離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

全国対応、メール・電話でも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時~21時(土日9時~17時)

ご依頼には、迅速に対応します。

婚約解消の理由

婚約中のほかの異性との性的関係

婚約関係にある男女は、相手以外の異性と性的関係を持つことは問題行為となります。そのような行為があった場合、婚約を解消できる正当な理由になると考えられます。

このようなとき、婚約者が関係した相手に対しても、不法行為の成立する要件がととのえば、慰謝料請求ができる可能性があります。

婚約している相手が、自分以外の異性と性的関係のあることが分かりました。このような相手との婚約を解消したいのですが、できますか?
また、婚約者の相手に慰謝料を請求できますか?

あなたの婚約者の行為は、これから誠実に夫婦になろうとしていく信頼関係を壊すものであり、婚約解消できると考えられます。また、婚約者の相手にも慰謝料請求できる場合があります。

婚約した男女は、互いに、将来に婚姻届けをして夫婦生活を開始するために進んでいく義務を負うことになります。

婚約(この場合は内縁を除きます)は、夫婦生活の実体がない関係であるため、夫婦同様の貞操義務があるかどうかは考え方が分かれます。

ただし、婚約相手以外の異性と性的関係を持つことは、婚約関係にある男女間の信頼を壊す行為となります。

そのため、そのような行為をした相手に対して婚約破棄をすることは、正当な事由があると認められるものと考えられます。

その結果として、婚約の不履行について損害賠償請求することができます。

また、婚約破棄の原因となる行為をした婚約者の相手に対しても、故意または過失が認められる(不法行為の成立)と、慰謝料請求できると考えられます。

ただ、婚約している男女は、すでに同居している場合を除くと、外見上からは独身者と変わらず、婚約の事実を知る者の範囲も限られることになります。

そのため、慰謝料請求では、婚約している事実を知っていた相手であるか否かが問題となります。

男女の恋愛は自由ですので、婚約者の相手が婚約している事実を知らなかったときは、相手に法的責任を問うことはできなくなります。

このようなことから、夫婦における不貞行為と異なり、不法行為を確認(故意・過失のあったことの証明)する方法が難しいことも予想されます。

婚約中の守操義務

男女が婚約すると、将来に婚姻届をして夫婦として生活する義務をお互いに負うことになります。もちろん、双方の合意のもとに婚約を解消することもできます。

夫婦間には互いに相手以外の異性とは性的関係を持たない義務(法律上では、貞操義務とか守操義務と言われます。)を持つことになります。

この守操義務は、法律に明記されていませんが、不貞行為が裁判上の離婚原因になることからも、夫婦間で根幹となる義務であると考えられています。

したがって、戸籍上で夫婦の届出を行わない内縁関係においても、守操義務が夫婦間にあるとされています。

婚約中は夫婦になる前であるため、男女の一方側にほかの異性と性的関係があったことが判明したとき、守操義務違反にあたるのかが問題になることがあります。

このような場合の裁判例は少ないのですが、婚約中における守操義務を認めた裁判例もあります。

婚約中の不貞に損害賠償が認められた裁判例

平成25年の地裁判決に、婚約中における異性関係を原因として、異性関係を持った男性に対して損害賠償責任を認めたものがあります。

3年間近く交際した男女が婚約をして結婚したものの、男性に婚約中から妻以外の異性と性的関係があったことが発覚したことにより夫婦関係が破たんし、婚姻から僅か数カ月で離婚に至ったものです。

女性側は、男性の裏切り行為に対して大きな精神的ショックを受けたことにより体調を崩してしまい、医師による治療が必要な状態になってしまいました。

女性側は、男性側の異性関係が原因で損害が生じたとして、婚姻生活のために購入した家具・家電製品の売却損金額、引越し費用、結婚式費用、慰謝料、弁護士費用などを、損害賠償請求しました。

裁判所は、婚約した男女は正当な理由のない限り将来夫婦となる義務を負っているため、婚約相手以外の異性と性的関係を持たない守操義務を負っていたとしています。

そのため、男性側の行ったほかの異性との性的関係は婚約相手の信頼を裏切ったものであり、これを不法行為として女性側の損害賠償請求を認めています。

上記の請求にある家具・家電製品の売却損などを認め、総額で357万円の支払いを男性に命じています。このうち慰謝料は、200万円と高額なものとなっています。これば、婚約期間、裏切り行為の重大性、女性側が受けた精神的ダメージが医師の治療を受けるまでに多大なものであることを認めているためです。

