離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

全国対応、メール・電話でも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時~21時(土日9時~17時)

ご依頼には、迅速に対応します。

示談書(合意書)、内容証明による慰謝料請求

婚約破棄の手続サポート

内容証明を作成するだけでしたら、どちらへご依頼されても同じかもしれません。

しかし、婚約破棄の慰謝料請求を内容証明により行なうには、そもそも婚約とは何であり、婚約破棄により慰謝料が発生する要件とは何であるのか、そのことを全て理解していなくてはなりません。確かな基礎的知識を欠いたままで相手側へ内容証明による慰謝料請求書を送付しても、かえってトラブルになってしまう心配もあります。

また、婚約破棄の解決について合意できた内容を整理する示談書、合意書についても、注意すべき点を押さえて作成することが大切になります。

弊所は婚約破棄、協議離婚など家事分野が専門の行政書士事務所です。あなたの置かれた状況を詳しくお伺いさせていただきまして、適切なサポートをさせていただきます。

お選びになられるのは、貴方です。

身近な行政書士による親身なサポート

リーズナブル料金×丁寧なサポート

大きな痛手を受けられているあなたの婚約破棄の問題につきまして、婚約破棄など家事分野を専門とする行政書士が、親身に丁寧なサポートをさせていただきます。

まずは、あなたの婚約破棄にかかる状況につきまして、お聞かせください。

婚約破棄慰謝料の請求サポート

専門行政書士が、婚約破棄にかかる慰謝料請求、示談書合意書の作成サポートをいたします。

当所サポートの“違い

当所は「他とは違うサービス」で、あなたの婚約破棄に関する慰謝料請求、そのあとの整理(示談書の作成)について、親身に丁寧なサポートをさせていただきます。

サポートの3つの特徴

いつでも相談×迅速な対応

平日は夜9時まで、土日も休まず営業しています。そのため、いつでも電話連絡がとれ、メール連絡にも迅速対応です。

相手との協議に空白期間を入れることなく、必要となる書面の作成にスピィーディーな対応をさせていただきます。

この安心サポート体制が、ご依頼者の方から高い評価を受けています。

シンプル料金

シンプルで明瞭な料金設定です。

難易度、作成枚数による加算料金や成功報酬も一切ありません。内容証明の作成サポートでは、送付に要する実費分まで全てご利用料金に含まれます。

ご依頼者様は、料金表どおりの金額で安心してサポートをお受けになれます。

成功報酬ゼロ

婚約破棄の慰謝料請求による成功報酬は、必要ありません。

慰謝料請求にかかる成功報酬は、弁護士事務所だけではなく行政書士事務所でも多くみられる契約条件となっています。

弊所では成功報酬が必要ありませんので、相手から支払われる慰謝料は貴方がすべて受領いただくことになります。

 

【成功報酬について】

  • 法律事務所を通じて慰謝料請求を行なう場合は、相手側から支払われた慰謝料に対して、成功報酬が発生することが前提となる契約が一般的です。
  • 行政書士事務所でも、成功報酬型の利用料金を設定する事務所が多くあります。弊所においては、婚約破棄の慰謝料の多くが数十万円から100万円以内であることから、成功報酬をいただくようにしておりません。

