離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書・請求書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

全国対応、メール・電話でも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時~21時(土日9時~17時)

ご依頼には、迅速に対応します。

岡山・倉敷・津山・笠岡・広島・呉・福山・尾道・三次

公証役場|岡山・広島

離婚の公正証書は公証役場で作成されます。岡山・広島の各県内には公証役場があり、必要な書類を揃えて申し込み手続きをすることにより、離婚公正証書をつくれます。

公正証書にする条件(養育費・財産分与など)の取り決め、公正証書の作成手続を安心して進めていきたいという方には専門行政書士によるサポートをご利用いただけます。

岡山県と広島県の公証役場所在地

〔岡山県の公証役場〕

岡山公証センター

岡山市北区野田屋町1-7-17千代田生命岡田ビル4階 電話086-223-9348

岡山合同公証役場

岡山市北区中山下1-2-11清寿会館ビル5階 電話086-222-7537

津山公証役場

津山市上紺屋町1モスト21ビル2階 電話0868-22-5310

倉敷公証役場

倉敷市白楽町249-5倉敷商工会館4階 電話086-422-4057

笠岡公証役場

笠岡市笠岡507-74 電話0865-62-5409

〔広島県の公証役場〕

広島合同公証役場

広島市中区中町7-41三栄ビル9階 電話082-247-7277

呉公証役場

呉市中央3-1-26第一ビル3階 電話0823-21-2938

東広島公証役場

東広島市西条西本町28-6サンスクエア東広島4階 電話082-422-3733

尾道公証役場

尾道市新浜2-5-27大宝ビル5階 電話0848-22-3712

福山公証役場

福山市若松町10-7若松ビル4階 電話084-925-1487

三次公証役場

三次市十日市南1-4-11 電話0824-62-3381

※上記の公証役場は移転することもありますので、最新の住所地は次の外部リンクからご確認ください。

岡山地方法務局の公証役場地図

離婚時に合意した事項を公正証書契約に

一般には親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料などが代表的な離婚条件となり、協議離婚では、基本的に家庭裁判所を利用しないで夫婦で条件を定めています。

家庭裁判所を利用しないときは、調書などの公的書面が自動的に作成されません。そのため、夫婦の協議で定めた条件を、自ら公正証書契約にしておく方もあります。

その理由は、慰謝料や養育費など支払う離婚契約は、公正証書にしておくことで、万一支払いが遅滞したときに強制執行の手続を迅速に行なうことが可能になるためです。

事前に契約する条件を決めておく

公証役場に離婚公正証書の作成を申し込みするときは、夫婦で確認を済ませた離婚契約として定める各条件を公証人へ伝えます。

そのため、離婚 公正証書を作成する手順としては、まずは夫婦の間で離婚の各条件について話し合って決めておくことになります。

公証役場は法務省に属する機関となりますが、家庭裁判所とは違って裁判官がいませんので、夫婦間における問題を調整する機能は備えていません。

そのため、公証役場に申し込みする際に夫婦間で意見の相違があっても、その調整をしてくれることはありません。

申し込みするまでに、離婚条件すべての調整を夫婦間で済ませておく必要があります。

合意のできないとき

公正証書による離婚契約は夫婦の合意が前提になるため、夫婦で離婚条件に合意ができないときは、公正証書を作成できません。

双方で話し合いできる状態にあっても、子どもの親権者の指定など、離婚の条件に調整がつかず、離婚の届出をすることができないことも起きます。

離婚する前であれば離婚の調停を家庭裁判所に申し立てることで調整を図ります。

離婚後であれば、必要となる取り決め事項について家庭裁判所に調停を申し立てます。

どこの公証役場も利用できます

協議離婚で公正証書を作成したいときには、どこの公証役場でも利用できます。

岡山・広島県の方でも、契約する一方側が大阪に居るときは大阪の公証役場を利用する方が便利であることもあります。

離婚の公正証書の作成では、どこでも都合の良い公証役場を選ぶことができます。

なお、それぞれの公証役場は独立して事務を行なっていますので、申し込み後に公証役場を変更することは認められません。

申し込みした公証役場で、公正証書の完成までの手続きをすべて行ないます。

なお、公証役場への提出書類を事前に確認するときに各公証役場で取り扱いが異なることもありますので、公正証書作成を申し込む公証役場へ確認します。

兵庫の公証役場(神戸・尼崎・伊丹・明石・姫路・加古川・洲本・豊岡・龍野)

