離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書・請求書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

〔全国対応〕メール・電話だけでも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時から21時(土日9時から17時)

ご依頼に「迅速」対応します。

不倫が発覚して呼び出しを受けたとき

不倫の念書

不倫していた事実が不倫交際する相手の妻(又は夫)に発覚したときに、その妻から、不倫事実を認めて不倫関係を解消する旨を誓約する念書への署名と押印を求められることがあります。

このときに念書に記載された内容をしっかり確認しないで慌てて署名をしてしまうと、その念書がそれ以降における示談の交渉で不利となる材料になりますので、念書への署名等を求められたときは注意して対応します。

既婚者との不倫関係が発覚したときに不倫関係にあった相手の配偶者から求められる念書について説明するページになります。夫婦の間における念書(誓約書)は、別のページで説明しています。(→二度と不倫しない約束

念書に署名を求められる

不倫をしていた事実が発覚したときに、不倫交際をしていた相手の妻(又は夫)から、不倫の問題を二人で話し合いたいとの呼び出しを電話などで受けることがあります。

または、呼び出しも予告もなく、突然に自宅又は職場に訪問を受けることもあります。

そうして不倫問題の当事者同士で初めて顔合わせをしたとき、不倫の被害者となる側の妻(又は夫)から突然に念書を見せられ、その念書に署名と押印することを求められることがあります。

こうした念書に定型はなく、相手本人で作成していることが多いと言えます。

念書には、不倫をした事実を認めること、故意に不倫関係を続けたこと、不倫関係を直ちに解消すること、不倫をした責任として慰謝料を支払うことが記載されていることが多いようです。

このような念書は、通常、作成した側に有利な内容として作成されています。

もし、すべての内容を認めて念書に署名と押印をすると、その後に不倫の事実を争うことは難しくなり、念書を作成した側に有利に示談交渉がすすめられる展開になります。

予告なく自宅等を訪問されて不倫について厳しく責任を問われ、その場で念書に署名と押印することを強く求められると、気持ちが動揺してしまうこともあります。

その場から逃れたい一心から、念書に書かれた内容を十分に確認をしないまま、反論もせずに念書に署名等をしてしまうこともあります。

しかし、念書へ署名等することには、慎重に対応しなければならず、相手との話し合いによって不倫問題の解決に合意できるときに初めて書面での取り交わしをします。

示談手続きの流れ

二度と不倫をしない念書

二度と不倫しないことの約束ほかを記載した念書に、署名と押印を求められることがあります。

念書の作成者

不倫トラブルに関する念書は、その交付を求める側で事前に作成して用意してあることもあれば、求められた側で作成することもあります。

本人で念書を作成する場合は、念書に記載する言葉を慎重に選んで本人で念書を作成できますので、失敗のないように対応することも可能になります。

しかし、念書の交付を受ける側が事前に念書を作成してある場合は、作成者の側に有利な内容で念書が作成されていることが常です。(それは当然であるかもしれません)

