明郵便とは

内容証明は、郵便の送付方法の一つとして設定することができるオプションです。

日本郵便が、文書の発送日から5年間、送付文書の全文を証明してくれる郵便サービスのことを内容証明と言います。

この内容証明の機能は、信書郵便を扱える日本郵便だけが備えることができます。

内容証明は、様式基準(以下のようなもの)などに関するルールが定められています。詳しくは、日本郵便のウェブサイトで確認できます。

  • <縦書き>一行20字以内×一ページ26行以内
  • <横書き>一行20字以内×一ページ26行以内、一行13字以内×一ページ40行以内、一行26字以内×一ページ20行以内

内容証明のオプションを付けて送付する文書に使用する用紙は特に指定がありません。

また、郵便局の窓口における手続きとして、内容証明で送付する文書を、同じもの三部(送付用、控用、郵便局保管用)を用意します。

内容証明による郵便サービスを利用できるのは、集配業務を取り扱う大きな郵便局に限られますので、発送に関する手続きをする前に、利用できる郵便局を調べておきます。

内容証明郵便は書留扱いになり、必要に応じて配達証明をオプションとして付けます。そうすることで、内容証明郵便で送付した文書を相手が受領した日を証明できます。

相手に受領されないことも

内容証明郵便は、上記のとおり書留にオプションを付けた発送方法となります。

書留郵便は、受取人が受領する際に、その確認印が必要になります。

そのため、内容証明郵便の配達時に受取人が不在であれば、不在票がポストに入り、受取人が後日の再配達を指定するか、直接に郵便局へ受け取りに行くことになります。

郵便局での保管期間は7日間になります。この保管期間中に内容証明郵便を受取人が受領しなければ、発送者(差出人)のもとに返送されることになります。

このようなことから、内容証明郵便で通知書を送付しても、相手側が受領を忘れたり、故意に受領しないことで、相手側に内容証明の書面が届かないことがあります。

内容証明郵便の効果

一般には、内容証明郵便による通知書を受領した側は、その事実を重大なことにとらえて、何らかの対応を検討することになります。

通知書の受取人となる側は、慰謝料請求等の要求を受けたことに対応せずに放置しておくと、いずれは良くない事態に発展してしまうことを心配します。

そうして、受取人の多くは、内容証明郵便による慰謝料請求等の通知書に対する回答を書面に作成し、それにより通知書を発送した側に連絡することになります。

または、受取人が内容証明郵便による請求のとおりに慰謝料を支払うこともあります。

このように、内容証明郵便の送付をひとつの契機として、当事者双方が不倫の問題への対応をすすめていくことにつながることが、内容証明郵便を利用して得られる効果であると言えます。

