離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

全国対応、メール・電話でも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時~21時(土日9時~17時)

ご依頼には、迅速に対応します。

「独身である」「絶対に結婚する」と騙されていた

貞操権の侵害

既婚者であることを隠されて交際し、その相手と性的関係を持っていたときには、相手から貞操権を侵害されたとして、相手に不法行為が認められることがあります。

また、相手が既婚者であると知っていたとしても、離婚協議中だから離婚したら結婚すると騙されて性的関係を持っていた事情があり、相手側の違法性が著しく大きければ、不法行為が成立することがあります。貞操権の侵害があれば、慰謝料を請求できます。

貞操権侵害による慰謝料請求

貞操権侵害による慰謝料

不法行為が成立すると、貞操権を侵害した相手に対し慰謝料請求ができます

貞操権の侵害による慰謝料請求

婚姻関係や内縁関係にある夫婦、婚約の成立している男女は、法律上で保護される対象になります。不当に関係を破棄することは、法律上で責任を負うことになります。

一方、一般的な男女関係は、恋愛の自由から、関係の解消において慰謝料が発生することはありません。また、既婚者との男女関係は、公序良俗に反する関係であるため、その解消について法律上の保護を受けられません。

しかし、男女の一方がウソを言って相手を騙して性的関係を持っていたときは、その関係の解消において、貞操権侵害として慰謝料請求が認められることがあります。

貞操権の侵害にあたる可能性

交際していた相手と次のような事情があるときには、貞操権侵害として不法行為が成立する可能性があります。不法行為が成立したことが認められると、相手に対し慰謝料請求ができます。

ただし、ケース毎に事情は異なり、必ず貞操権侵害に該当するとは限りません。

  • 既婚者であることを隠していた
  • 全く結婚するつもりがないのに、結婚を約束していた
  • 既婚を知っていても、相手側の違法性が著しく大きい

貞操権の侵害による慰謝料請求

婚約している男女関係になっていながら、正当な理由もなく、一方的に婚約を破棄することは、法律上では債務不履行として問題になります。この場合、不当に婚約を破棄した側に対して、婚約破棄への損害賠償として慰謝料請求できることになります。

一方で、婚約と認められるまでの男女関係と言えなくとも、一方が他方に対して、結婚するからと言って騙して性的関係を続けていたときにも、貞操権の侵害として不法行為に当たり、損害賠償の対象になることがあります。

そもそも男女間の恋愛は、自由であり、それぞれが自己責任において付き合いをしていくことが基本です。

しかし、当初から結婚するつもりが全くないのにもかかわらず、結婚すると言って相手をだまして性的関係を持つことは、貞操権の侵害に当たる場合があります。

配偶者のある男性が、「もうすぐ妻とは離婚する予定になっているから、少し待てば結婚する」など、相手側へウソを言って、男女関係を継続させることも問題になります。

配偶者のいる異性と性的関係を持つことは不法行為となりますが、男性から言われたウソを本当であると信じるような事情がある場合は、貞操侵害にあたることがあります。

また、既に結婚しているのにもかかわらず、そのことを隠して性的関係を持った場合にも、貞操権の侵害として、慰謝料の支払い請求ができる可能性があります。

この場合、付き合う相手が既婚者であることを容易に知りうる状況にあったとなれば、反対に相手の配偶者側から、不貞行為による慰謝料の請求を受ける加害者側になってしまいます。

貞操権侵害の場合の慰謝料金額は、離婚慰謝料のように高額な金額とはなりません。

しかし、慰謝料の金額は、精神的苦痛に対して支払われるものであることから、当事者間の協議により、慰謝料の金額を自由に決めることもできます。

ただ、もともと騙していた本人が素直に自らの過ちを認めて、慰謝料を支払うことは実際には期待できないことと思われます。

そのため、相手側に対して慰謝料を請求しても、相手から誠意ある回答が得られずに、被害者である請求者側がさらに精神的に傷ついてしまうことになるかもしれません。

もし、相手に騙されていたと思うような場合であっても、それまでの経緯などを踏まえて、慎重に対応を検討することが必要になります。

参考の裁判事例:貞操権侵害(平成23年)

