離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書・請求書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

〔全国対応〕メール・電話だけでも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時から21時(土日9時から17時)

ご依頼に「迅速」対応します。

目的に合った相談先を選ぶことが大切です

不倫問題の相談先

どのように不倫問題の対応をすすめていくことが適切な方法となるかは、ケースごとで異なります。いま抱えている不倫問題について相談したいと考えるとき、対応している段階、どのような解決を求めるかによって相談先も変わります。また、相談先によって不倫問題への対応についての考え方は異なりますので、自分の希望に合った方向で相談できる先を選ぶことにも注意します。

段階、目的に合わせて

配偶者の不倫を見つけたことで不倫問題に対応しなければならないとき、一人だけで不倫の問題すべてを解決することには、だれでも不安を持つのではないかと思います。

また、何とか自分で不倫問題への対応策を考えてみたものの、その方法策をすすめていくことで本当に大丈夫であるのか、初めての対応であることから、何となく確信を持てないものです。

そうしたときは、よほど自信のある方でもなければ、不倫問題に詳しい専門家に対応の方法について確認、相談をしたいと考えるものです。

個人にとって不倫は日常的に起こる問題ではないため、その相談先がどこであるのか、それさえ良く分からないというのが正直なところであるかもしれません。

専門家に相談をするにしても、双方の目的が合っていなければ上手く進みません。

通常範囲の不倫問題であれば、行政機関や警察に相談をする問題にはなりませんので、弁護士事務所、行政書士事務所、探偵社などの事業者に相談をすることになります。

各事業者ごとに提供しているサービスは違いますので、相談できる内容も異なります。

そのため、各事業者が提供するサービスにあった相談の内容になるかとの視点から相談先を探すことが、相談先の選択においては必要になります。

不倫問題の相談先はどこか?

不倫問題の相談先は、それぞれの目的に合わせた相談先を選ぶことが必要です。

初期段階における情報収集

配偶者の不倫が発覚して、又は不倫をしたことによる慰謝料の請求を受けて、これから不倫問題に対応していかなければならないときは、どこに相談するのでしょうか?

