離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書・請求書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

全国対応、メール・電話でも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時~21時(土日9時~17時)

ご依頼には、迅速に対応します。

不倫が発覚して呼び出しを受けたとき

不倫の念書

不倫していた事実が交際相手の妻(又は夫)に発覚したとき、その妻から、不倫の事実関係を認める念書に対してサインすることを求められることがあります。このときに念書に記載された内容をしっかり確認しないで慌ててサインをしてしまうと、念書がその後における示談交渉で不利な材料になる恐れもありますので、念書へのサインを求められたときは相当に注意を要して対応をします。

突然の呼び出し、訪問など

不倫をしていた事実が発覚したときに、不倫交際をしていた相手の妻(又は夫)から、不倫の問題について話し合いたいと、呼び出しを受けることがあります。

または、呼び出しも予告もないままに、自宅、職場に訪問を受けることもあります。

そうして不倫問題の当事者が初めて顔合わせをするときに、不倫をされた被害者側の妻(又は夫)から念書を見せられて、その念書にサインを求められることがあります。

念書に定型はありませんが、主に、不倫の事実関係についての大まかな事実を認めて、故意に不倫関係を続けていたこと、直ちに不倫関係を解消すること、不倫をした責任として慰謝料を支払うことなどが記載されていることが多いようです。

そうした念書を取得した側は、念書の記載内容については争うことがありませんので、その後における示談交渉を有利にすすめることができると考えられます。

予告もなく訪問されて不倫をしたことの責任を問われ、そこで念書へのサインを求められると、気持ちが動揺してしまうこともあります。

それでも、念書へのサインについては、十分に注意をすることが必要です。

示談書の手続きのすすめ方

慎重に検討することが必要です

不倫の問題が起きたときは、当事者のどちら側も、早く問題を解決してしまいたいと考えるものです。

ただし、当事者の双方ともに、解決する前提として、裁判となることを避けて、かつ、自己になるべく有利な条件によって示談の成立することを望むものです。

このとき、念書は一方から他方に交付される書面ですので、一般には、念書を交付する側ではなく、それを受けとる側に有利となる資料になります。

念書の交付を求める側が、自らに不利となる念書を作成するはずもありません。

このため、念書の交付を求められた側は、その場で念書にサインするのではなく、考慮期間をとるなど、慎重に対応することが求められます。

念書にサインを求められる

念書は、交付を求められた本人で作成することもあります。

この場合には、本人が念書に記載する言葉を慎重に選びながら念書を作成することができますので、失敗のないように対応することも可能になります。

一方、念書の交付を受ける側が事前に念書を作成しておき、それに対してサインだけを求められることもあります。

こうしたときは、あらかじめ作成者側にとって有利な内容で念書が作成されています。反対に、念書にサインをする側の事情などは、念書には一切考慮されていません。

それにも関わらず、念書の内容を十分に理解または確認しないまま、相手の言われる通りに慌てて念書にサインをしてしまうことがあるようです。

しかも、サインをした念書を相手に渡してしまうため、控えも受け取ることができず、念書で何を約束したのかも後になって思い出せないことが起きてきます。

こうなってしまうと、その後の示談交渉は相手ペースですすめられる恐れがあります。

その場で対応しないことも

突然に念書を渡されてサインを求められたときには、その念書を持ち帰って記載されている内容を検討するぐらいの慎重な対応が必要になります。

重要な内容が記載された念書であると、それを書面で認めることによって、その後に示談交渉をしていくなかで後戻りすることができなくなります。

不倫問題の解決を確認する一般的な方法としては、双方で示談書を交わし、そのなかで互いに示談する条件を確定させます。

話し合いの途中に一方側から念書の交付をすることでは、不倫問題は決着しません。

もし示談が成立しなければ

相手方の要求に応じて念書を交付した後に、あらためて示談が成立すればよいですが、必ずしもうまく示談が成立するとは限りません。

もし、示談が成立しなかったときは、相手方から慰謝料請求の訴訟を起こされることが考えられます。

そうしたときに、相手方に交付した誓約書は、相手方によって有利な証拠資料となって裁判所に提出されることが予想できます。

念書にサインがあれば、念書に記載した不倫の事実関係などを後になってから否定することは困難となることも考えられます。

こうしたことから、示談の成立する見込みのない段階で、一方的に念書を差し出すことは慎む方が安全であると言えます。

示談書で決着させる

不倫問題がすべて決着したことを当事者の双方で確認するときには、示談書を交わすことになります。

示談書には、当事者の双方で確認した不倫問題を解決するための条件をすべて記載します。そして、双方で最終的な条件を確認したうえで、そこに署名と押印をします。

いわば不倫問題の処理に関しての契約書となります。通常は、示談書を取り交わすことによって不倫問題がすべて決着したことになります。

念書の手続きを差し挟むことなく、はじめから示談の条件を調整し、最終的に示談書を交わすことを手続のゴールとしてすすめていくことが通常のすすめ方となります。

慰謝料請求・示談書サポートのお問合せ

不倫問題の解決に向けて配偶者の不倫相手との示談書を作成したいとお考えになられている方に、ご不安な点についてご相談しながら、専門行政書士が丁寧に示談書を作成させていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『ご相談を踏まえながら、丁寧に示談書を作成します。』

サポートについてのご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

示談書に定める条件などのご相談は、サポートにおいて対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

公正証書・示談書などの作成を専門とする行政書士事務所です。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合は24時間受付中です。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には随時対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(船橋シャポー側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所が遠い」という方にも、メール・お電話により、離婚公正証書・示談書の作成について丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>