離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書・請求書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

〔全国対応〕メール・電話だけでも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時から21時(土日9時から17時)

ご依頼に「迅速」対応します。

不倫問題で行政書士を利用するとき

不倫対応と行政書士

不倫問題における対応では、法律専門家を利用して解決を図っていくことができます。利用目的に応じて専門家を使い分けることになりますが、不倫に伴う慰謝料の請求書、不倫問題の解決を確認する示談書の各作成では、行政書士が利用されています。行政書士は利用における敷居が低く、利用料金も低廉であることから、裁判所を利用せずに不倫問題を穏便に解決したいと考える方に利用されています。

不倫対応における行政書士の利用

不倫問題に対応しなければならない場面は、誰でも人生において何度もありません。

そのため、不倫問題に直面する方のほとんどが、初めての対応となります。

不倫の問題は、夫婦の関係に重大な影響があるほか、示談する当事者の間で支払われる不倫慰謝料は大変に高額となることも特徴の一つになります。

不倫をした側にとって不倫慰謝料の支払い負担は重いものとなり、不倫をされた側は、夫婦関係に大きな影響を受けて離婚を考えることにもなります。

不倫は法律上では不法行為に当たることから、不倫の問題を整理するためには法律上の観点から整理することも必要になります。

また、不倫問題は社会的にネガティブに捉えられることから、当事者としては、当事者の間だけで穏便に早く不倫問題を解決したいと考える傾向が強く見られます。

このような不倫問題への対応をすすめるときは、一人だけでは心配になることもあり、不倫問題の専門家を利用する方も多くあります。

不倫問題の対応における専門家としては、一般に弁護士が考えられます。

弁護士は、法律紛争(争いが起きている状態にある問題)において、当事者の代理人として相手となる側と示談交渉することができます。

また、当事者の間による話し合いで解決が図られないときは、最終的に訴訟をすることで裁判官の判断を求めることもできます。

このような弁護士を利用して不倫問題の解決を目指すことは、すべての手続きを弁護士に任せることができ、本人の対応における精神的な負担も軽減されることになります。

ただし、すべての手続きを弁護士に任せると、報酬の負担も重くなります。

一方で行政書士も、不倫問題における対応で利用されています。

行政書士は、裁判所の事務手続は扱うことができず、また法律紛争における示談交渉をすることができません。

その代わり、依頼者の代理人として不倫対応の書面を作成することができます。

例えば、不倫慰謝料について内容証明郵便による慰謝料請求書を作成し送付すること、不倫問題の解決時に使用される慰謝料  示談書を作成することができます。

また、行政書士の業務は書面作成に限られることから、一般には誰でも利用しやすい低廉な利用料金であることが特徴の一つになります。

当事者の間で不倫問題の解決が見えるときには、行政書士に書面の作成を依頼して、そこで相談しながら対応をすすめていくけば十分であることも多くあります。

実際にも、不倫問題で訴訟をする方は少なく、ほとんどが任意に解決しています。

もし、上手く手続きがすすまなかったときは、そのときになってから弁護士に訴訟手続などの事務を委任することもできます。

不倫対応における行政書士の利用

利用しやすい料金も、行政書士が不倫問題で利用される理由の一つです。

行政書士にも専門分野があります

行政書士は、官公署に対する許認可申請の書類から一般的な契約書の作成に至るまで、幅広い業務を対象として仕事をすることが認められています。

ただし、すべての業務に対応する行政書士は存在しません。行政書士のそれぞれには、それぞれ専門とする分野があります。

各業務には関連する法律、政令等がありますが、それらの法令は常に改正などが行なわれていくことから、複数分野の法令の最新情報を維持することには限界があります。

そのため、行政書士は自分が得意とする専門分野を設け、その業務を中心にして仕事をしているのが実態になります。

不倫問題の対応で作成される示談書は、官公署への申請書類とは全く異なります。

行政書士に不倫対応の事務手続きを依頼するときには、不倫問題を専門として実績のある行政書士を選ぶことになります。

どの行政書士に依頼をするか探すときは、その行政書士のホームページを見ることで、不倫問題の専門であるかどうかを大よそ判断することができます。

行政書士の不倫対応への視点

行政書士は訴訟又は示談交渉をすることが認められていませんので、不倫問題に関しては書面作成を行なうことでご利用者の方をバックアップします。