情報通知書の準備

夫婦の一方又は双方が会社員又は公務員であって、婚姻期間に厚生年金(旧共済年金も含みます)に加入していたときは、年金分割の有無をチェックします。

離婚時における年金分割は「合意分割」と「3号分割」があります。

離婚条件として合意分割を定めるときは、公正証書契約の際に分割の合意書を作成しておくと、離婚してから一方側だけでも分割請求の手続ができます。

公証役場で年金分割の合意契約の手続をするためには、年金事務所などで発行される「年金分割のための情報通知書」が、原則として必要になります。

この情報通知書を取得するためには、年金事務所の事務上の手続きから一定期間を要しますので、あらかじめ早いうちに準備を進めておくと助かります。

岡山・広島県にある年金事務所は次のとおりです。※変更されていることもあります。

〔岡山県〕

  • 岡山西 岡山県岡山市北区昭和町12-7 086-214-2163
  • 岡山東 岡山県岡山市中区国富228 086-270-7925
  • 倉敷東 岡山県倉敷市老松町3-14-22 086-423-6150
  • 倉敷西 岡山県倉敷市玉島1952-1 086-523-6395
  • 高梁 岡山県高梁市旭町1393-5 0866-21-0570
  • 津山 岡山県津山市田町112-5 0868-31-2360

〔広島県〕

  • 広島西 広島県広島市西区商工センター2-6-1NTTコムウェア広島ビル1階 082-535-1505
  • 広島東 広島県広島市中区基町1-27 082-228-3131
  • 広島南 広島県広島市南区皆実町1-4-35 082-253-7710
  • 呉 広島県呉市宝町2-11 0823-22-1691
  • 東広島 広島県東広島市西条栄町10-27 栄町ビル1階 082-493-6301
  • 福山 広島県福山市旭町1-6 084-924-2181
  • 備後府中 広島県府中市府中町736-2 0847-41-7421
  • 三原 広島県三原市円一町2-4-2 0848-63-4111
  • 三次 広島県三次市十日市東3-16-8 0824-62-3107

事前の準備をする

公正証書離婚は、協議離婚の条件を契約書に作成する一つの方法になります。

公正証書でお金を支払う契約をすると、お金の不払い・滞納が起きたとき、裁判をせずに支払い義務者側の財産を差し押さえる(強制執行)ことも可能になります。

このような特別な機能を備える公正証書を利用して契約することは、離婚給付を受ける側としては離婚後の生活に安心感を得られます。

ただし、公正証書を利用する前提として、養育費や慰謝料などの金銭の支払い条件を、双方で契約として明確に定めておかなければなりません。

公正証書による契約方法だけに安全性を求めることでは、対応に誤りも生じます。

公正証書の作成は、離婚に関する夫婦合意の最終的な仕上げをする工程となり、その前段の工程として何をどう契約に定めるかということが最も大切なことになります。

つまり、安心できる離婚の公正証書を作成するためには、公証役場に申し込みするまでに契約条件に関する夫婦間の取決めについて事前にしっかり準備することが重要です。

分からないことは確認しておく

作成済の公正証書の内容について分からないことがあるので質問をしたい、とのお問い合わせ電話を受けることがあります。

このようなことがあるのは、自らの離婚契約の条件を十分に理解しないで公正証書を作成していることが原因にあると思われます。

恐らく、どちらかのひな型を利用して公正証書を作成し、作成時には契約の細かい点まで考えていなかったり、代理人による作成で認識不足があったものと思われます。

慎重な方からすればウソのような話に思われるかも知れませんが、事実なのです。

公正証書の記載は、一般の方には慣れないものになりますが、公証役場で作成するものであれば大丈夫であろうと考えてしまっていることもあるかもしれません。

しかし、契約した責任は公証役場ではなく契約者自身にあることを意識し、契約書について分からない点があれば契約前に聞いて確認しておかなければなりません。

まずは契約する条件となる養育費、財産分与などの法律上の仕組みの基本的なことを調べて理解しておくことが必要です。

安心して公正証書を作成するサポート

公証役場に申し込みをする前に離婚契約の条件を夫婦で確認しておくことは、公正証書の作成手順において最も大切な過程になります。

夫婦で離婚条件を確認していくときに、あらかじめ公正証書契約書の形にしておくと、全体を一覧できることになり、契約の各ポイントも具体に確認できます。

このようなことから、大事な公正証書を作成するときは、事前に契約書として作成しておき、そのチェックを十分に重ねて手続きをすすめていく方もあります。

離婚条件の仕組み、考え方、定め方について間違いのないように、そして定める条件に漏れがないように、離婚契約に詳しい専門家に相談をしながら夫婦の話し合いをすすめていきたいと考える方もあります。

当所では、公正証書契約案を作成して、さらにご要望に応じて公証役場へ申込み手続きまで行なうサポートをご用意しています。

各プランの概要|離婚公正証書の作成サポート

離婚公正証書を作成するサポートには、次の2つの特長があります。

  1. 公正証書契約案の作成・準備段階での「離婚相談の充実」
  2. 作成・準備段階での「細かい修正対応」

一つ目は、協議離婚の専門事務所として、離婚公正証書を作成していく前提となる離婚についての条件面の整理方法について、必要に応じて詳しく説明いたします。

二つ目は、ご依頼者様のご要望をお伺いしたうえで、ご希望どおりの公正証書契約案の作成に向けて、契約期間中、何回も修正を重ねて仕上げてまいります。

あなたの協議離婚の各条件についてのご相談から始まり、公正証書の原案作成、途中の修正作業、原案の完成、公証役場への申し込み、調整までを丁寧にサポートします。

このことで、公正証書にして契約する内容を十分に理解し、あとで後悔しない離婚契約の手続きを進めていくことができます。

【サポートにお申込みいただける方(共通)

