離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書・請求書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

〔全国対応〕メール・電話だけでも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時から21時(土日9時から17時)

ご依頼に「迅速」対応します。

高額な慰謝料請求を受けたときなど

慰謝料を支払えない

交際相手の配偶者に不倫していた事実が発覚すると、その配偶者から慰謝料の支払いを請求されることがあります。請求された慰謝料の額が大きいと、慰謝料を支払えないこともあります。そうしたときは、請求者の側に対し、慰謝料の減額又は分割払いを希望することを申し出て、慰謝料の額又は支払い方法を調整することになります。

慰謝料を支払えないときに取るべき対応

不倫・浮気をして慰謝料請求を受けたとき、その慰謝料を支払えないこともあります。

そうしたとき、どうせ請求された慰謝料を支払えないからといって、不倫・浮気の問題に対応しないでいると、相手から慰謝料請求訴訟を起こされる可能性もあります。

そうなると、訴訟に対応するために弁護士を利用することで、結果的にお金を使うことになる恐れがあります。

ほんとうに慰謝料を支払えないときは、相手に対して事情を説明したうえで、減額又は分割払による対応を調整することになります。

高額な慰謝料を支払えない

不倫関係の終焉は、ある日突然に訪れることがあります。

不倫関係を続けている既婚の相手がいて、相手の配偶者が不倫の事実を知ることになると、その配偶者からは、内容証明郵便によって慰謝料請求書が届いたり、不倫問題を話し合うために電話で連絡が入ったりすることになります。

