離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書・請求書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

〔全国対応〕メール・電話だけでも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時から21時(土日9時から17時)

ご依頼に「迅速」対応します。

不倫をしたことの謝罪について

不倫の謝罪文は必要ですか?

配偶者に不倫をされたときは、配偶者からのほか、その不倫相手からも直接に謝罪を受けたいと考える方があります。これは、不倫で精神的苦痛を受けた被害者の心情として理解されます。そのとき、謝罪の方法として不倫相手に対し「謝罪文の提出」を求める方も見られます。しかし、このような手続きまで果たして必要なのでしょうか?また、謝罪文にはどのような意味があるのでしょうか?これらについて考えてみます。

謝罪文の意味

配偶者に不倫をされていた事実を初めて知ったときは、信頼していた配偶者に裏切られたことに悔しい気持ちを抱くと同時に、配偶者の不倫相手に対して嫌悪や怒りの感情を抱いてしまうことは止むを得ないことであると言えます。

さらに、配偶者の不倫相手が自分の友人、知人など既知の者であったときは、その者からも裏切られたことに対して大変に悔しい思いをします。

不倫の事実が発覚するまでは夫婦の関係が円満であったということも多く見られることであり、平穏な家庭を壊そうとした不倫の行為には厳しく対処したいと考えます。

不倫をしたのは配偶者とその不倫相手の二人ですが、不倫が発覚しても夫婦の話し合いによって婚姻を継続するとの結論になると、不倫の責任を配偶者に求めることができなくなり、実質上は不倫相手だけに対し責任を強く求めることが多くで見られます。

これは、婚姻生活を続けていく配偶者に厳しい対応をしてしまうと、不倫を原因として悪くなった夫婦の関係をさらに悪化させることになりかねないためです。

そうしたとき、不倫の被害者となった側は、不倫をされたことへの悔しい気持ちが不倫相手に向かうことになります。

不倫をすることは法律上で不法行為となりますので、不倫をした側には、不倫を原因とする被害者側の受けた精神的な苦痛に対して慰謝料を支払う義務が生じます。

この慰謝料は、不倫問題の解決に際して不倫相手に請求されるケースが多いです。

ただし、不倫の発覚後も婚姻を続けていくときは、不倫した当事者間のトラブルを回避することなどを目的として、不倫相手に慰謝料を請求しないこともあります。

婚姻を継続するときは、不倫関係を解消することのほか、夫婦の関係を修復することが優先事項となりますので、慰謝料の支払いをせずに、まず不倫相手に対して不倫関係を完全に解消することの誓約を要求することが多く見られます。

その際に、不倫関係解消の誓約と合わせて、謝罪文を提出することを不倫相手に対して要求する方があります。

謝罪文を受け取ることで示談が成立することはありませんが、夫婦関係の修復がうまく進まなかったときに、夫婦間の離婚協議で重要な資料として役立つ可能性もあります。

また、不倫をされた側としては、不倫相手に謝罪文を書かせることが不倫したことへのペナルティの一つになると考えることもあります。

ただし、不倫の問題を当事者間で解決する際に謝罪文は必要ではなく、原則は慰謝料の支払い、不倫関係解消の誓約によって解決が図られます。

謝罪文をどのように考えるかは、不倫をした側と不倫をされた側とで異なります。

特に謝罪文を要求された側は、謝罪文への対応には注意が必要になります。

不倫の謝罪文

不倫トラブルが起きると、その解決の過程において、謝罪文がとりあげられることもあります。

謝罪文を要求された側

不倫関係が発覚して、それを本人が事実であると認めると、不倫したことにどのような言い訳をしても、それが被害者の側には通用しないことが分かります。

できるだけ早期に当事者の間で不倫問題の解決を図りたいと考えるものです。

相手から謝罪文を出すことを要求されたら、それで済むのであれば謝罪文を書くことも止むを得ないと考えるかもしれません。

ただし、謝罪文を書いて相手に渡す前に、注意しておく点があります。

まず、謝罪文を提出しても、それだけでは不倫問題が解決したことにならない点です。

不倫問題の解決を確認するのであれば、相手からも解決を確認した旨(例えば、慰謝料の請求権は放棄するなど)を書面で取り付けておかなければなりません。

さらに、謝罪文の中で不倫したことに言い訳(不倫した相手から積極的に誘われて断れずに性的関係を持ったなどの事情)を述べると、相手の感情を損ねて反発される恐れがあります。

