離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書・請求書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

全国対応、メール・電話でも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時~21時(土日9時~17時)

ご依頼には、迅速に対応します。

不倫問題の早期解決を考える

不倫慰謝料の基礎情報

不倫の事実が発覚すると、不倫をした側は、不倫により精神的に苦痛を受けた被害者の側から慰謝料請求を受けます。この不倫慰謝料は、夫婦が離婚するかどうかで金額が大きく異なり、夫婦仲の状況、不倫の期間、双方の経済力などを踏まえて、当事者の話し合いで支払条件が定められます。当事者の話し合いで不倫慰謝料を解決できなければ、訴訟による慰謝料請求が行なわれることもあります。

不倫をすれば慰謝料の支払い義務が生じます

不倫は、夫婦間の貞操義務に違反するものであり、配偶者からは背信行為と認められ、夫婦の共同生活を続けることを脅かします。

このことは、不倫(法律では「不貞行為(ふていこうい)」と言います)があると、裁判上で離婚請求ができることからも、その影響の重大さを理解できます。

不倫をした配偶者のほか、その不倫相手にも、不倫をしたことに「故意または過失」があれば、共同不法行為をしたことになり、その被害者に対し不倫慰謝料を支払う義務を負います。

不倫では財産上の損害が生じることは少なく、不倫をされた側が受ける精神的な苦痛に対する慰謝料を支払うことで解決が図られています。

不倫した配偶者への慰謝料請求

夫婦の間でも、不倫の慰謝料請求と支払いが行なわれることはあります。

ただし、不倫があっても離婚をしないで婚姻を続けていくことが夫婦の意向であれば、夫婦の間での不倫慰謝料の受渡しは、ほとんど行なわれません。

その理由は、婚姻中に夫婦間で慰謝料の支払いをすることは、同じ家計内のことであり意味がないと考えられるためです。

不倫が原因となって婚姻が破たんするときは、離婚にあたり夫婦で取り決める諸条件の一つとして、慰謝料の支払い条件を定めます。

このときの慰謝料は、離婚する条件全体の中で考えられます。

たとえば、夫婦の共有財産に住宅のあるときは、慰謝料の支払いを含めて住宅の財産分与を定めることもあります。

また、夫婦に子どもがあって養育費の支払いがあるときは、支払い義務者に離婚原因のあることを考慮して、通常より高い水準で養育費の支払条件を定めることもあります。

不倫相手へ慰謝料請求

配偶者の不倫相手に不法行為が成立するときは、不倫の被害者となる側は、不倫相手にも慰謝料請求ができます。

被害者の側から不倫相手に慰謝料請求することは、実際にも多く行なわれています。

ただし、不倫をされた側が婚姻の継続を選択すると、夫婦関係の修復を優先するため、不倫関係の解消を条件として不倫相手に慰謝料を請求しないことも少なくありません。

不倫相手に対する慰謝料請求では、婚姻継続の可否、不倫相手の資力などによって対応方法も異なります。

不倫と慰謝料の支払い(まとめ①)

  • 不倫をすることは、法律上では「不法行為(ふほうこうい)」となり、慰謝料を支払う義務を負います。
  • 不倫をした配偶者だけでなく、その不倫相手も、不倫の慰謝料を支払うことになります。
  • 不倫が原因で夫婦が離婚することになれば、離婚する条件の中で慰謝料の支払いが決められます。
  • 夫婦が離婚をしないときは、不倫相手へ慰謝料を請求しないこともあります。

不倫の慰謝料額はどう決める?

不倫が原因で支払われる慰謝料の額は、ほとんどが数十万円から3百万円ぐらいの範囲内で定められます。

ただし、慰謝料額には大きな幅がありますので、さらに高額の慰謝料が支払われることもあれば、まったく慰謝料の支払われないこともあります。

不倫によって被害者となる側が受けた精神的な苦痛を慰謝料に換算して評価することになりますので、各不倫ケースによって慰謝料の額は異なります。

不倫のあったときに夫婦仲がどうであったか、婚姻期間の長さ、不倫の継続した期間、双方の資力などが、慰謝料の額を決めるときに考慮されます。

一般には、不倫が原因で離婚になったときの慰謝料額は200万円から300万円の範囲が中心となり、特別なケースではさらに高くなります。

離婚まで至らないときは、数十万円から150万円の範囲内で定められ、高額になると200万から300万円にもなります。

慰謝料額を考える

当事者同士の話し合いでは

精神的苦痛の大きさは、財産上の損害と違って被害額を算出することが困難です。

そのため、慰謝料を請求する側が高額な慰謝料を求め、不倫をした相手がそれに応じれば、その慰謝料額で確定します。

反対に、被害者が慰謝料を請求しなければ、不倫をしても慰謝料の負担はありません。

双方が常識的に対応をするときは、一般的な範囲内の慰謝料の額で落ち着きます。

ただし、離婚になるにも関わらず低い慰謝料額であったり、離婚をしないのに高額な慰謝料に決まることも例外的に起きることがあります。

当事者の話し合いで不倫の慰謝料が決まるときは、こうした不合理なことも起きます。

裁判所では

当事者での話し合いで不倫慰謝料の支払いに合意が成立しないときは、不倫をされた側から裁判所に慰謝料請求訴訟が起こされます。

裁判所では、夫婦の婚姻期間・年齢・収入などのほか、不倫が起きたときの夫婦仲の状況や不倫が夫婦仲に及ぼした影響、不倫が開始された経緯、不倫の行なわれた状況、不倫相手の収入など、各不倫のケースごとの事情を踏まえて慰謝料額が定められます。

裁判所の出した判決が確定することで、慰謝料の支払い額も確定します。

不倫の慰謝料

不倫慰謝料の額は、意外に低い額となることもあれば、反対に相当に高額になることもあります。

不倫の慰謝料額(まとめ②)

