離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書・請求書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

〔全国対応〕メール・電話だけでも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時から21時(土日9時から17時)

ご依頼に「迅速」対応します。

婚約破棄についてのご質問例

婚約破棄、慰謝料に関する質問

婚約相手から突然に婚約破棄を伝えられた側にとっては、その婚約破棄の通知に対してどのようにして対処したらよいか分からないものです。

そのようなときは、現状についてなるべく落ち着いて考えることが大切です。

そのうえで、婚約相手から婚約破棄の通知を受けたことについて、法律上ではどのように捉えられることになるか、専門家へも相談しながら整理していくことになります。

こちらのページでは、これまでにご利用者の方からご相談いただいた婚約破棄の対応についてのご質問の中で、代表的なものをご紹介させていただきます。

よくあるご質問

婚約破棄(慰謝料)についていただくご質問の一部を、ご紹介させていただきます。

こちらの記載に関しては十分に注意を払っておりますが、記載されている内容を保証するものではないことにご注意ねがいます。

また、直面されたケースには当てはまらないこと、こちらの記載と違った見解のあることをご承知いただいたうえでご覧いただけますようお願いします。

上記のご質問例だけでは、ご自分の婚約破棄の事例に当てはまるか、どのように対応したら良いか分からないこともあると思います。

実際の対応では、典型的な事例をそのまま当てはめられることはありません。

婚約破棄の各ケースでは状況が同じことはありませんし、微妙な部分になると、個人の認識などによる差異が生じます。

また、人間同士のことであるため、理屈どおりにいかないことが多くあります。

特に男女の関係では、双方の感情的な要素が強く反映します。そのようなこともあり、第三者が事実を把握することは容易なことではありません。

上記に挙げられる質問例は、今後の対応を考えていくうえでの基礎的な知識として参考にしていただくものに過ぎません。

あなたが、実際に置かれている状況、どのような解決を希望されているのかによって、婚約破棄へ向けた対処の方法も違ってきます。

法律云々というより、気持ちのうえで納得できる対応案であるかどうかも、婚約破棄の問題を解決するときには重要な要素になります。

婚約破棄という事実のとらえ方は、本人と他者では大きな違いがあります。

婚約破棄の慰謝料額を本人が一千万円が妥当であると考えられたとしても、それを誰も否定することはできません。

一方で、慰謝料は一切いらないので謝罪だけが欲しい、ということもあります。

そうしたときは、慰謝料の相場だけにとらわれて解決を目指しても、その方法で本人の気持ちが納得できなくては最終的な問題の解決に至らないことになります。

当事務所で婚約破棄慰謝料の請求に関して成功報酬を頂かない契約としている理由は、上記のことにもあります。

高い慰謝料額の獲得を一番目の目的としてしまうと、当事者の間での解決を難しくしてしまうことがあります。問題解決の本質を見誤らないことが大切になります。

もちろん、ご依頼者の方が高い慰謝料を希望されるときには、そうしたご希望にお応えしたいと考えます。

また、当事者の間で話し合うことが難しい状況にあり、訴訟で請求した方が適当であると思われる場合は、そのようにお話をさせていただきます。

もし、婚約破棄の対応に専門家のサポートが必要であるとお考えであり、ご利用の手続きに関してご不明な点がありましたら、お電話又はメールにて、ご照会ください。

なお、婚約破棄の対応相談は、有償サポートの対象となります。

行政書士事務所内

婚約破棄を理由とした慰謝料請求サポートに対応している行政書士事務所になります。

婚約破棄の専門行政書士事務所

ごあいさつ・略歴など

婚約破棄、離婚など家事分野の専門
特定行政書士
日本カウンセリング学会所属
JADP認定上級心理カウンセラー
年間300件を超える離婚相談に対応
離婚等の契約書作成実績多数

婚約破棄慰謝料請求でお悩みの方へ

あなたが直面されている婚約破棄について、これから、どのように対応すべきか考えるときに、まず、婚約破棄に関しての法的知識を事前に調べておくことは大切な事です。

どこまでお役に立てるものか分かりませんが、当サイトが少しでもあなた婚約破棄の問題解決に向けてお役に立てれば幸いです。

もし、婚約破棄慰謝料の請求、示談書の作成などを具体的にお考えでしたら、サポートのご利用につきましてご照会ください。

お電話による婚約破棄、慰謝料についてのお問い合わせ


047-407-0991

お電話によるお問い合わせにつきましては、下記の時間内に受け付けています。

万一、通話中であるときは、恐れ入りますが時間を置いてお掛け直し願います。

受付時間
9-17時
17-21時
休業日:祝日、年末年始、遠方出張日など

メールでのご相談、お問い合わせは、下記のバナーをクリックいただきますようお願いします。こちらは24時間受信可能ですので、基本的に、翌日中にご返事をさせていただきます。
お客様のご利用されているスマートフォンなどが固定パソコンからの受信を制限している場合には、当方からご返事させていただくメールを受信されることができません。あらかじめ、受信制限について解除をお願い致します。

婚約破棄のご相談についてのお願い

婚約破棄の慰謝料を請求したいとお考えになられている方へ、サポートのご利用についてのお問合せに対応させていただきます。

協議離婚、婚約破棄など家事分野の専門行政書士事務所としてこれまでに集積してきた事例などが、あなたの問題解決にお役に立てれば幸いであると考えております。

ただし、調停又は訴訟などの裁判所での手続に関するご照会につきましては、行政書士事務所の職務として対応外となっています。

「裁判した場合にはどうなるの?」「婚約破棄の証拠は何があれば大丈夫ですか?」「どうしたら、交渉を有利に進められる?」とのご質問には返事を致しかねます。

また、婚約破棄についての判断、解釈、説明に関するお問合せはご遠慮ください。

婚約破棄サポートに関するお問合せ

直面されている婚約破棄の問題について、当所サポートをご利用されることで対応をすすめていきたいときは、お電話又はメールでご照会ください。

離婚公正証書の専門事務所

『お一人だけでは負担が重いときには、サポートのご利用が助けになると思います。』

〔ご注意事項〕

慰謝料等請求の可否についての判断、請求金額、対応のすすめ方に関するご質問だけのお電話は、ご遠慮いただけますようお願いします。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

公正証書・示談書などの作成を専門とする行政書士事務所です。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合せは24時間受付中。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には至急対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(船橋シャポー側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所まで遠い」という方にも、メール・お電話で離婚公正証書・示談書の作成を丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>