不倫の発覚で精神的に不安定な状態にある相手を刺激する言動は慎んで対応することが通常は求められます。

そうしたことを考えると、一方的に自分の非を認めるような、本意にそわない謝罪文を止む無く作成することになってしまいがちです。

また、不倫に関する詳細な事実を記載した内容を含む謝罪文を提出することになれば、その後に相手から不倫慰謝料を請求されたときに請求を回避できなくなります。

謝罪文は独立した書面となるため前後の事情が分からず、いったん相手に謝罪文を渡してしまうと、後で内容を取り消し又は修正することができません。

そして、不倫の起きた事情又は背景、謝罪文を作成した目的を置き去りにして、謝罪文が単独で相手の手元に残ることになります。

謝罪文を作成することで不倫問題を収束させる場合には、不倫問題の示談が成立するとタイミングで謝罪文を提出することになります。

そうせずに謝罪文だけを先に相手へ渡してしまうと、不倫慰謝料の請求から逃れることができなくなります。

慰謝料の額が折り合わないことも考えられますので、その解決は保証されていません。

もし、当事者間で慰謝料の協議が調わなかったときは、訴訟となる可能性もあります。

そのときには、相手の望む内容で仕方なく作成した謝罪文であっても、その内容を事実に反すると主張して取り消しをはかっても難しくなります。

謝罪文を要求する側

謝罪文を要求して受領する側は、不倫相手が不倫したことを反省して謝罪の意を表した書面を受け取ることで、不倫相手に対する感情面での怒りを収めることになります。

ただし、直接に当事者同士が面会して話し合う機会があれば、そのときに本人から言葉で謝罪を受けることになりますので、謝罪文は不要になります。

一方で、不倫の謝罪文は、不倫相手に対する慰謝料請求が訴訟の手続きに移行したり、不倫関係が解消されずに継続したときには、資料として役に立ちます。

ただし、不倫の事実を記した謝罪文を提出することは、作成者の側には心理的に重い負担が生じることとなります。

慣れない謝罪文を書く作業も大変ですが、何よりも、現在トラブルとなっている相手側に対し不倫した証拠を差し出すことに心理的に抵抗感を持ちます。

また、謝罪文の利用、保管については、受領者側に完全に委ねられることになります。謝罪文が流出することに不安を持つことは当然のことです。

万一、謝罪文又はその内容が第三者に漏洩したときは、謝罪文の作成者の社会的信用が大きく損なわれます。

また、婚姻していれば、家族へも深刻な影響を及ぼします。

このようなことから、謝罪文を書くにしても、慎重な人であれば、形式上は整っていて丁寧に謝罪している謝罪文に見えても、不倫の詳細な事実などに関する記載を欠いた内容の謝罪文になると思われます。

また、謝罪文を代行して作成する事業者もありますので、必ずしも本人自身で謝罪文を書くとは限りません。

他者の書いた謝罪文を受領するのであれば、謝罪文を受け取る意義も低くなります。

また、あまりに無理な要求をすると、謝罪文を渡すのであれば、訴訟によって解決した方が安心であるとの判断をしないとも限りません。

このようなことから、不倫相手に謝罪文を要求するかどうかは、不倫問題の状況を見たうえで適切に判断することになります。

当事務所の対応

謝罪文を被害者側に提出することは、上記のとおり、不倫問題を解決するときに条件の一つになることもあります。

一般的にあると言えませんが、不倫問題への対応を考えるときに、不倫された側からは相手に謝罪文を求めたい旨の話が出ることもあります。

慰謝料の支払いと不倫関係を解消する確認は、不倫問題の示談における中心的な条件になりますが、謝罪文はそうした条件とは異なる性質になります。

当事務所における不倫問題の対応では、ご依頼者様が強く希望しない限り、不倫相手から謝罪文を求めることをお勧めはしておりません。

示談する条件を当事者での話し合いで詰めていくなか、必要とは言えない要素を含めることについては、解決に向けた流れの中で支障になることも考えられるからです。

不倫について「謝罪を求めること」と「謝罪文の作成を求めること」は、近いことのようであって、実務上では大きく異なるものと考えます。

不倫をしたことで被害者側に生じた損害賠償は、金銭の支払いで慰藉されます。

不倫問題の解決を当事者の間で確認するときには、慰謝料 示談書が作成されることが一般的な手続きとなります。

示談書では、慰謝料を支払う前提として、不倫の事実を認め、被害者側に対し謝罪をすることが一般的な形となります。

その示談書における謝罪だけでも表明の方法として足りるのではないかと考えます。

慰謝料請求・示談書サポートのお問合せ

不倫問題の解決に向けて配偶者の不倫相手との示談書を作成したいとお考えになられている方に、ご不安な点についてご相談しながら、専門行政書士が丁寧に示談書を作成させていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『ご相談を踏まえながら、丁寧に示談書を作成します。』

サポートについてのご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

示談書に定める条件などのご相談は、サポートにおいて対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

公正証書・示談書などの作成を専門とする行政書士事務所です。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合せは24時間受付中。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には至急対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(船橋シャポー側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所まで遠い」という方にも、メール・お電話で離婚公正証書・示談書の作成を丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>