不倫問題の対応に行政書士を選んでご利用される方は、ほとんどが訴訟によらずに不倫問題を解決したいと考えている方になります。

不倫の問題が大きくなることを嫌う方は、とにかく穏便に解決することを望みます。

もし、訴訟で対応したいと考える方は、始めから弁護士事務所を訪問します。

行政書士はご利用者の方の要望を踏まえて対応することはもちろんですが、行政書士自身が訴訟に対応することができないため、裁判外での解決を目指すことになります。

一方で弁護士は訴訟することを解決の手段として選択肢に持っていることから、訴訟することも見据えて対応することになります。

この点が、行政書士と弁護士の対応における視点の違いになると考えます。

この様な違いは不倫された側からの慰謝料請求における請求額にも現れて見られます。

行政書士は当事者間での任意解決をできるように相手が対応できないほど高額な慰謝料ではなく、現実に対応を見込める額を始めから請求することが見られます。

もちろん慰謝料の請求額はご利用者の方が決められることですが、行政書士と相談すると、無理のない相場的な請求額に落ち着くことが多いと言えます。

この背景としては、行政書士は成功報酬制によって業務を受任しないため、あえて高額な慰謝料を請求する必要性がないという事情もあります。

このように、行政書士は穏便な解決を目指すことがあるように考えます。

※上記は個人的な見解であり、すべての行政書士に当てはまるものではありません。

料金体系の特徴

法律専門家の料金設定は、制約が無く各事務所ごとに自由に定めることができます。

近年は自由競争の高まりから、様々な料金設定も行なわれますので、料金体系について一概に語ることは難しくなっています。

それでも、大まかな料金体系の傾向としては、弁護士が成功報酬型であるのに対して、行政書士は定額制であることが見られます。

その理由は、弁護士は紛争案件に対応して結果を出すことが仕事であり、行政書士は書面を作成することが仕事になることの違いにあります。

不倫問題では、弁護士は慰謝料の額(獲得額又は減額幅)に応じて報酬(通常は始めに着手金も生じます)が決まります。

行政書士は書面の作成で報酬を受け取りますので、基本は定額であり、あらかじめ委任契約時に表示された金額となります。

実際の利用料金は、各事務所で異なりますが行政書士の料金は数万円程度になります。

当事務所での不倫対応

不倫問題についてのサポートは、当事務所でもご用意しています。

不倫をされたことで慰謝料を請求する手続と、不倫問題について双方で解決するための示談書を作成するサポートがあります。

慰謝料請求は、一般にも利用される内容証明郵便で作成と発送を行ないます。ご依頼をいただけますと、早ければ翌日にも発送することが可能です。

→不倫慰謝料の内容証明郵便による請求書の作成サポート

また、当事者で話し合いができるときは、示談書によって不倫の慰謝料の支払い、不倫関係の解消を、それぞれ確認して不倫の問題を完全に収束させます。

→不倫慰謝料の示談書の作成サポート

どちらのサポートも、メール又は電話だけで利用することができますので、全国のどちらからでもご利用をいただくことができます。

ご利用に関してのご相談がありましたら、メール又はお電話でお問合せください。

慰謝料請求・示談書サポートのお問合せ

不倫問題の解決に向けて配偶者の不倫相手との示談書を作成したいとお考えになられている方に、ご不安な点についてご相談しながら、専門行政書士が丁寧に示談書を作成させていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『ご相談を踏まえながら、丁寧に示談書を作成します。』

サポートについてのご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

示談書に定める条件などのご相談は、サポートにおいて対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

公正証書・示談書などの作成を専門とする行政書士事務所です。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合せは24時間受付中。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には至急対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(船橋シャポー側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所まで遠い」という方にも、メール・お電話で離婚公正証書・示談書の作成を丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>