  • ほとんどは数十万円から300万円ぐらいの範囲で、慰謝料の額が決められています。
  • 当事者同士の話し合いでは、一般の相場も考慮されますが、自由に決めることができます。
  • 裁判所では、慰謝料を評価する各要素を踏まえて、個別のケースごとに慰謝料の額を定めます。

不倫慰謝料の注意点など

不倫で慰謝料の支払義務が生じる理由、慰謝料の額などは上記のとおりになりますが、当事者間に慰謝料の支払い合意が成立するまでは調整が必要になります。

不倫問題は、当事者同士で慰謝料の支払い条件などを調整することが基本の形になり、上手く解決するためには慎重に手続をすすめなければなりません。

慰謝料請求する側が無理なことを相手に要求すれば、相手は話し合いに応じませんし、慰謝料請求された側が誠実に対応しなければ、裁判所での解決になります。

不倫の慰謝料は高額であり、当事者双方の思惑は違いますので、慰謝料の支払い条件を取り決めることは容易でないこともあります。

また、現実では理屈のとおりにならない理不尽なことも起きます。

こちらでは、不倫慰謝料について当事者間で円滑に整理するうえでの注意点などを、少し考えてみたいと思います。

実際のケースには個別の事情がありますので、実情にあわせて適切かつ柔軟に対応していくことが不倫慰謝料の解決には肝要となります。

必要となる情報を整理しておく

不倫が問題となったときの対応では、どのようにすればよいか迷うことから始まると言ってもよいかもしれません。

現状を把握して対応のポイントを整理したら、あとは当事者同士でやり取りします。

不倫は民法上の不法行為となることから、裁判所で解決することも可能ですが、裁判には高いコストを要するため、まずは自分で対応をすすめる方が多いです。

このときにスムーズに対応を進めるためには、必要となる正しい情報を得ておくことが大切なことになります。無知のままで対応を始めることは大変に危険なことです。

そして、相手に伝えて確認することを事前に整理しておき、いくつかの対応を想定しておくと安心して対応をすすめることができます。

過大な請求は失敗の原因に

社会的立場や信用を守ることを重視する人は、不倫トラブルを早く収拾したいと考え、通常の手順を踏んで対応をすれば、不倫慰謝料の問題はスムーズに解決します。

不倫をした側は、許容範囲内の慰謝料額であれば多少は高くてもすぐに支払いますし、慰謝料請求する側は、無理な慰謝料額を要求しないものです。

ところが、慰謝料を請求する側が、過大と言える不倫慰謝料の支払いを期待し、高額な慰謝料を要求することが見られます。

請求される側は、許容範囲を超える慰謝料額であると、さすがに応じられません。

相場的な慰謝料の額を提示しないと、当事者間で協議することを諦めて弁護士に代理交渉を委任したり、訴訟を受ける姿勢に転じることになります。

無理な要求を続けることで、示談できる折角の機会を自分で逃していることも見られることです。

決着した内容を確定する

不倫慰謝料の支払い合意を口頭確認のままにしておくと、後から合意が崩れたり、約束が守られないこともありますので、示談書を作成して合意内容を確認しておきます。

示談の成立から時間を空けずに示談書を交わせるよう、話し合うときに示談書を準備しておくと、タイミングを逃さずに示談書で条件などを確定させることがきます。

こうした示談書は不備があると後で問題が起きますので、正確な示談書を用意します。

なお、不倫のあった夫婦が婚姻を続けるときの示談では、不倫関係の解消を誓約する事項を含めて示談書を作成することになります。

代理人に委任すること

当事者同士での話し合いを望まない人は、はじめに内容証明郵便などを利用して自分の意思を相手に伝え、相手の意向を確認することが行なわれます。

上手くいけば、郵便による連絡のやり取りだけでも不倫慰謝料の問題が解決します。

しかし、郵便でやり取りをしてみたところ、双方の提案に大きなかい離のあるときは、解決の難航が予想されるため弁護士を代理人として対応を委任することもできます。

こうしたときは、最終的に裁判所で解決することもやむを得ないと考えるときです。

弁護士を代理人としたり、裁判での解決を行なうときには、弁護士報酬の負担が生じることになり、その金額を事前に知っておかなければなりません。

そして、委任した場合の結果見通しを立てたうえで選択することになります。

訴訟による慰謝料請求

当事者同士で不倫慰謝料の支払いに合意がととのわなければ、不倫の被害者側は、訴訟による方法で慰謝料請求をすることも検討します。

慰謝料の支払い、その額は、当事者双方の主張を聞いたうえで裁判所が判断します。

訴訟をするためには、不倫の事実を裁判官に説明できる証拠使用が必要になりますが、証拠資料を集めることは意外に容易なことではなく、調査会社を利用すれば高額な費用のかかることも多くあります。

さらに、訴訟手続きをすすめる中では、弁護士報酬の負担が生じてきます。

したがって、訴訟の方法を考えるときは、不倫の証拠資料が十分にあり、高い慰謝料の支払いが見込まれ、相手に十分な支払い能力のあることを確認します。

慰謝料請求・示談書サポートのお問合せ

不倫問題の解決に向けて配偶者の不倫相手との示談書を作成したいとお考えになられている方に、ご不安な点についてご相談しながら、専門行政書士が丁寧に示談書を作成させていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『ご相談を踏まえながら、丁寧に示談書を作成します。』

サポートについてのご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

示談書に定める条件などのご相談は、サポートにおいて対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

公正証書・示談書などの作成を専門とする行政書士事務所です。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合は24時間受付中です。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には随時対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(船橋シャポー側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所が遠い」という方にも、メール・お電話により、離婚公正証書・示談書の作成について丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>