離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

全国対応、メール・電話でも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時~21時(土日9時~17時)

ご依頼には、迅速に対応します。

婚約破棄したい

やっぱり結婚したくない

婚約は、男女間に将来結婚する意思の合致が確実にあることで成立します。そして婚約後には、結婚に向けて誠実にすすめていく義務を互いに負うことになります。

しかし、結婚は、その届出時における男女の合意により成立しますので、婚約後にも、結婚することを取りやめることもできます。

そのようなときには、なるべく一方的な婚約破棄とならないように、相手側に対して、婚約を解消したい理由を丁寧に説明し、理解を得る対応をすることが求められます。

1か月前に婚約したのですが、婚約後に結婚後のことを考えていると、結婚したい気持ちがなくなってきまた。婚約してからでも、結婚することを取りやめることができるのでしょうか?
それとも、婚約したら、一度は結婚しなければならないのでしょうか?

婚約後にも、婚約を解消することはあります。
ただし、婚約解消したい気持ちを相手に対して誠実に説明しなくてはなりません。
相手側が結婚に向けての準備をしていることも考えられます。そのような場合、金銭面の清算についても、話し合いで調整することが必要でしょう。

男女が婚約すると、その二人は、結婚することに向けて前へ進んでいくことになります。お互いに婚約した事実に対し、誠実に向かい合わなければなりません。

そして、結婚するときには、男女双方に、婚姻する意思のあることが必要です。そのうえで、婚姻届を市区町村役場へ提出して受理されることにより、その男女は法律上の夫婦となります。

そのため、両者又は一方に婚姻する意思がないにも関わらず、婚姻届が勝手に出されても、その婚姻は無効になります。ただし、戸籍上では夫婦となってしまいますので、家庭裁判所へ婚姻の取消を申し立てなければなりません。

男女が一度は婚約しても、その後に結婚する意思を失くしてしまえば、一方が結婚したい気持ちがあっても、無理に結婚することはできなくなります。

婚約しているのにかかわらず相手が結婚しないからといって裁判を起こしても、裁判所が結婚を強制することはできないのです。

しかし、少なくとも男女関係が婚約という段階に入っていると、一方側が勝手に結婚する約束を破棄(婚約破棄)することは、男女間で、トラブルとなります。

婚約していると、双方の両親にも婚約が伝えられていることが普通でしょうし、親戚にも婚約の事実が伝わっていることがあります。

そのため、途中で婚約を取りやめたい(婚約解消したい)ときは、相手側に対し自分の気持ちを誠実に説明し、理解してもらうように努めなくてはなりません。

最終的に結婚するかしないかは、本人同士の自由意思です。

ただ、両者の両親、親戚、職場関係などに婚約の事実が知られている場合には、相手の立場も尊重しながら、社会人として誠実な対応をしなければなりません。

婚約解消の手続きで相手側に理解を得られないと、相手側から婚約破棄による損害賠償請求が起きることにもなりかねません。できるだけ、話し合いで穏便に解決できるようにしていくことが大切です。

しかし、婚約解消が相手側や関係者に迷惑をかけるからといって、無理してまで結婚することはお勧めできません。

そのような結婚をしたところで、長く婚姻生活を続けられるはずがありません。

また、相手に結婚したくない本心を隠して夫婦生活を過ごすことは、本人だけではなく結婚相手に対しても不幸なことになってしまいます。

もし、婚約の途中から結婚したくないということになったときは、早めに婚約解消への対応を進めていくことが傷を浅く済ませられることにもなります。

無理して結婚しない選択

婚約は、婚姻の予約契約となります。誠実に婚姻を履行することが求められます。

しかし、男女の関係であれば、途中で気が変わってしまうこともあるかもしれません。

そのようなとき、結婚するか、婚約解消するか、迷うことになります。結婚してみてから考えるという選択肢もあるのですが、果たして良い選択肢となるのでしょうか?

婚約解消することも大変であることは間違いありませんが、離婚にも婚約解消以上のエネルギーを使うことになります。

結婚も離婚も、相手があることです。婚約解消は、一方的に行なうこともできますが、離婚は相手方の同意が得られなければ、裁判で判決を得られない限りできません。

お一人で悩むのではなく、婚約相手と、よく話し合うことが大切になります。

理由を丁寧に説明すること

婚約破棄のご相談をお伺いする中で多いのが、相手からの婚約破棄の理由が分からないというものです。ある日突然に婚約破棄をされることも、珍しくありません。

相手方へ婚約破棄を通告するだけでは、円満に婚約解消が図られるはずもありません。婚約破棄を言われた側は、正当事由のなき婚約破棄であるとして、慰謝料請求を起こすことになります。