不倫 慰謝料の額は、一般に数十万円から300万円位までの範囲内で定められます。

不倫を理由とする慰謝料の額は、請求者側の夫婦が離婚になるか否かで大きく異なるほか、不倫関係の続いた期間の長短、当事者の資力などの各要素を踏まえて定めます。

ただし、現実には、不倫をされた側は、不倫で受けた精神的な苦痛の大きさを踏まえ、請求する慰謝料額を決めて、それを配偶者の不倫相手に請求することができます。

そのため、慰謝料を請求する側が不倫をされたことで受けた精神的な苦痛が大きかったと考えれば、かなり高額な慰謝料を請求することも起きてきます。

高い慰謝料額を請求すること自体は、法律上で問題になりません。

そうして高額な慰謝料請求を受けた側は、その対応方法に苦慮することになります。

不倫をした側も、不倫が発覚してしまったからには、その責任を取るために慰謝料を支払うことは仕方ないと考えるものです。

不倫トラブルを解決しないで放置することが良い結果になるとは通常は考えず、できるだけ早く解決できることを望むものです。

しかし、請求された慰謝料の額が高額となるときは、現実に慰謝料を支払う資金が不足することで、請求者の要望に応じられないこともあります。

ここでは、慰謝料を支払えないときにはどのように対応するかを考えてみます。

請求された慰謝料額を支払えない

請求された慰謝料を支払うことができないときは、減額を要求します。

高額になる理由

不倫問題の解決で支払われる大よその慰謝料額は、誰でもインターネット情報によって容易に知ることができます。

不倫の慰謝料額に幅はありますが、慰謝料請求を考える多くの方は高い額を望みます。

インターネット上で高額な慰謝料の支払われた事例を見れば、自分の場合にもそうした慰謝料が支払われることを期待するものです。

裁判外で解決することになれば、慰謝料の額は当事者間の合意によって定めますので、請求する側は強気に請求することが一般に見られます。

高い額を請求しない限りは実現する可能性はありませんので、請求してみなければ機会損失が生じてしまうと考える方があります。

また、訴訟するときは相当に高額となる慰謝料を請求することも普通になりますので、任意による解決を図るときも高額な慰謝料を請求することが行なわれています。

以上のようなことから、不倫相手に請求される慰謝料が高額になることによって、その請求を受けた側の対応を難しくしていることが現実にあります。

減額の希望を申し出る

不倫を理由に慰謝料請求を受けた側が不倫の事実を否定しないときは、不倫したことに対する損害賠償となる慰謝料の支払いが示談するときの一番のポイントになります。

請求者の側はできるだけ高い慰謝料額を希望し、支払う側はその反対に支払う慰謝料をできるだけ低く抑えたいと考えます。

こうしたことから、不倫問題の示談をすすめていく話し合いでは、双方の間で慰謝料の支払い額について調整することが必要になります。

不倫をした側は、止むを得ないと考えられる慰謝料額であり、それを支払うことが可能であれば、早く慰謝料を支払って示談したいと考えます。

しかし、相当に高額な慰謝料を請求されると、理屈の上でも又現実的にも、そうした慰謝料の支払に応じることができません。

こうしたとき、慰謝料を支払う側は、支払う意思のある慰謝料の額を請求者側に提示したうえで、慰謝料の減額を要望します。

請求する側が高い慰謝料額を請求してみなければ実現する可能性が無いのと同じく、慰謝料を支払う側も、慰謝料の減額を要望しない限り実現することはありません。

請求された額に関係なく、通常で考えられる不倫慰謝料の相場と支払い可能となる金額から、減額した場合の慰謝料額を相手に対して提示します。

そして、減額の要望を受けた側が減額することに応じる意向があれば、具体的な減額の幅を双方の間で調整して詰めていくことになります。

減額に関して調整がついたときは、慰謝料の支払いほかの示談条件を慰謝料 示談書に作成することで、示談を成立させます。

→慰謝料を減額したいとき

分割払いとする

慰謝料は高額になるほどに、それを一括して支払うことが難しくなります。

預貯金のない人も多くありますので、給与収入が高くても、慰謝料を支払う資金を直ぐに準備できないことは良く見られることです。

また、慰謝料の負担者が既婚者であるときは、たとえ本人名義の預貯金があっても自分の判断だけでは引出せない状況に在ることもあります。

慰謝料を支払う側が慰謝料を一括して支払うことができないときは、請求者の側は、慰謝料を減額しても一括払いを求めるか、又は分割払いを認めるかを検討します。

不倫を原因とする慰謝料の支払いは、損害賠償金である性格上から、当事者間で直ちに精算することが望ましいことです。

示談の成立した後も支払いを続けることは、双方にとって精神上で負担となります。

また、慰謝料の支払いを受け取る側は、確実に分割金による支払いを受けられる保証は何もありませんので、分割払いとすることは良い条件とは言えません。

そのため、慰謝料額を引き下げることを条件に一括払いを相手に求める人もあります。

しかし、それでも相手が一括して慰謝料を支払えないとき、又は慰謝料を減額したくないときは、分割払いを条件とすることで当事者間で合意します。

慰謝料の支払条件は、当事者の間で調整しながら折り合いをつけることになります。

→示談する内容を示談書に作成しておく方法

調整がつかないとき

当事者間の話し合いでは慰謝料の支払い条件について調整がつかないときは、慰謝料を請求する側から裁判所に慰謝料請求訴訟を起こすことになります。

訴訟をする前に民事調停を試す方法もありますが、任意の話し合いで調整がつかなかった問題が調停で決まる可能性は低いため、実際には訴訟へ移行することになります。

訴訟をすれば、裁判所が双方の主張を聞いたうえで、判断(判決)を示してくれます。

もし、自分の主張が正しければ、その主張に近い判決を得られることになります。

そして、判決が確定すれば、双方とも判決に従わなければなりません。

訴訟により解決することは明快な方法になりますが、当事者の双方ともに弁護士報酬を負担すること、そして解決までに時間を要することが訴訟のデメリットとなります。

そのため、多くの費用と時間をかけても、それを上回るだけの利益を得られる見込みのあるときに、訴訟による解決方法を検討します。

訴訟におけるデメリットを考慮すると、できる限り当事者間で任意の解決を図ることが経済的及び時間的の効率面で優れている方法になります。

また、訴訟をするためには自分の主張を裏付ける証拠資料が必要となります。そうした資料が十分に揃っていなければ、訴訟による方法で成果を得ることはできません。

双方の主張が余りに大きくかい離していなければ、双方とも、できるだけ譲歩をすることで落とし所を探していくことで、現実的な解決を図ります。

慰謝料請求・示談書サポートのお問合せ

不倫問題の解決に向けて配偶者の不倫相手との示談書を作成したいとお考えになられている方に、ご不安な点についてご相談しながら、専門行政書士が丁寧に示談書を作成させていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『ご相談を踏まえながら、丁寧に示談書を作成します。』

サポートについてのご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

示談書に定める条件などのご相談は、サポートにおいて対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

公正証書・示談書などの作成を専門とする行政書士事務所です。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合せは24時間受付中。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には至急対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(船橋シャポー側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所まで遠い」という方にも、メール・お電話で離婚公正証書・示談書の作成を丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>