電話などの話し合いでは進展しなかった状況が、内容証明郵便による通知書を送付することで、相手側が具体的な対応をすすめることを期待します。

専門家に内容証明郵便を依頼するメリット

慰謝料請求する本人で不倫相手への慰謝料請求書を作成し、それを内容証明郵便で発送することもできます。

郵便局で内容証明郵便を発送する手続き自体は、特別に難しいものではありません。

それでも、内容証明とする慰謝料請求書の作成と発送手続を専門家に依頼する方も多くあります。それは、専門家に依頼することにメリットがあるからにほかなりません。

専門家に内容証明郵便を依頼するメリットとして、次のようなことが挙げられます。

誤った内容で書面を送付することを防ぐ

配偶者に不倫が発覚したことによって不倫相手に慰謝料請求することは、ほとんどの方にとって初めての経験になります。

お電話でご相談をいただくときに、多くの方は「初めてのことで分からなくて」という言葉を口にされます。

実際に、内容証明郵便の手続きに詳しい方は、滅多にいないでしょう。

何よりも、一人だけで重要な手続きについて判断し、的確な慰謝料請求書を作成することには、普通では不安を抱くことになると思います。

慰謝料請求書のひな型は容易に入手できますが、果たしてそれを信頼して自分で慰謝料請求書を作成しても大丈夫であるか、なかなか確信が持てません。

そうしたときは、詳しい人に相談をして安全に手続きをすすめたいと考えます。

とくに、内容証明で送付した慰謝料請求書は、あとで取り消したり、修正することができませんので、間違いない内容として作成することに神経を使うことになります。

専門家の名前が内容証明に記載される

専門家の作成する慰謝料請求書には、それを作成した弁護士又は行政書士の職名などが記載されることが普通です。

そのため、自分宛に送付された慰謝料請求書を誰が作成したのかが一目瞭然です。

一般に、自分自身が詳しく知らない分野のことについて調べるとき、それを誰が言っているかということから、正しいことであるか否かを判断することがあります。

とくに、日本人は真面目で従順な気質が根底にあるため、権威に弱い面があります。

このことは、内容証明郵便で慰謝料請求書を送付するときにも関係してきます。

つまり、慰謝料を請求する本人で作成した慰謝料請求書よりも、第三者である専門家が作成した慰謝料請求書の方が、もっともらしい内容に見えることがあります。

また、費用を負担して専門家に依頼をしていることから、その慰謝料請求について本人が本気であることを、通知を受ける不倫相手に伝えることになります。

素早く対応できる

内容証明郵便を利用して慰謝料請求書を作成するときに、参考書籍を持っている方はありませんので、ほとんどの方はインターネット上からの情報を参考にしています。

このとき、どの情報を引っ張れば良いのか、自分のケースとは条件が合っていないときにはどこをどう修正するのか、分からないことにぶつかります。

いくらインターネットで検索しても探していることに答が見つからないと、時間、日を無駄に使ってしまう結果になります。

最終的に答が見つかれば良いのですが、見つからずに終わってしまうこともあります。こうしたことは、ご依頼者の方から話しを聞くことが多くあります。

専門家に依頼することは、このような調べ事にかける時間を大きくカットし、急ぐべき対応を迅速にすすめていくことができます。

内容証明を利用した慰謝料請求サポート

慰謝料請求通知書を作成し、内容証明郵便で発送するサポートをご用意しています。

不倫の状況、慰謝料請求額、その他条件などをご相談しながら、慰謝料の請求にかかる通知書を作成します。完成した慰謝料請求通知書は、当所から相手方に発送します。

慰謝料請求通知書は、ご依頼者の方から最終の確認をいただくまでの間、修正を加えることができますので、納得できる通知書を作成することができます。

慰謝料請求通知書には、請求者となるご利用者様のお名前に加えて、請求書面の作成者となる行政書士名を記載することになります。

ご利用料金(内容証明郵便による慰謝料請求書の作成サポート)
内容証明の作成・送付(実費込み)

3万4000円

成功報酬

0円

慰謝料の請求手続きについて、上記以外にご利用料金は必要ありません。
なお、ご利用料金は、お申し込み後速やかにお支払いただきます。銀行振り込みのほか、ペイパルによるクレジットカード決済によるお支払い方法もご利用いただけます。

メール・電話でも対応可

当事務所に来ていただかなくても、メール又はお電話による連絡だけで通知書を作成して内容証明によって発送することができます。

したがいまして、日本全国のどちらからでも上記のサポートをご利用いただけます。

速やかに作成・発送

不倫問題で悩んでいる方は、その問題を早く解決したいと考えられて、急ぎでの対応をご希望されることが多く見られます。

当事務所は土日にも営業しておりますので、ご依頼がありましたら、速やかに通知書を作成したうえで、内容証明による発送手続きをすることが可能です。

ご依頼をいただいた翌日に内容証明の請求書を発送している事例も多くあります。

相手の住所・氏名

不倫相手に通知書を送付するために、相手の住所と氏名を知ることが必要になります。あらかじめ、ご確認をされたうえで、お申し込みをいただけますようお願いします。

なお、現住所が分からないときにも、転居する前の住所(住民登録地)が分かれば、そこから登録住所を調査することも可能になります。サポートのご依頼が前提になりますが、住所調査については千円前後の実費で判明することもあります。