相手の男性に妻子があることを承知して性的関係を継続し、その男性との子を出産した女性が、相手男性に対し慰謝料請求をしました。

裁判所は、女性は、男性の妻に対しては男性とともに共同不法行為による責任を負うものであることは明らかであるとしながらも、男性が女性に対して、全くの虚偽の事実やエピソードも交えて離婚することを伝え、結婚して子供も欲しいと言っていること、避妊もしないで性交渉をして女性を妊娠させていることなどから、男性の違法性の程度が女性に比べて著しく大きいとして、女性からの慰謝料請求を認めています。

ただし、慰謝料金額は、請求金額に比べ低い金額となっています。

参考の裁判事例②(昭和59年)

男性に妻があるのを承知で性的関係を継続してきた女性が、相手男性に対して不法行為による損害賠償請求をしました。

四年間の交際期間中、女性は三回妊娠し、一回は流産し、二回は中絶しました。

裁判所は、男性が、妊娠した女性に中絶を求めることを目的として、その意思もないのにかかわらず結婚するかのような態度を示したことは不法行為にあたるとして、女性からの慰謝料請求を認めました。

女性側にも既婚者との関係を持ったこと(不倫)には不法性があるのですが、裁判所は、男性側の不法性が女性側より著しく大きいとして、損害賠償を認めました。

参考の裁判事例③(昭和59年)

男性に妻子がいるにもかかわらず、女性との関係を継続して、女性と結婚したいとの期待を持たせていました。

男性は、女性の両親とも懇意にし、女性との間には子どもが生まれました。しかし、その頃から、女性との関係を避けて、関係を絶つようになりました。

裁判所は、男性は、女性との関係が始まる頃において、妻との関係に特段の問題があった事情もないため、女性との婚約、内縁の関係は成立していないとしました。そのうえで、男性の行為は、女性の貞操を侵害したものとして、慰謝料の支払いを認めました。

参考の裁判事例④(昭和58年)※慰謝料請求が認められなかった例

女性は、相手が既婚の男性であることを承知して交際が始まり、やがて、二人は性的関係を持つことになりました。

男性は、妻とは上手くいっていないのでいずれ離婚するという話を続けて、最後には、離婚が成立したとウソを言って婚姻届の作成までしています。

この交際は10年にも及びましたが、終了を迎えることとなり、その後、女性はその男性の子を出産しました。男性は、子を認知して、養育費を負担しています。

女性は、男性に対して貞操権の侵害を理由として、損害賠償請求をしました。

裁判所は、女性の請求を認めませんでした。

その理由として、女性が男性と交際を開始したのは女性が思慮分別もある27歳のときであり、女性も男性の妻に知られないように交際していた等の事実からも、男性に騙されていたとは言えず、男女関係の継続は二人の共同責任であるとしました。

つまり、男性が女性と比べて大きな違法性があったとは認められないので、民法708条から、損害賠償請求が許されないとしました。

※参考【民法708条(不法原因給付)】不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない。

参考の裁判事例⑤(昭和44年)

男性は、妻子があり、離婚するつもりがないにも関わらず、「妻とは別れて結婚する」と女性を騙して性的関係を継続していました。

女性は、その男性の子を出産しました。しかし、出産を契機として、男性は、女性との関係を終了しました。

裁判所は、男性に不法行為の責任があること認め、貞操権の侵害として、男性に対する女性の慰謝料請求を認めました。

参考の裁判事例⑥(昭和37年)

男性に内縁の妻がいるにもかかわらず、内縁の妻とは別れて相手の女性と結婚すると、ウソを言って性的関係を続け、女性は子を出産しました。

ところが、男性は、その女性と結婚することなく、内縁の妻と結婚しました。

裁判所は、男性が、女性と結婚しないばかりか、女性が子を出産すると、女性と子の面倒を見ることもなく遺棄したことは違法であるとしました。女性から男性に対する慰謝料請求が認められました。

相手が配偶者との婚姻関係の破たんしていない既婚者であることを知りながら、その相手と性的関係をもったときは、相手の配偶者に対して、共同不法行為の責任を負うことになります。

