離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

全国対応、メール・電話でも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時~21時(土日9時~17時)

ご依頼には、迅速に対応します。

高額な慰謝料請求を受けたとき

慰謝料を支払えない

不倫していた事実が交際相手の配偶者に発覚すると、その配偶者から慰謝料の支払いを請求されることが多くあります。請求慰謝料が高額であると、請求された側は慰謝料を支払えないこともあり、示談することが難しくなります。そのようなときは、請求者側に対して慰謝料の減額を申し出ることで、慰謝料額を調整することもあります。

高額な慰謝料請求

不倫関係の終焉は、ある日突然に訪れることがあります。

不倫をしているとき、交際相手の配偶者が不倫の事実を知ることになると、その配偶者から慰謝料請求書が内容証明郵便によって送付されたり、不倫問題を話し合うために電話連絡が入ったりすることになります。

不倫の慰謝料額は、一般に数十万円から300万円位までの範囲内で定められます。

不倫を理由とする慰謝料の額は、不倫のあった夫婦が離婚するか否かによって大きく違うほか、不倫の続いた期間などの他要素によっても違ってきます。

不倫による被害者となった側は、不倫で受けた精神的苦痛の大きさを踏まえ、請求する慰謝料額を考えることになります。

そうしたことから、請求する側が不倫によって受けた精神的苦痛が大きかったと考えれば、かなり高額な慰謝料を請求することも起こります。

高額な慰謝料を請求すること自体は、違法にはなりません。

そのため、高額な慰謝料請求を受けたときには、その対応に苦慮することになります。

不倫の慰謝料請求

請求された慰謝料を支払うことができないときは、減額を要求します。

減額を申し出る

慰謝料の請求を受けた側が不倫の事実を認めるときは、支払い慰謝料額に合意できるかどうかが示談の成立に向けた最大の調整ポイントになります。

不倫をした側は、止むを得ないと考えた慰謝料の額であれば、示談するために慰謝料を支払うことを考えるものです。

しかし、一般に考えられる慰謝料額からはかけ離れた高額な慰謝料であると、容易に支払いに応じられないことになります。

こうしたときは、慰謝料を支払う側は、請求者側に対して慰謝料の減額に応じるのであれば示談する旨を申し出ることになります。

そして、請求者側が減額の話し合いに応じるときは、双方で譲歩をしながら、合意できる慰謝料の額となるように調整していくことになります。

慰謝料の額に合意ができたときには、慰謝料 示談書を作成しておきます。

分割払い

慰謝料額が高額になってくるほどに、一括して慰謝料を支払うことが難しくなります。

支払い側の給与収入額が低くなくとも、十分な預貯金のないことも多く見られます。

そうしたとき、支払い側は、何回かに分割して慰謝料を支払うことで示談することを、請求者側と調整していくことになります。

慰謝料を受領する側は、慰謝料額を引き下げても一括払いを望むことがあります。

最終的には、双方で慰謝料の支払条件を調整して折り合いをつけるよりありません。

調整がつかない

当事者の間で慰謝料額について調整がつかないときは、弁護士を代理人として示談交渉する方法を検討したり、請求者側からの訴訟を受けて対応することになります。

訴訟による解決方法では弁護士費用の負担も大きくなることから、できれば代理人を含めて慰謝料の減額について調整をする方法が効率的であると言えます。

慰謝料請求・示談書サポートのお問合せ

不倫問題の解決に向けて配偶者の不倫相手との示談書を作成したいとお考えになられている方に、ご不安な点についてご相談しながら、専門行政書士が丁寧に示談書を作成させていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『ご相談を踏まえながら、丁寧に示談書を作成します。』

サポートについてのご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

示談書に定める条件などのご相談は、サポートにおいて対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

行政書士事務所になります。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合は24時間受付中です。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には随時対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(西武デパート側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所が遠い」という方にも、メール・お電話により、離婚公正証書・示談書の作成について丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>