離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

全国対応、メール・電話でも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時~21時(土日9時~17時)

ご依頼には、迅速に対応します。

船橋つかだ行政書士事務所

代表ごあいさつ

当サイトを運営管理する「船橋つかだ行政書士事務所」は、JR・京成・東武の船橋駅(千葉県)近くに事務所を設置しています。

一般の行政書士事務所では官公庁向け許認可申請をメイン業務としています。

船橋つかだ行政書士事務所は、家事分野(家族、男女関係などに関すること)を専門とする変わった行政書士事務所になります。

家事分野はデリケートな問題が多くあり、その対応には高い専門性が必要とされます。

そのため、事務所の開設時から一貫して、家事分野の専門事務所としての実績を積み重ねてきています。こうした実績をもとにして、ご利用者様に対しましては、できる限り質の高いサービスを提供させていただくことを目指しております。

離婚の公正証書

離婚契約は、夫婦として最後の約束になります。婚姻を終了することが決まってからの約束になりますので、あまり前向きに取り組める気持ちにはなれないかもしれません。

ただ、夫婦に子どものあるときには、子どもの親権をはじめとして、養育費や面会交流など、離婚してからの生活に関わる大事な約束となります。

また、婚姻期間中に購入した住宅があるときには、離婚後に住宅をどうするかについて住宅ローンの負担方法を含めて考えて決めなければなりません。

このような大事な離婚契約について、離婚届をするまでにしっかりと夫婦で話し合って決めておくことが望ましいことになります。

さらに、それを公正証書とするには、公正証書に関する基本的な知識を備えたうえで、離婚契約に関する手続をすすめていかなければなりません。

離婚までの短い期間に上記の手続きをお一人だけですすめることは大きな負担となり、また大事な公正証書契約をするには慎重に対応することが求められます。

このようなことから、当所のサポートをご利用いただくことで、これまでの離婚契約の実績で培ってきたノウハウがあなたのお役に立てることになるかもしれません。

もし、専門家に相談して離婚公正証書を作成することをお考えでしたら、ご利用につきまして、お気軽にご相談ください。

婚約破棄への対応

男女は、自分にないものが相手にあること見付け、そのことに魅力を感じます。

その一方で、相手が自分とは違う存在であり、その考え方や生き方にも違いのあることに、徐々に気が付いていくことになります。

このとき、一緒に生きていくことが難しいと感じることもあります。

あるいは、途中で、相手よりも大きな魅力を備えた異性に出会うこともあります。

あるいは、ある出来事をきっかけにして、相手に大きく失望することもあります。

このようなことから、一度は結婚することを約束した男女であっても、その約束を守れなくなることが現実には起きてしまうことがあります。

男女の別れは、結婚してからであっても、離婚という形により起きています。

結婚に夢抱く婚約時期の破たんであっても、心に痛手を負うことにかわりありません。

このとき、どのように対応するかは、あなた自身が決めることになります。

わたしたちには、「これから何をするか?」ということに、選択の自由があります。

選択できるということが、生きていることの証でもあります。

何か大事なことをしようと選択するとき、できるだけ自分の目的に向かって進んでいけるように、準備をすることが大切になります。

そのようなとき、できるだけ信頼できる人の考えを、参考にしたいと人は考えます。

あなたが、その「誰か」を探しているとき、当サイトに来られたのも運命と言えます。

よろしければ相談してみませんか?あなたの、お役に立てるかも知れません。

代表ごあいさつ

船橋つかだ行政書士事務所代表

代表者 塚田章
家事分野の専門行政書士
JADP認定上級心理カウンセラー

はじめまして、塚田章と申します。

わたくしは、家事分野の中でも、特に協議離婚における夫婦間契約を専門にしています。

男女が巡り合い、別れを経ることは、運命と言えます。一方で、このような男女の別れにおいても、法律上で整理しておくことが必要なことがあります。

婚約破棄は、結婚する前の男女間に起きる問題となりますが、離婚に関する問題とは共通する部分もあります。

これまでにも、離婚問題と同様に、婚約破棄についてのご相談を多く受けてきています。

婚約破棄を受けた方には、それぞれの悩みがあります。

そして、その悩みの決着を法律的な視点から行なうこともあります。婚約破棄について決着したときには、当事者間で合意書を作成して確認しておくことが必要となるケースもあります。

