離婚公正証書、不倫・婚約破棄の慰謝料示談書を作成したい方に、専門行政書士によるサポートをご案内します

専門行政書士による離婚公正証書の作成支援、示談書・内容証明の作成

離婚公正証書の作成準備を始める

全国対応、メール・電話でも、安心サポートをご利用いただけます

離婚専門の船橋つかだ行政書士事務所

047-407-0991

営業時間

9時~21時(土日9時~17時)

ご依頼には、迅速に対応します。

神戸・伊丹・姫路・尼崎・明石・加古川・洲本・たつの・豊岡

兵庫の公証役場

協議離婚において夫婦で定める養育費など離婚条件を公正証書契約にしておくことで、離婚してからの生活を経済面で安定させてスタートさせることができます。

離婚の公正証書は、兵庫県にある10箇所の公証役場で作成できます。

公証役場の所在地(神戸・尼崎・伊丹・姫路ほか)

神戸公証センター(こうべこうしょうせんたー)

神戸市中央区明石町44神戸御幸ビル5階 電話078-391-1180

阪神公証センター(はんしんこうしょうせんたー)

尼崎市南塚口町2丁目1番2塚口さんさんタウン2番館2階

電話06-4961-6671

伊丹公証人役場(いたみこうしょうにんやくば)

伊丹市伊丹1-6-2丹兵ビル2階 電話072-772-4646

明石公証人役場(あかしこうしょうにんやくば)

明石市本町1-1-32明石商工会館ビル3階 電話078-912-1499

姫路東公証人役場(ひめじひがしこうしょうにんやくば)

姫路市北条宮の町385永井ビル3階 電話079-223-0526

姫路西公証人役場(ひめじにしこうしょうにんやくば)

姫路市北条口2-18宮本ビル 電話079-222-1054

加古川公証人役場(かこがわこうしょうにんやくば)

加古川市加古川町北在家2006永田ビル2階 電話0794-21-5282

洲本公証人役場(すもとこうしょうにんやくば)

洲本市本町2-3-13富本ビル3階 電話0799-24-3454

豊岡公証人役場(とよおかこうしょうにんやくば)

豊岡市寿町2-20寿センタービル203 電話0796-22-0796

龍野公証人役場(たつのこうしょうにんやくば)

たつの市龍野町富永300-13中岡ビル2階 電話0791-62-1393

公証役場は選べます

公証役場は法務局に属する役所になりますので、市区町村とは関係がありません。

そのため、協議離婚のときに夫婦で決めた離婚条件を公正証書契約として作成したいときには、どちらの公証役場でも利用することができます。

兵庫県内の公証役場はもちろんのこと、大阪や東京の公証役場を利用して離婚の公正証書を作成することもできます。

岡山・広島県の公証役場(岡山・津山・倉敷・笠岡・広島・呉・尾道・福山・三次)

公証役場への申込み

公正証書で離婚契約をしたいときには、その作成を公証役場に申し込みます。

申し込みをした当日に公正証書が作成されることは絶対にないと言えませんが、公証役場の一般的な手続では、申し込み後において公証役場の準備期間が必要になります。

公証役場での申込み手続では、公正証書契約にする離婚の条件を公証役場に伝えるほかに、戸籍謄本など契約内容を確認するための書類を提出することになります。

公証役場の具体的な申込み手続きにつきましては、公証役場ごとに違うことがありますので、実際に公正証書の作成申し込みをする公証役場に確認することになります。

申込みは一方側だけでもOK

公証役場に公正証書の作成を申込むときは、夫婦のどちらか一方だけでも大丈夫です。

ただ、公証お役場に申込みするときには、公正証書に定める離婚契約の条件(養育費、財産分与、慰謝料など)について夫婦の間で合意できていることが前提になります。

公証役場には家庭裁判所のように夫婦の間を調整する機能がありませんので、夫婦で合意している離婚条件を公正証書にすることになります。

そのため、離婚の条件が夫婦の間で十分に固まっていないときには、公証役場に申し込みをする前に夫婦の間で調整を済ませておかなければなりません。

公正証書の作成日は夫婦が出向きます

公証役場で公正証書の準備が出来上がりますと、あとは予約をした日に契約当事者となる夫婦が公証役場に出向いて、公正証書に署名押印して完成をさせることになります。

このとき代理人を指定して公正証書契約をする方法もありますが、原則としては本人が公証役場に出向いて公正証書を作成します。

やむを得ない事情があって代理人で離婚契約をしなければならないときには、事前に公証人の承諾を得てから代理人を指定することになります。

代理人を指定して結婚式をしないことが普通であるように、公証役場での離婚契約ではできるだけ本人が出向くことが大切なことになります。

専門行政書士による安心サポートも

大事な養育費などの離婚条件についての取り決めを、安心できる公正証書にしておきたいとお考えになられている方に、離婚専門の行政書士による離婚公正証書のサポートをご用意しています。