  • ご本人で配偶者と協議できる方(当方での代理交渉はできかねます))
  • 電話、メール、郵便によって、当方と確実に連絡がとれる方
  • お申し込み後速やかにご利用料金をお支払いできる方

【サポート内容(原案だけ作成プラン)】

「自分で公証役場に行くことはできるけど、公正証書にする契約内容を安心できる確かなかたちとしたい」とのニーズにお応えするプランになります。

公正証書とする契約原案を、ご利用者様の希望を反映するように作成いたします。

夫婦間で契約条件の確認をすすめていく過程において、契約案を何回でも修正することができます。この手続きを経ることにより、お二人の契約条件に対しての認識が一致することになり、離婚した後の履行にも安心感が持てます。

  • 公正証書の契約原案を作成します(相談・提案・修正・調整・完成)
  • 契約期間中(2か月間)であれば、何回でも案文を修正できます。
  • 原案は公証役場に申し込むときの契約案となります。公証役場で公正証書に作成する過程で記載方法が変更されることもあります。
  • 公証役場に申し込みした後も、公正証書の完成するまでサポートします。

【サポート内容(フルサポートプラン4か月)】

公正証書の作成準備から、公証役場への申し込み、調整までをサポートさせていただくプランとなります。

特別な契約条件を公正証書に記載するときには、公証人との調整が発生することもありますので、当プランをご利用いただきますと公正証書の完成する最後まで安心です。

  • 公正証書の契約原案を作成します(相談・提案・修正・調整・完成)
  • 契約期間中(4か月間)、何回でも案文を修正できます。
  • 公証役場への公正証書作成の申し込み、調整手続き
  • ご利用者様は、公正証書の完成時に一度だけ、お二人で公証役場に出向いて、署名と押印をしていただきます。
  • 代理取得が可能な資料(戸籍謄本、登記事項証明書など)の収集
岡山・広島県からもメール・電話でご利用できます

当事務所は千葉県船橋市に事務所がありますが、全国各地より離婚公正証書の作成サポートのご依頼をいただいています。

行政書士事務所は全国各地に数多くありますが、離婚契約を取り扱う事務所は少なく、さらに離婚契約を専門的に取り扱う事務所は珍しいようです。

ご利用者の方は、ご相談をしながら契約についての条件を考えて決めていきたいとのご希望があるため、離婚契約に多数の実績がある当事務所をお選びいただいています。

お電話またはメールだけによる連絡でも、公正証書の完成まで何も支障なく進めていくことができます。岡山または広島からも、安心してご利用いただくことができます。

離婚契約の専門行政書士

協議離婚・不倫問題等の専門
特定行政書士
日本カウンセリング学会正会員

ごあいさつ・略歴など

離婚公正証書の作成に多数の実績

個人の方にとって公正証書は日常生活で利用されるものではなく、特別なときにだけ利用されます。

そのため、普通の方であると、公正証書の仕組み、利用の方法を十分にご存じであることは滅多にありません。

これから協議離婚の手続きをすすめていくなかで、公正証書を作成するには、途中で面倒なこともあるかも知れません。

公正証書を有効に作成するためには、ある程度の法律に関する知識が必要になります。

当事務所は、協議離婚の契約などを公正証書に作成する手続を数多く手掛けてきています。

公正証書のことを確認または相談しながら離婚の公正証書を作成したいときは、専門家のサポートをご利用になることも方法の一つであると思います。

また、当所では協議離婚契約のほかに、不倫問題の対応もサポートさせていただいています。

内容証明による慰謝料請求書の作成、慰謝料 示談書の作成にも対応します。

もし、専門家によるサポートのご利用をお考えでしたら、お気軽にお問合せください。

離婚公正証書サポートに関するお問合せ

あなたの大切な離婚公正証書の作成について、養育費などの各条件の定め方、ご不明なことのご質問などにお答えしながら、専門行政書士が完成まで丁寧にサポートさせていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『お一人だけでは負担が重いときには、サポートのご利用が助けになると思います。』

各サポートについてご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

離婚条件、金額等の具体的な定め方のご相談は、各サポートで対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚の公正証書、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成支援

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

公正証書・示談書などの作成を専門とする行政書士事務所です。

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合は24時間受付中です。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には随時対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(船橋シャポー側)

サンライズ船橋401号

大通りの側道沿いにある「サンライズ船橋」の401号になります。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所が遠い」という方にも、メール・お電話により、離婚公正証書・示談書の作成について丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>