また、婚約破棄の原因に伴って慰謝料が発生するとき、あらかじめ、内容証明による通知書により相手方に慰謝料請求することもあります。

そして、双方で協議して整理すべき全ての事項に合意ができるときには、その内容について、きちんと示談書として作成しておくと、トラブル再燃の予防に有効です。

いま婚約破棄に直面されていて、まず何から始めたらよいのか分からないとき、ご相談してみてください。ご相談は、電話、メール、面談による方法がありますが、ご相談者様のご都合に合わせて対応させていただくことができます。

あなたのお役に立てるかもしれません。

代表者略歴

生命保険会社で、女性職員と生命保険営業の仕事をしていました。それは、ノルマが厳しいことが辛かったでしたが、皆と一緒に目標に向かって頑張る楽しい仕事でもあり、たくさんのことを学ぶことができました。(結局、楽しかった。)

その後、独立行政法人に移ることになり、今度は、法律関係の仕事をすることになりました。法律には大変興味がもてて面白かったのですが、今度は人と接する機会があまりありませんでした。(普通でした。)

そこで、それまでの営業と法律の仕事をやってきた経験をあわせて、しかも世の中に役立つ仕事として、現在の行政書士事務所をやっています。

お困りになってられる方のお役に立てたとき、素直に心から嬉しいと感じます。

あなたともご縁がありましたら、一緒に頑張りましょう。よろしく、お願いします。

婚約破棄の内容証明

婚約破棄の示談書

「起こったこと」の意味と捉え方

婚約者から婚約破棄を受けた側は、婚約をした際には想定もしていなかった婚約破棄の場面に、きっと辛い思いをされていることでしょう。

どうして、このような悲劇に出会うことになったのか、と思われます。

このようなことは、誰もが思われることでありますし、あなたの心に受けた傷が一日も早く癒えることをお祈りするばかりです。

ただ、気持ちが落ち着かれてきたら、次への切り替えが大切です。

現実に起こったことをどのように自分自身で捉え、そのあとの将来にどう生かしていくかにより、人生が大きく変わってきます。

良いことも「悪い」ことも、起きたことにはすべて意味があると言います。

つまり、それが起きた時点では「悪い」ということも、将来になれば「良かった」ことに転化するのです。

ただし、そうなるかどうかは、自分自身でそうできるかどうか、であると言えます。

婚約破棄に置き換えて考えてみますと、婚約破棄により大事な婚約者を失う辛さを味わうことになりますが、そのことも、その後において、さらに素晴らしいパートナーと出会うことができる過程に過ぎないかもしれません。

心の傷が深かった分だけ、新たな素晴らしいパートナーとの出会いは、人生とって最大のチャンスになり、それが人生の幸せにつながっていくと考えられます。

辛い悲劇だけが、あなたの人生に続くことはありません。将来にあるチャンスをつかんで幸せになるために、気持ちの切り替えが必要です。

そのためにも、あなた自身の決断によって、いま目の前にある問題を早期に決着すべく次の行動に移すことが大切であると考えます。

その行動は、これからの人生のチャンスに向けた新たなスタートになると考えます。

婚約破棄サポートに関するお問合せ

あなたの直面されている婚約破棄の問題について、当所サポートをご利用されることで対応をすすめていきたいとお考えであるとき、ご質問などありましたら、お電話またはメールでご照会ください。

離婚公正証書の専門事務所

『お一人だけでは負担が重いときには、サポートのご利用が助けになると思います。』

〔ご注意事項〕

慰謝料請求の可否の判断、婚約破棄のすすめ方についてのご質問だけのお電話には対応いたしておりません。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚公正証書の支援、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

弁護士ではなく行政書士事務所です。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合は24時間受付中です。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には随時対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(西武デパート側)

サンライズ船橋401号

1階にレストラン「Noi」が入るサンライズ船橋の401号です。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所が遠い」という方にも、メール・お電話により、離婚公正証書・示談書の作成について、丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>