短い人生の中で婚約までした男女が争うことになるのは、できれば避けたいものです。

そのためにも、婚約を解消したときには、丁寧に時間をかけて理由を説明することが大切になります。そのような誠意ある姿勢が、何よりも求められると考えます。

損害賠償責任

ただ結婚したくないとの理由から婚約を破棄したときには、婚約相手が婚約破棄により被った損害を賠償する責任を負うことになります。

損害賠償の対象は、精神的損害と財産的損害とに大きく分けることができます。

精神的損害は、将来の婚姻への期待を裏切られて精神的苦痛を受けたことへの慰謝料であり、財産的損害は、婚姻準備に支払った金銭で無駄になった損害になります。

これらの損害額をどう定めて賠償するかを、当事者間で協議することになります。

相手に原因があるとき

婚約破棄は、婚約破棄を言い出した側が必ずしも法的責任を負うものではありません。

婚約破棄による法的責任(損害賠償責任)は、婚約破棄の理由が問題になります。

何も原因がない相手側に対して一方的に婚約破棄をすれば、正当な理由のない婚約破棄として、婚約破棄を言い出した側が法的責任を負います。

一方、婚約破棄を言い出しても、その原因が相手側にあるとき(例えば、相手が暴力を振るう、異性と性的関係があるなど)は、相手側に法的責任があることになります。

婚約解消に合意ができたとき

話合いによって婚約解消に合意が見られることになったとき、将来にトラブルとならないように、当事者の合意事項については、確かな合意書にしておくことが安心です。

合意書は、当事者双方の権利義務を整理して確認する書面になります。そのことから、合意書の作成は双方にメリットがあります。

慰謝料、結納金、婚約指輪など、婚約解消においては、金銭支払いや高額な物品についての引渡しも生じます。

婚約解消の申し出を相手側にするときには、協議の結果については最終的に合意書として確認することも、あらかじめ提案しておくと相手側も安心であると思います。

合意書は、当事者で作成することもできますが、記載すべき条件の漏れなどが起きないように、専門家へ作成を依頼しておくことも安心につながります。

当事務所も、家事専門の行政書士事務所として、婚約破棄の合意書の作成実績がありますので、記載事例なども豊富にあり、安心してご依頼いただくことができます。

婚約破棄についてのご相談

婚約破棄、離婚など家事専門
特定行政書士
日本カウンセリング学会正会員


ごあいさつ・略歴など

婚約解消の理由

婚約した男女であっても、結婚に向かう途中で、お互いに気持ちが変わってしまうことがあります。

でも、そのような場合であっても、話し合いによって解決することも可能です。

まずは相手に対して誠実に気持ちを伝えて理解を得ることが大切になります。

冷静になって考えれば、結婚したくないという相手と結婚したとしても、良好な夫婦関係を築けるはずがないことは、誰にでも分かることです。

ただし、結婚は現代においても社会的な仕組みであることから、当事者だけではなく両親、親戚も関係してきます。

そのようなことから、婚約解消は容易には済まないことになると思います。しかし、そうはいっても婚約解消の手続きを進めていかなければなりません。

相手はもちろんのこと、関係者に対して丁寧に対応を進めていくことで、いずれ解決することになると考えます。

婚約解消を安心サポート

あなたが婚約を解消したいとき、婚約相手と協議をすすめて、互いに納得できる解決の条件を探しださなければなりません。

ご自分から婚約解消を申し出るからには、譲歩することも必要となります。

あなたが婚約解消についてお困りのとき、ご相談をいただきますと、婚約解消の理由、婚約までの経緯などをお伺いして、婚約解消に向けた示談書(合意書)の案文から作成をすすめてまいります。

どのような項目について取り決めて示談書として整理すれば安心できるのかは、お二人の婚約解消に至る経緯、状況によって異なります。

一つ一つの条件について確認をさせていただきながら、丁寧に、あなたに合わせた示談書案をオーダーメイドで作成させていただきます。

示談書の内容は、相手側の承諾を得なければ、最終的に確定しません。

そのために、協議の状況に応じて、示談書案の修正対応を行ないますが、修正回数にかかわらず、完成までの間は追加料金を頂戴することはありません。

当所は、示談書の作成ほか、相手側に婚約解消の原因があるときに、内容証明による通知文等の作成にも対応しております。

全体的にご利用いただきやすいシステム・ご利用料金の設定としております。

婚約破棄の専門家による安心できるサポートをお考えでしたらご相談ください。

婚約破棄サポートに関するお問合せ

あなたの直面されている婚約破棄の問題について、当所サポートをご利用されることで対応をすすめていきたいとお考えであるとき、ご質問などありましたら、お電話またはメールでご照会ください。

離婚公正証書の専門事務所

『お一人だけでは負担が重いときには、サポートのご利用が助けになると思います。』

〔ご注意事項〕

慰謝料請求の可否の判断、婚約破棄のすすめ方についてのご質問だけのお電話は、サポートご利用者様の支障になりますので、ご遠慮いただけますようお願いします。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚公正証書の支援、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

メールでのお問合せは24時間受付中

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合は24時間受付中です。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には随時対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(西武デパート側)

サンライズ船橋401号

1階にレストラン「Noi」が入るサンライズ船橋の401号です。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所が遠い」という方にも、メール・お電話により、離婚公正証書・示談書の作成について、丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>