また、相手の貞操権侵害による不法行為は、相手側に著しい違法性があったときに認められると考えられますので、必ずしも不法行為が認められるものではないことに十分に注意が必要です。

貞操権侵害の不法行為が認めらる場合でも、妊娠させるなど被害の程度が大きいとき以外には、それほど高額な慰謝料とならないことにも留意します。

上記のことも踏まえながら、相手に対する慰謝料請求を検討します。

自分を騙した相手を許せないとき

「もし既婚者であると分かっていたら、絶対に体を許さなかった。」「妻とは離婚が決まっていると言うので、安心して交際していたのに。」となれば、どうしても相手を許せないこともあります。このようなときは、経緯などから状況を十分に見極めたうえで、相手に対して貞操権の侵害による慰謝料請求も選択することができます。

慰謝料請求の方法

貞操権侵害を理由として慰謝料請求をするときには、当事者間での協議、内容証明での書面送付、弁護士による示談交渉、訴訟などの方法が考えられます。

どのような方法で慰謝料請求するかについては、ご本人が決めることになります。

ただ、貞操権の侵害による慰謝料額はそれほど高額にならないことが多いことから、訴訟以外の方法で解決する方が経済効率のうえでは良いように思われます。

相手方へ請求する慰謝料の金額を検討のうえ、上記の方法などにより請求をします。

内容証明による慰謝料請求サポート

慰謝料請求の内容証明は、ご本人自身で作成して送付することができます。

ただ、貞操権侵害による慰謝料請求は、不倫などのように一般に広く知られているものではありませんので、法律的な視点から貞操権侵害について整理したうえで内容証明を作成することが必要となります。

また、不用意な形で内容証明を送付しても、相手からの反応は期待できません。

そのため、作成者となる法律専門家の職名を内容証明に記載することで請求書面の信頼性を高め、相手方に対して貞操権侵害に基づく慰謝料請求の意思表示を明確に伝えることを目的とし、内容証明の作成と発送を弁護士、行政書士へ依頼することが行なわれています。

当事務所では、慰謝料請求にかかる内容証明の作成サポートをご用意しております。慰謝料請求の対応方法をご相談しながら、先へ進めていくことができます。

ただし、慰謝料請求する相手が既婚者であることから、対応には注意が必要です。

解決時の条件は示談書に

男女間のトラブルを原因として慰謝料の受け渡しがあるときは、慰謝料の授受について確認をしておく書面の作成も、問題の解決への手続きとして大切になります。

正当な権利に基づいて慰謝料として金銭を受領したことを、当事者の間で示談書により確認しておかないと、将来になってから万一トラブルが起きたとき、何を原因として受領した金銭であるのか説明ができなくなってしまいます。

解決した問題について将来になってからトラブルが再燃することを予防する意味でも、事実関係を記録した書面を残しておくことは大事なことです。

このようなことから、男女間のトラブルが起きたときは、その解決において支払われる慰謝料などの条件を、慰謝料 示談書として作成しておくことが行なわれています。

示談書を作成することは当事者自身でも可能になりますが、双方が安心して署名できるように、法律の専門家により作成した示談書も利用されています。

示談書では、事実の確認、賠償金の支払い、条件、誓約事項などが記載されます。この内容は、個々のケース、事情によっても異なります。

それぞれのケースに適した示談書を作成することが必要になりますので、インターネット等に掲載されている文例をそのまま使用されることにはご注意ください。

合意書・示談書の作成サポート

男女間の問題が解決した際に交わされる合意書、慰謝料 示談書を、ご依頼に基づいた内容でオーダーメイドするサポートを、当事務所ではご用意しております。

作成する書面の名目は、合意書、示談書以外にも、確認書、協議書でも構いません。何よりも大事なことは、書面とする内容、条件になります。

互いに確認しておくことは何か、どのように書面に条件を規定するか、金銭支払いがあるときには支払い条件をどのように定めるか、合意時に双方で確認しておくことに漏れはないか、このようなことをチェックします。

