離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

全国対応、メール・電話でも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時~21時(土日9時~17時)

ご依頼には、迅速に対応します。

不倫の示談をするときの条件

謝罪文は必要?|不倫の解決

配偶者に不倫があったときは、その不倫相手から直接に謝罪をして欲しいと考えます。これは心情的には理解されます。でも、その方法として謝罪文を作成して提出することまでを不倫相手に求める方もあります。この手続きは、果たして必要なのでしょうか?

謝罪文の意味

配偶者に不倫をされていたことを初めて知ったときは、信頼をしていた配偶者に裏切られたことに悔しい気持ちを持つとともに、その不倫相手に対して嫌悪や怒りの感情を抱いてしまうことが普通であると言えます。

不倫が発覚するまでは夫婦関係が円満であったということも、珍しくありません。

そして、不倫が発覚しても、夫婦の話し合いによって婚姻を継続するという結論になると、不倫問題についての責任を配偶者に強く求めることができなくなり、不倫相手に対してすべての責任を求めることが見られます。

これからも婚姻生活を続けていく配偶者に厳しい対応をしてしまうと、不倫を原因として悪くなった夫婦関係をさらに悪化させることになるためです。

不倫が発覚しても婚姻を続けていくときは、不倫した当事者の間でトラブルに発展することになることを回避するため、不倫相手に慰謝料を請求しないこともあります。

ただし、そのときにも、不倫相手に対して不倫関係を完全に解消することの誓約を要求することが多く見られます。

その際に、不倫相手に対して謝罪文を提出することを要求する方があります。

謝罪文を受け取っても直ちに利用できるものではありませんが、不倫が原因となって婚姻の継続が難しくなったときに利用できる資料になることもあるかもしれません。

また、不倫相手にとって謝罪文を書くことがペナルティを課すことになるとの考え方もあるのかもしれません。

いずれにしまして、不倫が起きたからと言って、不倫相手からの謝罪文が必要になるということはありません。

不倫の謝罪文

不倫トラブルが起きると、その解決の過程において、謝罪文がとりあげられることもあります。

謝罪文を要求された側

不倫が発覚して、それが事実と認められると、どのような言い訳をしてみても、それが被害者側に対し通用しないことが見られます。

このようなときは、早期に当事者間で問題解決を図りたいと考えるものです。謝罪文を請求されたら、それに応えることもやむを得ないと思うかもしれません。

でも、謝罪文を提出しても、それだけで問題が完全に解決するわけではありません。

また、謝罪文の中で、不倫したことに言い訳(不倫した配偶者側から積極的に誘われてやむなく関係をもったなどの事情)を述べると、相手が感情的になって反発する恐れがあります。

そうなると、一方的に非を認めるような、本意にそわない謝罪文をやむなく作成することになってしまいがちです。

そして、不倫に関する詳細な事実関係を記載した内容を含む謝罪文を提出することになれば、相手側からの次の慰謝料請求に応じることになる流れへとつながります。

謝罪文は独立した書面となるため、いったん相手側に謝罪文を渡してしまうと、あとで内容を取り消したり修正することができません。

そして、真実、不倫が起きた事情又は背景、謝罪文を作成した目的を置き去りにして、謝罪文だけが単独で残ってしまう恐れがあります。

謝罪文を出すにしても、謝罪文を提出する望ましいタイミングは、不倫問題に関して最終的に示談が成立するときになります。

そうしなければ、不倫による慰謝料の支払い請求から逃れることができなくなり、慰謝料額が折り合わなければ、その解決が保証されるものでもありません。

もし、当事者間で慰謝料協議が調わなかったときには訴訟となります。

そのときになってから、仕方なく記載した謝罪文の内容を、ほんとうは真実ではないと取り消すことが難しくなることも踏まえておかなければなりません。

謝罪文を要求する側

謝罪文を受領する側は、不倫相手が不倫したことを反省し謝罪することを書面で受け取ることで、不倫相手に対する感情面での怒りを収めることになります。

ただし、直接に当事者同士が面会して話し合う機会があれば、そのときに本人から言葉で謝罪を受けることになりますので、謝罪文は不要になると言えます。

その一方、不倫の謝罪文は、不倫相手に対する慰謝料請求について訴訟に移行したり、不倫関係が解消されず継続したときの対応では、有効に利用できる資料となります。

不倫の事実などを記した謝罪文は、それを作成して提出する側には心理的な負担が重いものであると言えます。

慣れない謝罪文を書くことも大変でありますが、何よりも、いまトラブルとなっている相手側に対し不倫した証拠を差し出すことに心理的な抵抗感を持つことになります。

また、謝罪文の利用、保管については、受領者側に完全に委ねられることになります。その点に不安感を持つことは、誰であってもやむを得ないことであると言えます。

万一、謝罪文の内容などが第三者に漏洩したときは、謝罪文の作成者の社会的信用が大きく損なわれることも考えられます。

このようなことから、謝罪文を書くにしても、慎重な人であれば、形式上は整っていて丁寧に謝罪している謝罪文を書いても、詳細な不倫の事実など、自分にとって不利となる記載を欠く内容の謝罪文になると思われます。

このような謝罪文を受領するために、慰謝料請求などの不倫対応の話し合いに障害となるかもしれない謝罪文を不倫相手に要求するかどうかを、状況をよく見ながら適切に判断することになります。

当事務所では

謝罪文を被害者側に提出することは、上記のとおり、不倫問題を解決するときに条件の一つになることもあります。

一般にあるとまで言えませんが、不倫問題を話し合うなかでは、謝罪文を作成する話しが出てくることはあります。

慰謝料の支払と不倫関係を解消することの確認は、不倫問題の示談においては中心となる条件になりますが、謝罪文はそのような条件とはやや異なる性格のものです。

当事務所における不倫問題の対応では、ご依頼者様が強く希望しない限り、不倫相手から謝罪文を求めることをお勧めしておりません。

示談する条件を当事者での話し合いで詰めていくなか、必要とは言えない要素を含めることについては、解決に向けた流れの中で支障になることも考えられるからです。

不倫について謝罪を求めることと謝罪文を作成することは、近いことのようであって、実務上では大きく異なるものと考えます。

不倫をしたことで被害者側に生じた損害賠償は、慰謝料を支払うことで行ないます。

不倫問題の解決を当事者の間で確認するときには、慰謝料 示談書が作成されることが一般的な手続きとなります。

示談書では、慰謝料を支払う前提として、不倫の事実を認め、被害者側に対し謝罪をすることが一般的な形となります。

その示談書における謝罪の形でも、表明の方法として足りるのではないかと考えます。

慰謝料請求・示談書サポートのお問合せ

不倫問題の解決に向けて配偶者の不倫相手との示談書を作成したいとお考えになられている方に、ご不安な点についてご相談しながら、専門行政書士が丁寧に示談書を作成させていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『ご相談を踏まえながら、丁寧に示談書を作成します。』

サポートについてのご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

示談書に定める条件などのご相談は、サポートにおいて対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

行政書士事務所になります。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合は24時間受付中です。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には随時対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(西武デパート側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所が遠い」という方にも、メール・お電話により、離婚公正証書・示談書の作成について丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>