サポート料金|婚約破棄の慰謝料請求・示談書

書面作成の料金に、ご相談対応も含めましたパッケージ料金としております。さらに、書面作成の難易度などによる割増し・加算料金もありません。

そのため、下記のご利用料金表で定める料金でご契約をいただけましたら、最後まで変わらぬ料金で、安心してご利用いただくことができます。

(1)慰謝料請求 
内容証明の作成・送付3万4000円
成功報酬0円
内容証明(2回目以降)*オプション+9000円/回
通知書等(2回目以降)*オプション+9000円/回
相談料(サポート期間中)0円
(2)合意事項の取りまとめ 
示談書・合意書の作成3万8000円
締結時の立会人*オプション+5000円(当事務所・一時間内)
公正証書とするサポート*オプション+2万円
相談料(サポート期間中)0円
説明事項
  • 上記サポートには、相談料も含まれています。
  • 内容証明料金には、郵送実費も含まれています。
  • 公正証書の作成にかかる公証役場への実費は、ご負担願います。
サポート内容[内容証明の作成・送付]
  • 婚約破棄の状況、慰謝料請求についてヒヤリング
  • 内容証明の作成、郵便局での発送手続き
  • 内容証明の到達確認の連絡
  • 上記にかかるご相談
サポート内容[示談書・合意書の作成]
  • 婚約破棄の状況、示談条件についてヒヤリング
  • 示談書の作成
  • 上記にかかるご相談
  • (オプション)示談書などの締結時の立会人になります。示談書に、立会人として署名、押印します。
  • (オプション)公正証書とする場合、公証役場と調整して、示談書とするように代理人として手続きをおこないます。
示談書の公正証書化サポート

公正証書契約による示談書の作成も行なわれています。示談書における慰謝料金額が大きく、分割払いになるような場合です。

公正証書契約は、執行証書としての機能を生かすよう作成することが重要になります。つまり、双方で合意する段階で正しく条件を決めておかなければ、公正証書にする意味がなくなることもありますので、注意が必要です。

当事務所は、離婚専門事務所として、離婚契約などによる公正証書契約には、通常の行政書士事務所にはない多数の実績を有します。

公正証書サポートは、示談(合意)書作成のオプションになります。お客様がお手持ちの示談書を公正証書とするサポートは取り扱っていません。

もし、公正証書とすることを前提にして合意書の作成をされるのであれば、あらかじめご相談ください。

公正証書がいいの?

お支払い方法

ご利用料金のお支払いは、すべて前金制とさせていただいております。

次の方法から、ご利用料金をお支払いただくことができます。

  1. 銀行口座への振込
  2. クレジットカード「PayPal」によるPC・スマホへのメール請求決済
  3. 現金持参払い

ご契約、お申し込み後、速やかに料金についてお支払いただきます。お振込先については、ご契約時にご案内をさせていただきます。

クレジットカードによるお支払いは、お客様がお持ちのpc、スマホのメールアドレスにメール請求書をお送りさせていただきます。お客様は、ご案内のメールからペイパルにアクセスいただき、クレジットカードでのお支払い手続きをいただきます。

*「PayPal」は世界中で利用されているメールによるクレジットカード決済です。

ソリューション画像

サポートの流れ

お問合せ・ご相談から、サポート開始、解決までの流れを、簡単にご説明します。

お問合せ・事前のご相談(無料)

婚約破棄についての慰謝料請求、示談書の作成による整理など、ご心配の解消に向けて、ご相談に対応させていただきます。

平日は夜9時まで、土日も営業しておりますので、ご都合の良いお時間に、ご相談いただくことができます。(お電話、メール、面談による対応)

お申込み・料金お支払い

サポートをご希望の方は、お電話、メールから、お申込みいただけます。

契約内容についてご了解いただいた後に、料金をお支払いいただきます。料金のお支払い方法は、①銀行振り込み、②ご持参払い、③クレジットカード払い、からお選びいただけます。

詳しいヒヤリング・対応への協議確認

ご依頼者の方の詳しい状況につきましてお話をお聞きします。そのうえで、具体的な対応につきまして、確認させていただきます。

慰謝料請求の内容証明作成

ご依頼者の方とのお打合せ結果に基づいて、内容証明の作成を進めます。

ご依頼者さまによる確認

内容証明の案について、ご依頼者の方へご確認いただきます。

修正・再確認の繰り返し

ご依頼者の方からの修正要望につきましては、ご納得いくまで丁寧に対応させていただきます。

内容証明の発送

婚約破棄慰謝料を請求する通知書を、内容証明により、相手方へ発送します。

回答書の確認、対応への協議確認

相手方からの回答書について確認し、対応について確認させていただきます。

必要に応じて、相手側へ再通知を行ないます。

合意による示談書作成、慰謝料の受領

相手との合意ができましたら、婚約破棄に関しての示談書を作成します。また、示談の成立に伴って、慰謝料が支払われ、ご依頼者の方がすべて受領されます。

婚約破棄の解決

示談の成立、慰謝料の受領によって、婚約破棄の問題が解決します。

婚約破棄慰謝料の解決に向けて、丁寧にきめ細かく対応させていただきます。

ご連絡の方法は、お電話、メール等によってもおこなうことが可能ですので、弊所までお越しになれなくとも大丈夫です。

示談書の費用負担者は?