あなたが解決のために必要とする書面について、ご相談に応じながら、丁寧に作成をさせていただきことができます。ご心配なことがありましたら、ご相談ください。

解決金の支払い

男女間で金銭の支払いが行われる際に、解決金との名目が利用されています。

例えば、不倫関係にある男女が、その関係を解消する際に、一方から他方に対して手切れ金的な意味として支払われる金銭が解決金に該当します。

不倫関係は、法律上で保護を受けられない男女関係となりますので、一方からの関係解消について、互いに慰謝料請求をすることができません。このようなときでも、当事者間で解決金の支払いによって関係解消に合意をすることがあります。

また、上記の貞操権侵害の問題においても、貞操権の侵害が明確でなく、慰謝料請求の訴訟まですることが難しい場合でも、解決金の支払いという形で、当事者間で穏便に解決することができます。

訴訟での高額な慰謝料が期待できない分、解決金による当事者間での解決は、現実的な方法であると言えます。

貞操権侵害の慰謝料請求について

内容証明・示談書の相談

上記の説明にありますように、相手を騙して男女関係をもち、それを継続させることは、貞操権の侵害にあたることがあります。

しかし、男女関係が生じる経緯には単純なものではないこともありますので、それぞれの経緯、背景によっては、実際に貞操権侵害を判断することが難しいこともあります。

一方で、交際していた相手に騙されていたことに気付いたときは、悔しい気持ちから、そのまま関係を解消して終わりにすることに納得できないこともあります。

もし、貞操権侵害のあったことで相手に対して慰謝料請求をしたいとお考えでしたら、専門家による慰謝料請求サポートなどが役に立つこともあるかもしれません。

解決が難しいこともあります

既婚であることを隠して婚活サイトに登録をしている男性もあります。そうすると、そうした男性に出会うことで、男女関係をもつことになる女性がでてきます。

男性側が既婚であることを隠していても、交際期間が長くなると、いずれは女性側にもその男性が既婚である事実が分かることになります。

婚活サイトに登録する既婚者は、そのようなトラブルが起きるリスクを当初から分かっていることもあります。

そのような男性に対して法的責任を求めても、逃げてしまう男性も少なくありません。そのようになると、訴訟で慰謝料請求するかを検討することになります。

解決することもあります

貞操権を侵害したことについて男性に対して慰謝料請求書を送付すると、直ちに慰謝料が支払われることもあります。

真面目な男性であっても、配偶者以外の若い女性と交際したいために、女性に対して独身であるとウソをつくことはあります。

そして、真面目な性格であったり、勤務先が堅い職場であると、貞操権の侵害についてトラブルになって、そのことが家庭や職場に知られることを避けるために、直ちに慰謝料が支払われて解決することもあります。

婚約破棄等の専門

『男女夫婦間の問題について専門家のサポートをご用意してます。ご相談ください。』

男女・夫婦の契約書作成に実績多数

当ページにある貞操権の侵害は、大きな問題になって現れることはありませんが、現実には多く起こっている問題になります。

貞操権の侵害を解決するために慰謝料の請求書を作成・送付したり、解決した時の示談書を作成しています。

男女・夫婦契約専門の行政書士事務所として、訴訟によらずに穏便に解決したいとお考えの方に、合意書(慰謝料 示談書)などの作成により、問題の解決に向けて、丁寧にサポートさせていただきます。

千葉県船橋市に事務所がありますが、メール・お電話での連絡方法によるサポートも可能ですので、ご利用の希望がありましたら、ご相談ください。

婚約破棄サポートに関するお問合せ

あなたの直面されている婚約破棄の問題について、当所サポートをご利用されることで対応をすすめていきたいとお考えであるとき、ご質問などありましたら、お電話またはメールでご照会ください。

離婚公正証書の専門事務所

『お一人だけでは負担が重いときには、サポートのご利用が助けになると思います。』

〔ご注意事項〕

慰謝料請求の可否の判断、婚約破棄のすすめ方についてのご質問だけのお電話は、サポートご利用者様の支障になりますので、ご遠慮いただけますようお願いします。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

行政書士事務所になります。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合は24時間受付中です。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には随時対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(西武デパート側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所が遠い」という方にも、メール・お電話により、離婚公正証書・示談書の作成について丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>