もし、上記のようなケースでお困りのときには、ご相談ください。

示談書の作成にも対応します

慰謝料請求書に応じて、指定した銀行口座に慰謝料の振込みがあることもあります。

こうなればスムーズな解決となりますが、慰謝料の支払に応じる条件として、当事者間における確認として慰謝料 示談書を作成したいとの条件提示のあることもあります。

このようなときにも、当事務所では示談書の作成サポートがありますので、ご希望に対応いたします。この場合には、示談書の作成費用を双方で負担することもあります。

クレジットカードもご利用できます

内容証明郵便による慰謝料請求サポートのご利用料金は、銀行振込みのほか、PayPalによるクレジットカードでもお支払いいただくことができます。

クレジットカードによる代金決済は、PayPalから送付されますメールからお手続きをいただくことができます。

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, 銀行

内容証明で慰謝料請求するときの「よくある質問」

送付する請求書の文面は考えてくれるのですか?

はい、当所で考えて作成します。

慰謝料請求するほかに、どのようなことを相手方に伝えたいかについて、メール又はお電話で、お話しをお伺いさせていただきます。

お伺いしたお話を踏まえて、当所において適切な内容として請求書のかたちに作成させていただき、はじめに案文としてご提示させていただきます。

それをご確認いただいたうえで、必要となる修正、調整などを加えて完成させ、相手方に内容証明郵便で送付します。

事務所に伺うことができません、内容証明による請求書の作成をしてもらえますか?

どちらからでも、ご利用いただけます。

不倫問題に詳しい専門行政書士事務所は国内でも数少ないと思われることから、各地から内容証明による慰謝料請求書の作成について、ご依頼をいただきます。

電話またはメールで連絡をとることができれば、どちらからのご依頼にも対応をさせていただき、慰謝料の請求書を作成しています。

案文はメールで送付させていただき、それに修正を加えて完成させます。

完成した請求書は内容証明郵便により、当所名で発送をさせていただきます。

急いで請求したいのですが、直ぐにできますか?

迅速に作成と発送をいたします。早いときには、お申し込みの当日にも発送することがあります。

不倫相手に慰謝料請求をすることを決めたら、早く手続きを進めたいものです。

当所では、内容証明による慰謝料請求書の作成についてご依頼いただきますと、だいたい翌日に発送を完了させています。

早いときには、ご依頼をいただいた当日中に内容証明郵便の発送手続きを完了させることもあります。

利用料金はサイトに記載のとおりですか?

はい、実費を含めて3万4千円になります。

当行政書士事務所は、ご依頼をいただきました書面を、ノウハウを生かしながら誠実に効果的に作成することが仕事になります。

サイトに掲載する金3万4千円がご利用いただくときの料金となり、成功報酬などの追加料金は必要ありません。

したがいまして、ご利用料金は3万4千のほかに掛かりません。

内容証明による慰謝料請求は、不倫問題の解決方法として一般に利用されていることから、はじめに取る対応として検討されることが多いと言えます。

慰謝料請求、不倫関係の解消などの要望事項を不倫相手に明確に意思表示することで、一気に問題解決に向けて動くこともあります。

もし、期待した通りの結果を得られなくとも、相手の意思を確認することができますので、それを踏まえて次の対応方法を考えることができます。

不倫問題に区切りを付けるために第一歩を踏み出すときに、内容証明による請求書の送付が利用されています。

慰謝料請求サポートのお問合せ

配偶者の不倫について、不倫相手に慰謝料請求書を送付したいとお考えになられている方に、ご不安な点についての質問にお答えしながら、専門行政書士が内容証明による請求書の作成を丁寧にサポートいたします。

離婚公正証書の専門事務所

『ご相談を踏まえながら、迅速に対応します。』

サポートについてのご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

慰謝料の請求額などを含む請求内容のご相談は、各サポートで対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

公正証書・示談書などの作成を専門とする行政書士事務所です。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合せは24時間受付中。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には至急対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(船橋シャポー側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所まで遠い」という方にも、メール・お電話で離婚公正証書・示談書の作成を丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>