性的関係を持った相手から婚約者への慰謝料請求

婚約していると、婚約者以外の異性と性的関係を持つことは婚約者に対する不法行為となり、婚約破棄の正当事由となり、慰謝料の支払い義務が発生します。

また、婚約者の相手が、性的関係を持った相手(つまり婚約者)が婚約していることを知らなかった場合、相手から婚約者に対して慰謝料請求ができることになります。

これは、婚約者が婚約していることを黙っていたり、さらに結婚するそぶりを見せたりして性的関係を持つことは、不法行為となるためです。

そのような行為は、だれでもが道徳的に問題がある行為と考えられますが、当事者間でトラブルとなれば、婚約者に騙されて性的関係を持ってしまったとして、慰謝料請求されることになります。

つまり、婚約者がいるのにも関わらず、そのことを隠して、婚約者以外の異性と性的関係を持つと、婚約者からだけではなく、関係を持った相手からも慰謝料請求を受けることがありうるのです。

貞操権の侵害

婚約者の異性問題

婚約破棄、離婚など家事専門
特定行政書士
日本カウンセリング学会正会員

ごあいさつ・略歴など

婚約者を知ること

婚約してから結婚するまでの期間は、それぞれの男女によっても異なります。

一年以上も先に結婚式を予定する場合もあれば、スピード結婚となることもあります。

男女の関係は、結婚を考えるときがピークがあると考えることもでき(諸説あり、一つの見方です)、早く結婚した方が良いと考えることもできます。

一方で、ある程度の婚約期間をとって、互いに夫婦としてやっていけるものか見極めることも大事であると考えられます。

どちらの方法を良しとするかは、それぞれの判断となります。

婚約者を良く知ることは、結婚生活を失敗しないために大事なことでありますが、詳しく知り過ぎると熱が冷めることもあり、難しいところであるかもしれません。

男女の関係というものは、当人間の意識のほかに、周囲等の外部要因も影響しますし、微妙なものであるからです。

婚約破棄についてサポート

婚約相手に別の異性関係のあることが発覚したとき、容易に相手を許すことが難しいことが多いかもしれません。

そのようなとき婚約破棄となれば、原因をつくった相手に対して、婚約破棄の慰謝料を請求することが考えられます。

当事務所では、婚約破棄の慰謝料請求にかかる内容証明による通知書を作成するサポートをしております。

もし、あなたが婚約破棄についてお困りであるとき、お役に立てることがありましたら、お話をお伺いさせていただきまして、サポートさせていただきます。

上記の慰謝料請求にかかる内容証明、示談書(合意書)の作成などを、あなたとご相談しながら、進めさせていただきます。

どのような項目について取り決めて示談書として整理すれば安心できるのかは、お二人の婚約破棄に至る経緯、状況によって異なります。

一つ一つの条件について確認をさせていただきながら、丁寧に、あなたに合わせた示談書案をオーダーメイドで作成させていただきます。

示談書の内容は、相手側の承諾を得なければ、最終的に確定しません。そのために、協議の状況に応じて、示談書案の修正サポートを行ないます。

当所は、示談書、相手側への内容証明による婚約破棄慰謝料の請求通知書の作成に対応いたします。

全体的にご利用いただきやすいシステムとご利用料金の設定をしています。

婚約破棄の専門家による安心できるサポートをお考えでしたらご相談ください。

婚約破棄サポートに関するお問合せ

あなたの直面されている婚約破棄の問題について、当所サポートをご利用されることで対応をすすめていきたいとお考えであるとき、ご質問などありましたら、お電話またはメールでご照会ください。

離婚公正証書の専門事務所

『お一人だけでは負担が重いときには、サポートのご利用が助けになると思います。』

〔ご注意事項〕

慰謝料請求の可否の判断、婚約破棄のすすめ方についてのご質問だけのお電話は、サポートご利用者様の支障になりますので、ご遠慮いただけますようお願いします。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚公正証書の支援、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

メールでのお問合せは24時間受付中

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合は24時間受付中です。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には随時対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(西武デパート側)

サンライズ船橋401号

1階にレストラン「Noi」が入るサンライズ船橋の401号です。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所が遠い」という方にも、メール・お電話により、離婚公正証書・示談書の作成について、丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>