双方の合意による婚約解消の場合における示談書の作成費用は、一般的な契約における費用負担として、双方で折半することになります。(もちろん、どちらか一方が全ての費用を負担することでも問題ありません。)

一方、どちらかの側に婚約破棄の原因があるときには、婚約破棄の原因者側が示談書の費用を負担することが考えられます。(原因者負担と言います。)

このようなことから、あなたから相手側に対して示談書作成を依頼されることを申し出た場合でも、あなたが費用をすべて負担しなければならない訳ではありません。

一般には、示談書の作成を依頼する側が主体となって示談書の作成に携わることができるため、示談書の作成において優位に進めることができると考えられます。

身近にご利用いただけます

婚約破棄の慰謝料請求などでお困りのとき、弊所サポートがあなたのお役に立つかもしれません。家事専門の行政書士との二人三脚により、婚約破棄の問題解決に向けて大事な手続きを進めていくことができます。

突然の婚約破棄に気持ちが落ち着かないとき、第三者となる専門家のアドバイスを聞くことにより冷静な気持ちになれ、失敗しないように手続きを進めることができます。

婚約破棄の話は身近な知人であっても相談がしずらいものです。そのようなときでも、守秘義務が課せられている専門家であれば、お話ししやすいと思います。

船橋駅徒歩4分

婚約破棄専門の行政書士事務所

事務所内相談スペース

千葉県船橋市の船橋駅徒歩4分

婚約破棄慰謝料の手続きは全国対応

お住まいの近くに専門家がいない、土日にご相談されたい、平日は夜遅い時間しか対応できない、迅速な対応が必要になっている、緊密に連絡が取れる方が安心である、などのご事情のお客さまへは、どちらにお住まいであっても、対応させていただきます。

メール、電話により、婚約破棄にかかる慰謝料請求の内容証明、示談書・合意書の作成などについて、丁寧にサポートさせていただきます。

メール、電話によるサポートでも、そこに距離感を感じることはありません。

茨城県、神奈川県、栃木県、東京都、群馬県、千葉県、埼玉県、ほか各県

千葉市、さいたま市、横浜市、川崎市、相模原市、静岡市、名古屋市、京都市、神戸市、北九州市、札幌市、大阪市、福岡市、広島市、仙台市、堺市、新潟市、浜松市、岡山市、熊本市

船橋市、市川市、千葉市、浦安市、柏市、習志野市、八千代市、印西市、白井市、流山市、我孫子市、鎌ヶ谷市、銚子市、館山市、木更津市、成田市、佐倉市、東金市、松戸市、野田市、茂原市、旭市、君津市、富津市、四街道市、袖ケ浦市、勝浦市、市原市、鴨川市、いすみ市、大網白里市、八街市、南房総市、匝瑳市、富里市、香取市、山武市

婚約破棄サポートに関するお問合せ

あなたの直面されている婚約破棄の問題について、当所サポートをご利用されることで対応をすすめていきたいとお考えであるとき、ご質問などありましたら、お電話またはメールでご照会ください。

離婚公正証書の専門事務所

『お一人だけでは負担が重いときには、サポートのご利用が助けになると思います。』

〔ご注意事項〕

慰謝料請求の可否の判断、婚約破棄のすすめ方についてのご質問・相談だけのお電話は、ご遠慮いただけますようお願いします。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

行政書士事務所になります。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合は24時間受付中です。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には随時対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(西武デパート側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所が遠い」という方にも、メール・お電話により、離婚公正証書・示談書の作成について丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>