兵庫県内のどちらからでもメール・電話での連絡によって、いつでも相談をしながら、あなたの大切な離婚公正証書を完成に向けて進めていくことができます。

公正証書とする離婚の各条件(養育費、面会交流、財産分与、慰謝料など)の決め方などをご相談いただきながら、当所で契約案文の作成をいたします。

それをご夫婦の間で確認、調整いただきながら、当所で契約案を修正しながら、最終的に仕上げていくことになります。

そのような過程を経て、夫婦間で合意のできた契約案が完成すれば、その後の公証役場への申込み手続はたいへんスムーズに進みます。

また、公証役場への申込みを当所で代行することもできます。なお、この場合にも、最後に一度だけ、ご夫婦に公証役場で契約手続をしていただくことになります。

サポートの詳しくは、下記のバナーからご覧ください。

行政書士事務所

メールによるサポートでも、事務所でのお打合せと変わらない対応になります。

離婚契約の専門事務所

離婚契約は権利義務に関する書類作成業務となることから、弁護士のほか、行政書士も取り扱うことができます。

行政書士事務所のほとんどは会社関係の業務を中心業務としており、離婚契約を専門に扱っている事務所はあまりありません。

当行政書士事務所は離婚契約をメイン業務とし、これまでに数多くの離婚公正証書の作成に携わってきており、ノウハウを集積してきています。

そのため、当所の離婚公正証書サポートは、全国各地からご利用をいただいております。

お近くに事務所がなくても、メール又は電話による連絡により公正証書の作成手続きをすすめていくことができます。

あなたも安心してサポートをご利用をいただくことができます。

離婚公正証書サポートに関するお問合せ

あなたの大切な離婚公正証書の作成について、養育費などの各条件の定め方、ご不明なことのご質問などにお答えしながら、専門行政書士が完成まで丁寧にサポートさせていただきます。

離婚公正証書の専門事務所

『お一人だけでは負担が重いときには、サポートのご利用が助けになると思います。』

各サポートについてご質問などがありましたら、お気軽にメール・お電話ください。

離婚条件、金額等の具体的な定め方のご相談は、各サポートで対応させていただいてます。

047-407-0991

受付時間:9時~21時(土日:9時~17時)

離婚公正証書の支援、不倫・婚約破棄慰謝料の示談書作成

『サポートについてご質問がありましたら、お電話、メールください。』

離婚公正証書の専門行政書士

代表者:塚田章(特定行政書士)
日本行政書士会連合会所属
日本カウンセリング学会正会員
JADP認定上級心理カウンセラー

047-407-0991

〔受付時間〕平日9時~21時、土日9時~17時

メールでのお問合せは24時間受付中

お問合せは、こちらまで

047-407-0991

営業時間

平日9時~21時(土日9時~17時)

メールのお問合は24時間受付中です。

休業日

祝日(不定休)、年末年始

お急ぎのご依頼には随時対応します。

事務所の所在地

千葉県船橋市本町1丁目26-14
サンライズ船橋401号

船橋駅徒歩4分(西武デパート側)

サンライズ船橋401号

1階にレストラン「Noi」が入るサンライズ船橋の401号です。

メール・電話でも大丈夫です

千葉県船橋駅徒歩4分

「忙しい」「事務所が遠い」という方にも、メール・お電話により、離婚公正証書・示談書の作成について、丁寧にサポートさせていただきます。

どちらからもご利用できます

離婚公正証書・示談書のサポートは、どちらからでも、ご利用になれます。
千葉県(千葉市、船橋市、市川市、浦安市、八千代市、習志野市、柏市、松戸市、流山市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市、市原市、四街道市ほか)
埼玉県(さいたま市、川口市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、八潮市、春日部市、川越市、熊谷市ほか)
神奈川県(横浜市、相模原市、川崎市、横須賀市、平塚市、藤沢市ほか)
東京都(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区、台東区、文京区ほか)
<全国に対応します。>