こうしたときは、まずはインターネットから一通りの不倫問題に関する基礎的な情報を収集することをお勧めし致します。

どちらかへ不倫問題への対応を相談するときにも、相談者が基礎的な知識を有しているか否かで、その相談によって得られる情報の量と質が大きく違っています。

何も調べずにゼロから専門家の説明を聞くことになると、それは相談ではなく、単に説明を受けるだけになります。

自分の考え方が何もなければ、実際の対応について相談することができません。

どのような対応をするかは、いくつもの選択肢から選ぶことになり、その選択は本人の判断となります。

つまり、専門家に話しを聞いても、その先には選択について判断をしなければなりませんが、基礎的な知識が不足していると、その相談にまで至ることができません。

また、相談先はほとんどが事業者になりますので、入口には無料相談の看板を掲げていても、その先では有料サービスの利用を勧められることもあります。

無料であるからと何も知らずに利用をすると、知識不足から過大な契約をしてしまい、その結果として大きな料金負担をする結果にもなりかねません。

良質な事業者を相談先にすれば、それほど心配することはありませんが、そうでなかったときには、後になってから失敗であったと後悔することになりかねません。

不倫の証拠を集めたいとき

配偶者に不倫の疑いがあっても、不倫の確信を持てる証拠のないことがあります。

ほぼ間違いなく不倫のあることが分かれば、確かな証拠資料がなくても、不倫について問いただされると、不倫の事実を認める配偶者、その不倫相手もあります。

ただし、不倫の慰謝料を請求するときは、不倫の事実と配偶者の不倫相手を特定しなければ、手続きをすすめることができません。

また、訴訟によって慰謝料請求をするときには、不倫の証拠が必要になります。

こうしたときには、探偵社などに証拠資料の収集について相談をすることになります。不倫の調査は、弁護士事務所又は行政書士事務所では行なっていません。

探偵社の利用には、総じて高い料金を負担することになりますので、事前によく相談をして、調査費用の見込み額を確かめておくことが必要になります。

また、不倫の調査は必ずしも直ぐに良い結果を得られるとは限りませんので、費用面で余裕を見ておかないと、不倫の証拠を押さえるまで出来ないこともあります。

夜も眠れないほど辛い

配偶者に不倫されると、裏切られたことの悔しさ、将来への不安感などから、どうしても精神的に不安定な状態となり、夜に眠れなくなるという方が多くあります。

自分の力で回復することもありますが、体調が悪くなってしまうこともあります。

こうしたときは、心療内科など専門の医師に相談をすることになります。

あまりに状態が悪化してしまうと、仕事、家事育児に影響が出てくることになり、通常の生活を続けることができなくなることもあります。

不倫問題が解決したときには通常の生活に戻れるように、早めに受診をして必要となる治療をしておくことが大切であると考えます。

慰謝料額の判断など

不倫を理由に請求する慰謝料について、いくら位が妥当であるか、悩む方があります。

不倫慰謝料の額は、被害者となる側の受けた精神的な苦痛に応じて定められます。

そのため、慰謝料額が妥当であるか否かを判断するのは、慰謝料を請求する側であると言えますが、請求される側の考える妥当な額と一致するばかりではありません。

当事者の間で慰謝料の額に調整がつかないときは、訴訟による方法で慰謝料を請求し、最終的に裁判所で判断をしてもらうことになります。

当事者間で不倫問題を決着させることができないときは、訴訟をしたときの判決の見通しがどうであるか、弁護士に相談をすることになります。

また、訴訟するために証拠資料が十分であるか、認められる慰謝料額などについても、あわせて弁護士に相談します。

このほか、不倫相手との慰謝料支払いなどの示談交渉を自分で行ないたくないときは、弁護士に代理交渉を依頼することもできますので、その相談もできます。

なお、弁護士事務所を利用する際には相当な費用負担が生じますので、あらかじめ費用の見込みについて確認しておくことが大切です。

示談交渉をしてみるとき

慰謝料の支払いを含めて不倫相手と交渉をするとき、弁護士へ依頼するまでもなく早期に不倫問題を決着させたいときは、自分で対応することになります。

意外に多くの方が、自分で不倫問題への対応をすすめて、不倫問題を解決しています。

そして、想定していた範囲内の条件で示談を成立させている方も多くあります。

このような示談の手続をすすめる過程で、慣れない作業となる慰謝料 示談書の作成は法律専門家に任せようという方もあります。

こうした示談書の作成については、行政書士に相談をすることができます。

また、示談交渉を始める前に慰謝料請求の意思表示をしておきたいとき、また、訴訟を検討する前に相手の反応を確かめておきたいときなどに、内容証明による慰謝料請求書の送付をすることが行なわれています。

このような慰謝料請求書の作成についても、行政書士に相談をすることができます。

無料相談の利用

不倫の慰謝料請求、減額交渉についての無料相談をしている弁護士も多くあります。

ただし、無料で相談に応じる背景には、相談によって有償サービスを利用してもらうことを期待していることがあります。

したがって、相談者側は、相談先の提供するサービスにあった相談内容となるかを踏まえて相談先を探し、相談することが求められると言えます。

相談先の提供サービスに関係しないことを教えてもらったり、単にアドバイスや情報を求めるだけに相談を利用すると、希望した相談を受けられないこともあります。

どのような情報も無料相談で入手できるものでないことを知っておく必要があります。

また、無料相談は有償サービスにつながることもあるために実施していますので、何度も無料相談を利用することで不倫問題への対応を行なうには無理もあります。

便利な無料相談でも、有効に利用するためには使い方に注意も必要になります。

専門家を利用するときに注意すること

不倫の対応について専門家を利用するときには注意しておくことがあります。

各専門家に不倫の対応について相談をすれば、具体的な対応方法を提案してくれると思います。それは、専門家の「仕事(商売)」であるからです。

ただし、専門家から提案された対応方法があることを知ったうえで、その対応を決めるのはあなた自身になります。

専門家にも不倫対応への考え方に違いがありますので、同じ案件について相談をしても、専門家によって回答は異なります。

つまり、依頼をしたときには専門家によって対応方針が異なることになります。

専門家の対応が自分の希望と異なることで、せっかく費用を負担して依頼したにも関わらず、納得のいく結果にならないこともあるのです。

専門家から言われたこと自体は間違っていなくても、それがあなたにとってベストな選択であるかは別の問題になります。

そうした観点から相談の結果を受けて実際に行なう対応を検討すると、違った見方のできることもあるかもしれません。

慰謝料請求・示談書サポートのお問合せ

不倫問題の解決に向けて配偶者の不倫相手との示談書を作成したいとお考えになられている方に、ご不安な点についてご相談しながら、専門行政書士が丁寧に示談書を作成させていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『ご相談を踏まえながら、丁寧に示談書を作成します。』

サポートについてのご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

示談書に定める条件などのご相談は、サポートにおいて対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

公正証書・示談書などの作成を専門とする行政書士事務所です。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合せは24時間受付中。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には至急対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(船橋シャポー側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所まで遠い」という方にも、メール・お電話で離婚公正証書・示談書の作成を丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>