そのようなときは、念書に署名する側の事情は一切考慮されていません。

それにもかかわらず、念書の内容を十分に確認しないままに、相手から言われた通りに念書に慌てて署名と押印をしてしまう方もあるようです。

しかも、署名した念書を相手へ渡してしまい、念書の控えを受け取ることもできず、そのときに念書でどのようなことを誓約したのかも思い出せないこともあります。

このような状況になってしまうと、それ以降における示談の交渉は、相手ペースで進展していくことになります。

その場では対応しない

突然に念書を渡されて署名を求められたときは、その場では念書への署名を保留することが対応として安全になります。

その念書をいったん家に持ち帰り、念書に記載されている内容を吟味したうえで署名をするかどうか検討します。

もし、念書への署名に問題のあるときは、ほかの対応方法を考えることが必要です。

自分に不利な内容で記載された念書でも、それに署名と押印をして認めることにより、その後は念書の内容をベースとして示談の交渉をしていくことになります。

不倫をしたことで気持ちのうえで相手に負い目がありますので、要求されたことを断りずらい状況にありますが、自分の権利は自分で守らなければなりません。

どのような状況で相手と話し合うかにもよりますが、書面による確認をするときは、冷静に判断できる状況になければ、対応を誤ってしまうことが生じます。

書面で確認したことはその後に修正することが難しくなります。

不利な材料になる恐れ

相手方の要求に応じて念書に署名して渡した後、すぐに示談が成立すればよいですが、その後に相手がどのように出てくるかは分かりません。

不倫の問題について示談を成立させておかないと、いずれ相手から不倫 慰謝料を請求する訴訟を起こされる可能性もあります。

そうしたとき、先立って相手に交付した念書は、相手方にとって有利な証拠資料として裁判所に提出されることが予想できます。

念書に本人の署名と押印があれば、念書に記載した不倫の事実などを後に否定することは容易なことではなくなります。

実際に、慰謝料請求を受けた方から、以前に念書を渡していたのに後から慰謝料請求をされたとのお話をお聞きすることもあります。

すぐに示談の成立する見込みのない段階では、示談する相手に対して一方的に念書を差し出すことは慎むことが賢明であると言えます。

「不倫の念書」のまとめ

一方側から差し出す方式による念書は、不倫の問題を解決する書面にはならず、念書に署名することに何のメリットもありません。

そして、念書を差し出す側は、その後の示談交渉を不利な形で進められることになりますので、念書に署名をすることには慎重に対応すべきです。

相手の言われるままに念書に署名をして渡しても、その後に不倫慰謝料の請求を受けることがあることを覚悟しなければなりません。

念書に署名することで不倫問題が解決すると勘違いしてしまう方が少なくないため、注意を喚起させていただきます。

念書ではなく示談書で解決します

不倫の問題が当事者の間で決着したことを確認する方法としては、当事者間で示談書を交わすことが一般に行なわれる手続きとなります。

示談書は、不倫の問題に限らず、何らかの問題が起こった後に、その問題の解決したことを法律的に確認する書面として作成されます。

不倫の問題では、不倫の事実を確認したうえで、慰謝料の支払い、不倫関係の解消など示談の条件すべてを定めて、示談書に双方で住所の記載、署名、押印をします。

示談書は、起きた不倫問題の処理に関する当事者間の契約書となります。

示談書を取り交わすことで、当事者の間で不倫問題が決着したことになります。

念書の手続を差し挟むことなく、話し合いの始めから示談の条件を調整していき、最終的に示談書を交わすことをゴールに対応をすすめることが通常の対応になります。

念書と示談書の違い

不倫の問題が起きたことで作成される念書の多くは、不倫した側から被害者となる側に差し出す方式になっています。

そのため、念書に署名する側で確認した事項だけが念書に記載されています。

この様な形式で念書を作成すると、相互に確認した契約ではなく、一方の意思確認だけしか行われません。

たとえば、念書の中に不倫に関する慰謝料についての記載がないときには、そのことで慰謝料の支払い有無について確認することができません。

仮に「慰謝料は支払いません」と念書に書いても、それに対し相手が承諾しなければ、後で慰謝料請求されることもあります。

念書の交付を受けた側が、そのことで慰謝料の請求権を放棄したことを確認するためには、その意思確認が必要になります。

しかし、一方からの念書であると、交付を受ける側の意思確認ができません。

示談書は、法律的な問題を当事者の間で解決したことを確認する書面になりますので、不倫をした側と不倫の被害者側の二者間で交わされるものです。

そのため、慰謝料請求権の放棄をするのであれば、その旨を記載することができます。

また、不倫に対する慰謝料を支払うときは、その支払条件を示談書に記載することで、双方の間における権利と義務を確定できます。

このように示談書を双方で取り交わすことによって、不倫の問題が解決することになります。

示談書で調整をすすめる

不倫をしたことで法律上の責任を求められる側は、相手と話し合うことで示談の成立に向けた条件の調整をすすめることになります。

不倫問題における示談のポイントはだいたい決まっていますので、相から了解を得たうえで、示談書を準備しておくことができます。

気の利く相手であると、示談書を用意しておくことを言われることもあります。

具体的な示談条件を双方で確認することで、示談の手続きを速やかにすすめることが可能になりますので、示談の話し合いを始める段階から示談書を用意する方もあります。

そうすると、双方で示談の条件に合意ができるときに直ぐに示談書で確認できます。

不倫の示談書を作成する方法(慰謝料の支払いなど)

慰謝料請求・示談書サポートのお問合せ

不倫問題の解決に向けて配偶者の不倫相手との示談書を作成したいとお考えになられている方に、ご不安な点についてご相談しながら、専門行政書士が丁寧に示談書を作成させていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『ご相談を踏まえながら、丁寧に示談書を作成します。』

サポートについてのご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

示談書に定める条件などのご相談は、サポートにおいて対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

公正証書・示談書などの作成を専門とする行政書士事務所です。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合せは24時間受付中。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には至急対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(船橋シャポー側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所まで遠い」という方にも、メール・お電話で離婚公正証書・示談書の作成を丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>