離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

全国対応、メール・電話でも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時~21時(土日9時~17時)

ご依頼には、迅速に対応します。

慰謝料の支払

支払の条件

不倫の慰謝料は、一般に数十万から5百万円までの範囲で定められることになります。この高額な慰謝料をどのような条件で受け取るかということは、示談条件として中心部分になります。実際に受領できなければ、示談が成立しても仕方ありません。

直ちに受領する

不倫された側は、不倫の発覚時から不倫を原因として精神的苦痛を受けています。

そのため、精神的苦痛に対する慰謝料は、その請求があった後、直ちに全額を一括して支払われることが基本となります。

内容証明によって不倫相手に慰謝料を請求する際にも、一括払いを条件として請求することが基本形となります。はじめから分割払いを条件に請求することはありません。

不倫というトラブルが起きて当事者となった経緯からも、一括して慰謝料の支払いを完了させて、当事者としての関わりを終わりにすることも大切となります。

示談時の受け渡し

慰謝料を銀行口座に振り込んで支払うことも多いですが、示談するときに現金で慰謝料を支払うこともあります。

当事者同士が会ったうえで示談の条件を確認し、そこで慰謝料の支払いをすることは、双方の手続きが同時に完了することになり、双方にとって公平であると言えます。

このときには、あらかじめ示談書を用意しておき、慰謝料の支払条件などを双方で確認して、示談書に署名押印します。

現金での慰謝料支払時における示談書は、領収証の役割も兼ねることになります。

分割して支払う

不倫における話し合いでは、不倫した側が、慰謝料を支払うことを認めても、すぐには慰謝料を支払えないので、支払いを猶予して欲しいと申し出ることがあります。

こうしたとき、慰謝料を受け取る権利者側が認めれば、慰謝料を分割して支払うことを条件として示談を成立させることもあります。

慰謝料の支払義務者が、まだ若くて給与収入が高くないとき、またはパート勤務で一度に慰謝料を支払う収入がないときは、分割による示談となることが見られます。

書面での確認

分割金での支払いとなるときには、権利者側としては、完済までの期間を短く設定することに努めます。完済までの期間が長くなるほど、途中で分割金が支払われなくなってしまうリスクが高くなります。

分割払いとなるときでも、示談契約のときに一時金(ある程度まとまったお金)を入れるなど、残債を減らして支払い期間を短くするように努めます。

なお、慰謝料を分割払いにするときには、示談書を作成し、双方間で合意した慰謝料の支払い条件を明確に残しておくことが必要になります。

分割払いを避ける

支払い義務者側の資力が不十分なことから分割払いになると、支払い期間が長くなることが多くなり、義務者側にとっても、経済的または精神的に大きな負担となります。

示談後には当事者の関わりを断ちたいと考える方は、多少の無理をしても資金を集めて、慰謝料額を減額することと引き換えに一括払いにするケースもあります。

このような条件をはじめから慰謝料額の交渉に利用する方もありますが、最終的に一括払いで示談が成立すれば、双方にとって悪くない条件になると言えます。

銀行ローン

慰謝料額のすべてを現金で準備できなくても、安定した給与収入はあるため、分割金であれば十分に返済できるという方もあります。

こうしたとき、分割払い契約を示談当事者の間で結んで関わりを継続することを避け、慰謝料額を銀行のローンを利用して調達し、銀行に返済していく方法もあります。

銀行も資金貸出先の確保として個人向けローンに力を入れていますので、収入に応じて無担保で借り入れを行なうこともできます。

示談書作成サポートのお問合せ

不倫問題の解決に向けて配偶者の不倫相手との示談書を作成したいとお考えになられている方に、ご不安な点についてご相談しながら、専門行政書士が丁寧に示談書を作成させていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『ご相談を踏まえながら、丁寧に示談書を作成します。』

サポートについてのご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

示談書に定める条件などのご相談は、サポートにおいて対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚公正証書の支援、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

弁護士ではなく行政書士事務所です。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合は24時間受付中です。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には随時対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(西武デパート側)

サンライズ船橋401号

1階にレストラン「Noi」が入るサンライズ船橋の401号です。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所が遠い」という方にも、メール・お電話により、離婚公正証書・示談書の作成について、丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>