離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書・請求書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

全国対応、メール・電話でも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時~21時(土日9時~17時)

ご依頼には、迅速に対応します。

基本形は毎月払いです

養育費を一括して払う

日常的な衣食住、教育、医療などの子どもの監護費用について、父母間で定めた非監護親側の分担金が養育費になります。支払い方法の基本は毎月払いです。ただし、夫婦で合意があれば、養育費の支払対象となる全期間分の額を、離婚時などに一括払いすることもできます。そうすることで、その後における父母の連絡、協議などが不要になり、給付を受ける側は養育資金を早々に確保できるメリットが大きいと言えます。

夫婦の合意があれば、一括払いも可能です

子どもに必要な離婚後における生活費(衣食住、教育、医療などの費用)の父母間での分担として、非監護親から監護親に支払われる分担金を養育費と言います。

養育費は、離婚後に子どもが経済的に自立することが期待できるまで(原則は成人までになりますが、高校、大学等の卒業までに定めることも可)の間、毎月支払われます。

離婚の際に子どもが幼いと、養育費の支払われる期間は長くなりますので、その総額も大きな金額となります。

子どもの生活費という性格から、養育費の支払いは、毎月払いが基本形となります。

ただし、夫婦の協議により双方に合意ができれば、支払い対象となる全期間分についての養育費を、一括して支払うこともできます。

全期間分の養育費総額となれば金額も大きくなりますので、一括して支払われるケースは数少ないと言えます。

また、離婚時に一括して養育費が支払われることは、養育費を受領する側にとって良い条件であると言えることが多いと思います。

夫婦間の合意に基づいて養育費を一括払いで受領した監護親は、その養育費を離婚後に適切に管理し、子どものために有効に使用することが求められます。

過去の審判例に、一括して養育費を受領した親側が、子どもの監護が終了しない間に養育費をすべて使い果たしたことで、その後に必要となる養育費を非監護親に対して請求したとき、特段の事情変更がなかったため、裁判所で養育費請求が却下されたものがあります。

ただし、養育費の条件を取り決めた後に子どもを養育する環境が大きく変わったとの事情の変更が認められるときは、すでに一括して養育費を支払済であるときにも、養育費の追加請求が認められる可能性があります。

例えば、離婚時に子どもが幼いときは、その子どもが成長したときに大学などに進学するかどうか、進学したときの学費がいくら必要になるか、確定できません。

養育費の支払方法は毎月払であることがほとんどですが、養育費は期間の途中で支払われなくなってしまうという現状もあります。

離婚条件の話し合いで養育費を一括払いにする条件を定められるのであれば、その条件で養育費の支払いをすべて済ませておく方が、養育費を受領する側としては安心であると言えます。

なお、養育費を金銭ではなくほかの財産で支払う方法として、夫婦共有の住宅を離婚時などに監護親側に譲渡することもあります。

この方法では、養育費を金銭で受領することになりませんが、母子側に住居費の負担がなくなりますので、生活が安定するメリットがあります。

ただし、監護親側に一定の安定した経済収入が必要になりますので、そのような条件にあるときには養育費の条件として選択肢の一つになります。

一括払いの養育費

夫婦の合意があれば、全期間分の養育費を一括して支払うこともできます。

計算根拠を記しておく

一括払いによる方法で養育費が支払われた後、その支払い時には予見できなかった事情の変更が起きたときは、養育費の見直しが必要となることもあります。

そのときに養育費の見直しを父母間で話し合う際、一括払いの養育費を計算した内訳が分からなければ、どのように養育費を変更したらよいか困ります。

例えば、養育費の支払対象となる期間が明確でければ、支払総額から月額を計算することができません。元の金額が分からなければ、過不足額も見えてきません。

また、進学時の費用などの特別費用が一括払いした額に含まれているのかも分からなければ、進学を理由に見直しをするときには困ります。

そのようなことから、一括払いによる養育費の条件を定めるときは、月額、支払対象の期間などの条件を、離婚 公正証書などに明記しておくことが大切になります。

変更しない旨の合意

離婚した後に事情の変更が生じると、原則として養育費の見直しを検討します。

子どもの事情によって養育費が不足すれば増額し、父母の収入バランスに大きな変化があれば、双方に公平になるように養育費を増減することになります。

ただし、養育費の一括払いで支払いをすべて終わりにすることに父母の合意があると、支払い後には養育費を変更または清算しないこともあります。

一括して養育費を支払う目的には、養育費の支払いを確実にするほか、離婚後には父母間で接触する機会を持たなくて済むこともあるためです。

そのようなことから、父母で合意した養育費の額を一括して支払う際には、その後には父母の間で連絡をとらない旨を合意することもあります。

父母の合意があっても将来に子どもの事情によって養育費が不足することが全く起きないとは言えないため、こうした合意に反対する意見もありますが、合意は有効に成立するとの考え方もあります。

月払いの養育費の支払継続率が極めて低い現状を踏まえますと、養育費の変更ができなくても、権利者としては一括払いで養育費を受領できるメリットは大きいと言えます。

税金に注意する

養育費、婚姻費用など生活費の分担金は、所得税など税金を控除された後の生活資金の配分であるため、原則として税金が課されません。

ただし、養育費などが必要な範囲内で支払われていることが非課税扱いとなることの前提となります。必要額を超えた金銭の受け取りは、課税を受けることになります。

養育費の一括払いは、その支払いが行なわれる時点において必要となっている金額を超える支払いが行なわれることから、課税対象になることがあると考えられています。

実際の課税に関する判断は課税側で行なうことになりますので、どこまでから課税を受けることになるのか線引きが分かりませんが、注意することが必要になります。

離婚公正証書サポートのお問合せ

あなたの大切な離婚公正証書の作成について、養育費などの各条件の定め方、ご不明なことのご質問などにお答えしながら、専門行政書士が完成まで丁寧にサポートさせていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『お一人だけでは負担が重いときには、サポートのご利用が助けになると思います。』

各サポートについてご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

離婚条件、金額等の具体的な定め方のご相談は、各サポートで対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

公正証書・示談書などの作成を専門とする行政書士事務所です。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合は24時間受付中です。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には随時対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(船橋シャポー側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所が遠い」という方にも、メール・お電話により、離婚公正証書・示談書の作成について丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>