離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

全国対応、メール・電話でも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時~21時(土日9時~17時)

ご依頼には、迅速に対応します。

不倫関係の解消時における金銭

手切れ金の話

男女が不倫関係を解消する時に、不倫をしていた当事者の一方側から他方側に手切れ金が支払われることがあります。法律で認められた権利に基づくお金の支払いではありませんが、当事者同士の話し合いによって、不倫関係を円満に解消することを目的として手切れ金は支払われます。

男女の法律

男女が、法律上の婚姻による夫婦であったり、婚姻の届出をしていなくても夫婦としての実体があるとき(内縁)は、その男女関係は法律上で保護を受けることになります。

たとえば、正当な理由もなく夫婦生活を一方的に放棄したり、一方側の暴力、不倫などによる行為が原因となって夫婦関係を解消するときは、夫婦生活を放棄をしたり関係が解消される原因をつくった側は、相手側に対して慰謝料を支払う義務が生じます。

また、将来に夫婦となる約束(婚約)をしている男女も、法律で保護されます。

何らの正当な理由もないままに婚約を一方的に破棄すると、婚約を破棄した側は相手側に対し慰謝料を支払う義務が生じます。

一方、一般にある男女の交際関係、また不倫関係については、その関係を一方的に解消しても、そのことが理由となって慰謝料が発生することは原則としてありません。

不倫関係にある男女は、配偶者に不倫をされている被害者側からすれば不法行為をしていることになりますので、法律で保護を受けることを期待することはできません。

もし、不倫関係にある男女の一方側から不倫関係の解消を求められても、それを防ぐことはできず、また、不倫関係の解消に伴って慰謝料が生じることもありません。

男女の手切れ金

きれいに別れるために手切れ金の支払いが行なわれることもあります。

不倫関係解消時の手切れ金

男女双方が不倫関係を解消したいと考えれば、そのまま不倫関係を解消することが可能になります。そのとき、何らの手続きも不要です。

しかし、一方側が不倫関係を解消することを望んでいても、それに他方側が反対して応じようとしないことも起きるのが、男女関係の難しいところです。

双方の気持ちのタイミングが揃わないことで、不倫関係の解消が円満に進まずにトラブルに発展してしまうと、男女が同じ職場や仕事上の関係者であるときは、そのことが仕事面に悪く影響することも懸念されます。

また、不倫の解消がすすまなくなることで、いずれ不倫の事実が既婚者側の家族に知れてしまう事態になることも懸念されます。

こうしたときには、お金を支払うことを条件にして、不倫関係の解消について双方が合意することがあります。

そのときに支払われるお金のことを、手切れ金ということがあります。

手切れ金は法律用語として使われず、また法律上での支払い根拠もありません。

あくまでも、不倫をしていた当事者同士がお金を支払うことについて任意に合意することで支払われるものが手切れ金となります。

こうして、不倫関係が解消されるときに、手切れ金が支払われることで、表面上では穏便な形によって男女の不倫関係を解消していることもあります。

男女間の話し合いで

不倫関係を解消する際に一方に手切れ金を請求することに法律上の根拠のないことは、上記の説明にあるとおりです。

そのため、不倫していた相手に手切れ金を要求するために裁判を起こしたり、弁護士に示談交渉を依頼することは難しいことになります。

男女間で話し合って合意が成立したときに、手切れ金が支払われることになります。

当事務所を利用されて手切れ金の支払いについて示談書を作成される方があります。

示談書の作成に際して事情をお伺いしますと、とくに当事者の間で揉めていることはなく、そのような合意ができたからと、淡々と手続きをされている印象があります。

また、交際期間も長くなっていることが共通しているように思います。そのような関係であったからこそ、関係の解消に際してお金を支払うことになるのでしょう。

例外となるケース

不倫関係にあった男女間では慰謝料の支払はありませんが、例外的に、不倫関係の解消に際して慰謝料の請求が認められることもあります。

既婚男性が女性に対し「今の妻とは離婚することになっており、必ず君と結婚する」という言葉を繰り返し述べることで男女関係を継続してきたような場合には、その関係解消時に女性側から貞操権を侵害したことに対する慰謝料が認められることがあります。

独身者であると騙されて男女関係を続けていたときにも、相手に対し慰謝料請求できる可能性があります。

「不倫関係を解消したいけれど、相手から手切れ金を受けとりたい。どのように手切れ金を請求したらよいですか?」という質問をいただくことがあります。

このような質問には、当所としてご返事することができません。当所としては、手切れ金の請求書を作成することはしておりません。

上記の説明にあるとおり、例外的な事情があるときを除いて、不倫関係の解消に当事者の間に慰謝料請求権は生じません。

手切れ金を請求するためには、当事者間で話し合うことが基本となります。

手切れ金が支払われているケースは、そのような不倫関係を続けてきたことに、何らかの事情又は背景があるものです。

なお、男女の間に手切れ金の合意ができているときには、金銭の支払いに際して示談書の作成サポートをご利用いただくことができます。

慰謝料請求・示談書作成サポートのお問合せ

不倫問題の解決に向けて配偶者の不倫相手との示談書を作成したいとお考えになられている方に、ご不安な点についてご相談しながら、専門行政書士が丁寧に示談書を作成させていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『ご相談を踏まえながら、丁寧に示談書を作成します。』

サポートについてのご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

示談書に定める条件などのご相談は、サポートにおいて対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

行政書士事務所になります。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合は24時間受付中です。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には随時対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(西武デパート側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所が遠い」という方にも、メール・お電話により、離婚公正証書・示談書の作成について丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>